犬鳴山七宝龍寺(大阪府泉佐野市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は泉佐野市の山中にある犬鳴山を巡ります。このお寺は葛城山にも近く(電車だと行きづらいけど、山なりだと近い)、修験道の根本霊場です。ここも秀吉に焼かれて衰退しましたが、今でもなかなか人が来てるようです。

DSC00374 - コピー 
前回の火走神社から一キロほど歩きました。普通はそのままバスで行くと思います。なお、近辺には温泉旅館がけっこうあって、行楽地。

DSC00378 - コピー 川を渡った先が入口。

DSC00380 - コピー 
DSC00391 - コピー 

DSC00386 - コピー 
DSC00392 - コピー 
DSC00397 - コピー 
DSC00404 - コピー 
 
DSC00405 - コピー 

DSC00402 - コピー 
DSC00416 - コピー 

DSC00430 - コピー
伽藍のあたりまで来ました。いわゆる古いお堂とかはないです。廃仏毀釈の時に修験道はダメージ受けたので、そのせいもあるのか。
ただし、今でもガチで修行してる系の修験寺院です。

DSC00432 - コピー 
DSC00437 - コピー 
DSC00438 - コピー 一番奥にある滝。

DSC00442 - コピー 
DSC00443 - コピー 
こんな感じの犬鳴山でした。
次回からしばらく讃岐、香川県巡りをします。うどんもけっこう食べました!

行き方
南海泉佐野駅あるいはJR日根野駅からバス、犬鳴山行きに乗って終点下車。運賃は泉佐野駅始発だと480円。
ただし、一番奥の滝まで道を散策するのがメインなので結果的に往復するとなんだかんだで三キロぐらい歩いたことになる。
境内自由、ただし一番奥の滝の近くに行くには50円以上の賽銭を入れることが必要。

スポンサーサイト

波太神社・加茂神社・船守神社・火走神社(大阪府阪南市・泉南郡岬町・泉佐野市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回も大阪府南部の神社を順番に見ていきます。

DSC00310 - コピー 
まず、南海の尾崎駅からバスに乗って波太神社へ。鳥取部(ととりべ)氏の氏神だったような性格の神社で、そのまま当地の地方豪族にも信仰されてました。このあたりが鳥取県の地名の由緒地。もともとこのへんの地名というか、そういう人らがいて地名になりました。
拝殿は派手ですが、これは昭和初期のもの。
ここも秀吉に焼かれました。

DSC00311 - コピー 
角度を変えて撮影。

DSC00313 - コピー 
この拝殿奥に本殿があります。1638年の再建で、重要文化財。拝殿が壁になっているので、正面から撮影するのは難しいです。

DSC00316 - コピー 
隣にある末社の三神社本殿も同時期のもので重要文化財。

DSC00321 - コピー 
バスの時間が合わなかったので、尾崎駅まで道を下っていきました。20分ほどで到着。距離だと2キロほどあるけど、割と早く着く。

DSC00323 - コピー 
続いて、箱作(はこつくり)駅へ移動。

DSC00326 - コピー 
ここから500メートルほどいったところに加茂神社があります。上賀茂神社から分霊したもの。

DSC00332 - コピー 
本殿はこれまたよく見えないんですが、府指定文化財。年代は本にもネットにも書いてないので、ようわからんのかもしれません。

DSC00334 - コピー 
次の駅を目指す。細かく運賃かかって、けっこう痛いがしょうがない。

DSC00335 - コピー 
真田丸押し。

DSC00337 - コピー 
メガネでコラボするのって効果あるんやろか。真田丸好きだからメガネ買おうってなるかな……。

DSC00338 - コピー 
淡輪駅に到着。独特の形状してます。

DSC00340 - コピー 
船守神社に行く途中、この地の豪族、淡輪氏の邸宅跡があります。

DSC00343 - コピー 
そのまま10分ほど歩いていくと、船守神社に到着。府の天然記念物の巨大クス。

DSC00344 - コピー 
まさかと思ったが、またもや本殿が見えないパターンの拝殿。雨も降ってきていて、ちょっと絶望した。

DSC00345 - コピー 
こちらが本殿。豊臣秀頼の命で片桐且元が造営したと言われていて(そういう神社は極めてこのへんに多いので事実でもおかしくないです)、重要文化財。

DSC00350 - コピー 
駅前の異常に細い道。見つけた時、やけにテンションあがった。

DSC00357 - コピー 
ぶっちゃけ、これで本日の日程はすべて消化してしまったのですが、思ったより時間が余ったので、泉佐野に来ました。

DSC00359 - コピー 
ここから犬鳴山(いぬなきさん)行きのバスに乗りこみます。終点近くの中大木で下車。ここまで乗ってる客はいなかった……。

DSC00363 - コピー 
バス停近くに火走(ひばしり)神社があります。

DSC00364 - コピー 
入口が派手な割に拝殿は質素に見えます。

DSC00366 - コピー 
本殿は1622年のもので市の文化財。

DSC00370 - コピー 
その右側にある摂社の幸(みゆき)神社本殿は室町時代後期のもので重要文化財。

DSC00371 - コピー 
中央が神社の出入口になってる長床の施設もいい味出してます。
こんな感じの神社巡りでした。次回、ここからそのまま犬鳴山方面に歩いて景勝地犬鳴山に行きます。
今回、ちょっと地味な場所が多いかなとがっかりしてたんですが、この火走神社と犬鳴山がよかったので、助かりました。

行き方
波太神社
南海尾崎駅からバス(途中、JRの和泉鳥取駅付近も通る)、神社の前にバス停がある。運賃230円。尾崎駅から徒歩20分ぐらいなので、バスの時間が合わないなら徒歩で帰ってもいい。JRの和泉鳥取駅からも徒歩で同じ程度の距離。
加茂神社
南海箱作駅から徒歩7分ほど。ただし、本殿はよく見えない。
船守神社
南海淡輪駅から徒歩10分ほど。本殿は見えづらい。
火走神社
南海泉佐野駅かJR日根野駅からバス(途中、日根野駅を通る)運賃470円。運転本数は一時間に一本程度。この神社から犬鳴山まで一キロぐらいなので両方巡ることができる。

感田神社・願泉寺・奈加美神社・嘉祥神社(大阪府貝塚市・泉佐野市・泉南郡田尻町)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は大坂府南部の史跡を巡っていきます。このあたり、それなりに古い神社が多いです。

DSC00232 - コピー 
まず、なんば駅から南海で南下。

DSC00236 - コピー 
貝塚駅で下車。
貝塚は浄土真宗の寺内町として発展した都市です。そのため、まだ大寺院などが残ってます。

DSC00238 - コピー 
まずは感田神社へ。関西の神社だと無茶苦茶古くからあるような気がしてきますが、むしろ寺内町としての性格ができてから作られた神社。本格的に神社として整ったのは江戸時代からです。
多くの建物が登録有形文化財。南門は明治のもので登録有形文化財。以下、メインの社殿以外は原則文化財指定されてます。

DSC00241 - コピー 
こちらが社殿。こちらは新しい。

DSC00248 - コピー 
神社裏手の濠も古い。

DSC00250 - コピー 
摂社の琴平神社は1773年のもの。

DSC00252 - コピー 
摂社の三之社(神明神社)、四之社(住吉神社)、五の社(春日神社)は幕末万延元年(1860)のもの。

DSC00256 - コピー 
土塀は江戸時代後期のもの。

DSC00257 - コピー 
神門は1780年のもの。

DSC00259 - コピー 
寺内町エリアへ。

DSC00262 - コピー 
願泉寺は貝塚御坊とも呼ばれるメインの寺院。16世紀なかばに浄土真宗の街づくりがはじまり、織田信長とも戦いましたが、1577年に焼きつくされました。そのあと、復興して江戸時代には寺内町として発展しました。
表門は1577年のもので重要文化財。」

DSC00263 - コピー 
本堂は1663年のもので重要文化財。

DSC00265 - コピー 
角度変えて撮影。

DSC00266 - コピー 
太鼓堂は1719年のもので重要文化財。

DSC00270 - コピー 
銅鐘は府の文化財。1224年のもの。大和国の寺が持ってたものを15世紀にこのへんにある水間寺(みずまでら)が購入。ただ、秀吉に負けた水間寺が零落したか何かで、こっちの寺に買われました。

DSC00271 - コピー 
鐘楼も重要文化財。
ここは駅前に寺社があるので行きやすくて助かります。今日はこれから相当歩くので。

DSC00281 - コピー 
さて、続いて井原里(いはらのさと)駅で下車。てくてく歩いていくと、奈加美神社に到着。本殿は府の文化財です。覆われていて、ほぼ見えないんですけどね。

DSC00284 - コピー 
本殿は1610年のもので府文化財。今はすっぽり覆われているので正面の拝殿からしか見れません。ここも信長が攻めてきた時に焼かれて、そのあとに復興しました。

