fc2ブログ

松尾寺・碌山美術館・穂高神社・法蔵寺・義民記念館(長野県安曇野市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は安曇野市周辺の史跡を巡ります。

DSC09589 - コピー
大糸線の待ち時間でおやきを食べる。


DSC09595 - コピー
有明駅で下車。ここから歩きます。


DSC09609 - コピー
曾根原家住宅は17世紀の建築で重要文化財。長野県屈指の古民家です。


DSC09615 - コピー
新屋(あらや)公民館前の石造物群は安曇野市の文化財です。


DSC09621 - コピー
衣冠束帯の道祖神も立派。


DSC09622 - コピー
新屋公民館は1951年の建築で登録有形文化財。


DSC09634 - コピー
このまま歩いて松尾寺に来ました。本堂は16世紀前半の建築で重要文化財。


DSC09635 - コピー
これを見に歩いてきました。駅まで戻るのは時間的に厳しいのでタクシーを呼んでショートカットすることに。


DSC09644 - コピー
タクシーで碌山美術館へ。


DSC09645 - コピー
碌山館は1957年の建築で登録有形文化財。


DSC09658 - コピー
横から撮影。豪勢!


DSC09665 - コピー
街道らしきところに立派な商家が。


DSC09673 - コピー
続いて穂高神社へ。手洗い石は1729年のもので安曇野市の文化財。


DSC09675 - コピー
手水舎は1885年のもので市指定文化財。


DSC09676 - コピー
中心部分へ。


DSC09680 - コピー
拝殿。


DSC09687 - コピー
神橋は1883年のもので市指定文化財。


DSC09696 - コピー
穂高駅に戻ってきました。


DSC09701 - コピー
続いて豊科駅へ。


DSC09710 - コピー
法蔵寺へ。山門は1789年の建築で長野県の文化財(長野県の文化財の名前は県宝)。


DSC09713 - コピー
鐘楼門も1793年頃のもので登録有形文化財。


DSC09720 - コピー
庫裏は江戸中期ごろのもの? 登録有形文化財。


DSC09725 - コピー
土蔵は1854年の建築で登録有形文化財。


DSC09726 - コピー
裏門は1928年の建築で登録有形文化財。


DSC09757 - コピー
続いて中萱駅で下車して歩きます。宮澤家住宅主屋は1936年の建築、住宅門柱・石塀・屋根塀は1920年頃の建築で登録有形文化財。


DSC09758 - コピー
これが屋根塀部分か。


DSC09771 - コピー
松本付近を代表する義民、多田加助の屋敷跡は神社になっていました。県の史跡。


DSC09782 - コピー
近くの熊野神社で一揆の会合をしたとか。


DSC09784 - コピー
近くに義民記念館もあります。

こんな感じの安曇野市巡りでした。一日満喫できました。次回は名張市を巡ります。

行き方
松尾寺……どの駅からも遠い。徒歩だと有明駅が一番マシで、5キロ歩くことになるが、途中に重要文化財の曾根原家などの見どころもあるので片道だけならウォーキング感覚で耐えられる。
碌山美術館・穂高神社……穂高駅から徒歩。
法蔵寺……豊科駅から徒歩。
義民記念館……中萱駅から徒歩。
スポンサーサイト



安住神社・浄蓮寺・飛山城・同慶寺など宇都宮LRT沿線の史跡(栃木県宇都宮市・塩谷郡高根沢町)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は最近できた宇都宮のLRTの沿線を巡ります。

DSC09387 - コピー
宇都宮の東口からスタートします。


DSC09388 - コピー
車両がやってきました。


DSC09392 - コピー
都市を抜けて郊外へ向かいます。


DSC09395 - コピー
郊外から今度は工業地帯みたいなところに行って終着の停留所に到着。


DSC09401 - コピー
ほんとに駅以外は工場しかない場所です。


DSC09405 - コピー
黙々と歩いて、安住(やすずみ)神社へ来ました。バイク神社が境内にあります。


DSC09410 - コピー
こちらが拝殿。なお、本殿は江戸時代中期の建築で県指定文化財ですが、位置的にまったく見えない場所にありました。


DSC09419 - コピー
すぐ隣の浄蓮寺へ。銅の地蔵菩薩坐像は1773年のもので町の文化財。


DSC09422 - コピー
樹齢300年ぐらいのイトヒバ。こちらも町の文化財。


DSC09424 - コピー
こちらがバイク神社です。大量にステッカーが貼られていました。


DSC09448 - コピー
続いて飛山城跡に来ました。この新線ができて、徒歩圏内の最寄り駅が生まれました。宇都宮氏の重臣、鬼怒川左岸の段丘にできた芳賀氏の居城です。


DSC09449 - コピー
正面の入口に当たる場所。


DSC09508 - コピー
城の隅から撮影。段丘にあるのがよくわかる。


DSC09517 - コピー
かなりしっかり遺構が復元されていてよくわかります。


DSC09521 - コピー
続いて、近くの同慶寺へ。飛山城の支城の意味合いがありました。たしかにそれっぽい段がある。


DSC09523 - コピー
銅鐘は1716年の鋳造で宇都宮市の文化財。


DSC09529 - コピー
芳賀氏累代のお墓が境内にあります。


DSC09536 - コピー
飛山城の外堀部分をちょっと歩いて帰りました。


DSC09552 - コピー
せっかくの宇都宮なので餃子を食べました。
こんな感じのLRT沿線巡りでした。次回は大糸線沿線の安曇野市付近を巡ります。

行き方
宇都宮LRTは終点まで約40分強。途中に飛山城跡停留所もある。

西洋館・蓮花院・高倉寺(埼玉県入間市・狭山市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は入間市内を歩きます。

DSC09013 - コピー
旧石川組製糸西洋館に来ました。ぶっちゃけ、これのために来たと言っても過言ではない。本館は1921年の建築で登録有形文化財。


DSC09019 - コピー
別館も1921年の建築で登録有形文化財。


DSC09020 - コピー
本館を逆から撮影。


DSC09023 - コピー
建物の中に入りました。


DSC09036 - コピー
大広間のステンドグラス。


DSC09056 - コピー
続いて、蓮花院へ。観音堂は1835年の建築で市指定文化財。


DSC09065 - コピー
千日回向名号塔は1681年のもので市の文化財。


DSC09072 - コピー
武蔵豊岡教会は1923年にできたものだそうですが、もうちょっと新しく見えますね。


DSC09080 - コピー
旧黒須銀行は1909年の建築で市指定文化財。


DSC09090 - コピー
てくてく高倉寺まで歩いてきました。


DSC09096 - コピー
観音堂は室町前期のもので重要文化財。貴重な中世建築です。


DSC09097 - コピー
横から撮影。


DSC09104 - コピー
最後に狭山市立博物館へ。隣の自治体じゃないかという話なんですが、入間市駅から徒歩で行けます(ただし、博物館自体は稲荷山公園駅が近いです)。
こんな感じの入間市中心の街歩きでした。次回は宇都宮のLRT沿線周辺を巡ります。

行き方
入間市駅から徒歩。
狭山市立博物館は稲荷山公園駅が近くにあるので、帰りは稲荷山公園駅を利用できる。

中山法華経寺・葛飾八幡宮・八幡の藪知らず(千葉県市川市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は中山法華経寺周辺を再訪します。日蓮宗の大本山です。


DSC08891 - コピー
京成中山駅前の黒門は江戸時代初期頃の建築で市指定文化財。


DSC08893 - コピー
扁額は掛川城主が1793年に書いたもの。


DSC08897 - コピー
仁王門まで着きました。


DSC08903 - コピー
山内の塔頭が両側にたくさんあります。


DSC08904 - コピー
こんな感じでたくさんあります。荒行に関する塔頭か?