DSC00285 - コピー 
井原里に戻ってきました。小さな駅です。これから先、なぜか史跡のある最寄駅が普通しか止まらない駅であることがかなり多かった。

DSC00291 - コピー 
続いて、吉見ノ里駅に。やっぱり小さい駅。

DSC00292 - コピー 
1キロほど歩いて嘉祥(かしょう)神社へ。変な名前ですけど、こういう名前の寺があったせいです。今も隣に真光寺という寺がありますが、これが嘉祥寺という名前だったらしいです。

DSC00294 - コピー 
本殿は桃山時代のもので府の文化財。

DSC00295 - コピー 
鳥居が二つ並んでる、割と独特の構造。

DSC00297 - コピー 
JAで燈籠まで作るのか。

DSC00300 - コピー 
駅前の春日神社はかつて境内地に吉見藩という小さな藩の陣屋が置かれていました。ただし、できたのは1870年。そう、翌年、廃藩置県で消滅しました。

次回はもっと大阪の南に進みます。かなり和歌山県に近づく。

行き方
感田神社・願泉寺
貝塚駅から徒歩5分
奈加美神社
井原里駅から徒歩15分。
嘉祥神社
吉見ノ里駅から徒歩15分。春日神社は徒歩5分。

御霊神社<燈明寺跡地>(京都府木津川市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は前回の続きで一つ京都府側にあった御霊神社を紹介します。分量がどうしても短くなってしまうので、いつもより次の更新頻度を短めにします。

DSC00210 - コピー 
まずディーゼルカー部分の終点である加茂駅からスタート。ここから運転本数も増えて電化されるので、駅も大きくなります。

DSC00211 - コピー 
鳥居は手前にあるが、ここから少し歩いていく。このあたりは新興住宅地化しているので、この鳥居がないとどこに神社あるかわかりづらい。

DSC00212 - コピー 
昔の集落の雰囲気が残ってる奥まったところに御霊神社があります。この地には神社とともに燈明寺という寺がありました。このお寺の本堂と三重塔は室町時代のものがぼろぼろで残ってましたが、横浜の三溪園に移築されてます。

DSC00215 - コピー 
こちらが御霊神社本殿。室町時代のもので重要文化財。

DSC00221 - コピー 
接近して撮影。

DSC00222 - コピー 
ここにもともと本堂がありました。今は神奈川県。

DSC00227 - コピー 
1688年に作られた梵鐘。その他、寺の遺品が収蔵庫などに多分入ってるはず。

DSC00229 - コピー 
こちらは鎌倉時代末期の石造十三重石塔。近江系の紋様がついていて、南山城では珍しいそうです。

DSC00231 - コピー 
もう一枚本殿を撮影。
今回は短かったので、次回は二日後ぐらいを目安に更新します。大阪府南部、貝塚市近辺等の史跡を巡ります。

行き方
関西線加茂駅から徒歩10分ほど。

敢国神社・観菩提寺(三重県伊賀市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

小説家になろうさんにて連載中の『チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。』の書籍化が決まりました! 11月にGAノベルさんにて発売します!

UP用 

今回は関西本線沿線の史跡を見ていきます。

DSC00152 - コピー 
まず、佐那具駅で下車。

DSC00153 - コピー 
ここから片道2キロ強ぐらいでしょうか、ひたすら歩きます。

DSC00158 - コピー 
かなり疲弊してきた頃にやっと到着。伊賀国一宮である敢国(あえくに)神社に到着。行ったことない一宮はとりあえず行きたい。ただ、もうちょっと到達しやすいところにあってほしかった。

DSC00162 - コピー 
こちらが社殿。建物としては古いものはあまり残ってないようです。

DSC00168 - コピー 
伊賀だけに忍者押し。このあと、駅を目指して帰路を小走りで進みました。一時間に一本の便数なので、逃したくない。駅前に多分何もないし。

DSC00173 - コピー 
続いて島ヶ原駅で下車。ここは観光案内所っぽい店があるぐらいなんで、ちょっとにぎわってます。たしかに徒歩圏内にいろいろある。

DSC00176 - コピー 
島ヶ原の集落に行くには小さな丘みたいなのを越えていかないといけませんが、越えるといろいろある。こちら薬師堂には磨崖仏があります。

DSC00180 - コピー 
こちらが磨崖仏。阿弥陀三尊像。

DSC00183 - コピー 
その近所に六地蔵磨崖仏も。

DSC00184 - コピー 
アップにしてみました。

DSC00187 - コピー 
このまま進んでいくと西念寺に着きます。

DSC00189 - コピー 
こちらが本堂。

DSC00191 - コピー 
阿弥陀石仏は1564年の銘あり。

DSC00194 - コピー 
さらに進んでいくと、観菩提寺に到着。地元では正月堂の名前のほうがメジャーで案内看板もこっちの名が使われていたりします。
正月堂というのは東大寺の修正会の儀式を行う場だからです。

DSC00196 - コピー 
楼門を横から。

DSC00197 - コピー 
こちらがその正月堂と呼ばれる本堂。多分、室町時代のもので重要文化財。ちなみに石柱が国宝と書いてますが、これ戦前のやつです。重要文化財という概念がないので。

DSC00199 - コピー 
角度を変えて撮影。

DSC00202 - コピー 
後ろ側から楼門を撮影。

DSC00205 - コピー 
神仏習合の関係で本堂にはしめ縄がついている。
こんな感じの伊賀路めぐりでした。
このあと、関西線で加茂に行ってそこでも神社を見たのですが、京都府に当たるので、次回にまわします(カテゴリーで複数のものを設定できんので)。

行き方
敢国神社
佐那具駅から徒歩2キロ強。はっきり言って徒歩で普通は行く距離ではない。歴史散歩が嘘を書いているので注意。
観菩提寺
島ヶ原駅から1キロちょっとほどの距離。駅から割とすぐに坂にぶつかってテンション下がるがそこを越えると、集落ののどかな光景になって坂もゆるくなる。その途中にほかの史跡もあるのでゆっくり歩こう。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

アフィリエイト
伊達エルフ政宗 2(2016/08/09)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 7(2016/06/17)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ(2016/05/25)
森田 季節

商品詳細を見る
てらめぐりぶ?(2016/04/20)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗(2016/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯3(2016/01/22)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 6(2016/01/19)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯 2(2015/09/25)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》5(2015/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 5(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)(2015/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)(2015/02/24)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 4 (ガガガ文庫 も)(2015/02/18)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2015/01/22)
森田季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/12/13)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2014/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)(2014/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 4 (オーバーラップ文庫)(2014/07/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 2 (ガガガ文庫)(2014/06/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 書き下ろしSS付き (GA文庫)(2014/04/15)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 3 (オーバーラップ文庫)(2014/03/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 (ガガガ文庫)(2014/03/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 2 (オーバーラップ文庫)(2013/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?7 (GA文庫)(2013/10/16)
森田 季節

商品詳細を見る
つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)(2013/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 1 (オーバーラップ文庫)(2013/08/25)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない- (GA文庫)(2013/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない- (GA文庫)(2013/05/16)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)(2013/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
つきたま 2 ※公務員のお仕事楽しいです (ガガガ文庫)(2013/03/19)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?6 (GA文庫)(2013/03/16)
森田 季節

商品詳細を見る
どうせ私は狐の子(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る
ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)(2013/01/18)
森田 季節:作 えいひ :絵

商品詳細を見る
つきたま ※ぷにぷにしています (ガガガ文庫)(2012/12/18)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)(2012/11/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?5 (GA文庫)(2012/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
小説 いまいち萌えない娘(2012/09)
森田 季節、神戸新聞社 他

商品詳細を見る
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)(2012/06/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?4 (GA文庫)(2012/06/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん2 (MF文庫 J も 2-9)(2012/05/24)
森田季節

商品詳細を見る
デキる神になりますん (ファミ通文庫)(2012/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
ノートより安い恋 (Yuri-Hime Novel)(2012/03/17)
森田 季節

商品詳細を見る
落涙戦争(2012/03/07)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?3 (GA文庫)(2012/02/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん (MF文庫J)(2012/01/23)
森田季節

商品詳細を見る
ドラマCD お前のご奉仕はその程度か?(2011/11/25)
No Operating System

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?2 (GA文庫)(2011/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)(2011/10/14)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か? (GA文庫)(2011/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)(2011/05/07)
大森 望

商品詳細を見る
コミック百合姫 2011年 01月号 [雑誌](2010/11/18)
不明

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)(2010/10/21)
森田季節

商品詳細を見る
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫 JA モ)(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ (MF文庫 J も 2-6)(2010/06/23)
森田季節

商品詳細を見る
ともだち同盟(2010/06/26)
森田 季節

商品詳細を見る
桜木メルトの恋禁術(2009/09)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ〈2〉(2009/05)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ(2009/01)
森田 季節

商品詳細を見る
プリンセス・ビター・マイ・スウィート(2008/12)
森田 季節

商品詳細を見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る