DSC08907 - コピー
中心のところへ向かっていきます。


DSC08913 - コピー
五重塔は1622年の建築で重要文化財。


DSC08915 - コピー
下の部分を拡大。


DSC08917 - コピー
1719年に完成した銅の釈迦如来坐像。


DSC08921 - コピー
塔頭筆頭の浄光院。


DSC08924 - コピー
法華経寺境内を歩きます。こちらは刹堂という建物。


DSC08927 - コピー
四足門は室町時代後期の建築で重要文化財。


DSC08931 - コピー
法華堂は室町時代後期の建築で重要文化財。


DSC08940 - コピー
奥之院は法華経寺本体からちょっと住宅街を上がって高台になったところにあります。ここが日蓮がピンチになった時に逃げ込んだ富木常忍(ときじょうにん)の屋敷跡と言われています。この常忍が日蓮の死後、法華経寺を開いたとされています。


DSC08949 - コピー
墓地にあった幕末の老中、間部詮勝の墓碑。


DSC08950 - コピー
東山魁夷記念館がこのあたりにあります。


DSC08958 - コピー
昭和初期に伊藤忠太が建てた聖教殿。貴重な資料を保存する施設です。


DSC08963 - コピー
祖師堂は1678年の建築で重要文化財なんですが、今は工事中で覆いがかけられていて、細かいことがわかりませんでした……。


DSC08963a - コピー
というわけで、2012年に訪れた時の写真を貼ります。比翼入母屋造という特殊な構造ですがこの前からの写真ではよくわからんな……。


DSC08978 - コピー
続いて電車で八幡のほうに移動して、葛飾八幡宮へ。


DSC08980 - コピー
随神門は市指定文化財。もともと別当寺の仁王門だった建物です。


DSC08991 - コピー
境内にある千年イチョウは1200年の年齢と言われていて、国の天然記念物。


DSC09000 - コピー
続いて、八幡の藪知らずへ。入ると出てこられなくなると言われています。


DSC09004 - コピー
安政年間の碑。
こんな感じの中山法華経寺周辺巡りでした。次回は入間市をじっくり巡ります。

行き方
中山法華経寺周辺……京成中山駅から徒歩が一番便利。
葛飾八幡宮・八幡の藪知らず……京成八幡駅・本八幡駅などから徒歩。

妙好寺、旧浅子神輿店など妙典から行徳周辺の史跡(千葉県市川市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は妙典周辺の史跡を巡ります。

DSC08816 - コピー
まず妙典春日神社へ。


DSC08817 - コピー
この石灯籠、相当古そうです。17世紀後半のものか。


DSC08818 - コピー
本殿部分も文化財指定されて違和感ないほど立派です。


DSC08823 - コピー
清寿寺は耳にご利益あると言われています。それがこのお猿の像ですが、先祖の狩人が子持ちの猿を撃ち殺してしまい、三代にわたり祟りで耳が聞こえなくなって、お猿の供養をしたというような話があり、けっこうエグい。


DSC08828 - コピー
街道沿いの古い建物。


DSC08831 - コピー
妙好寺の山門は1761年の建築で市指定文化財。


DSC08833 - コピー
こちらが本堂。


DSC08834 - コピー
すぐ近くの八幡神社の本殿。ここも文化財指定されそう。


DSC08836 - コピー
神社拝殿。


DSC08838 - コピー
こちらは行徳神明神社。


DSC08841 - コピー
旧行徳街道を歩きます。古い建物がちょくちょくあります。


DSC08843 - コピー
加藤家住宅の煉瓦塀は明治のもので登録有形文化財。


DSC08846 - コピー
加藤家住宅の主屋も明治の建築で登録有形文化財。


DSC08848 - コピー
こちらの笹屋うどん跡。江戸時代、行徳名物だったお店です。こちらの建物は1854年の建物らしい。


DSC08851 - コピー
旧浅子神輿店は1929年の建築で登録有形文化財。内部は見学できます。


DSC08859 - コピー
常夜灯は1812年のもので市の文化財。江戸時代、江戸の日本橋とこの本行徳が船で結ばれてました。江戸時代、江戸の人はここから成田を目指しました。



DSC08860 - コピー
旧江戸川。対岸は瑞江あたりか。


DSC08863 - コピー
寺町エリアを歩きます。こちらは本久寺。


DSC08865 - コピー
こちらは圓頓寺。


DSC08867 - コピー
レトロな平川医院。


DSC08871 - コピー
製塩を村人に教えた和尚がひらいたという法善寺。
妙典から旧江戸川あたりを歩きました。次回は久しぶりに下総法華経寺周辺をしっかり歩きます。

行き方
東京メトロ妙典駅から徒歩。

カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: