fc2ブログ

舊城寺・大林寺・深見城(横浜市緑区・大和市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は横浜の郊外の小さな城の遺構などを歩きます。

DSC07588 - コピー
まずは中山駅から歩いて舊城寺(きゅうじょうじ)へ。ものすごく特徴的な寺の名前ですが、まさに中世の城に江戸時代はじめに作られた寺なので旧城の寺ということです。山門は元々違う寺のものでした。


DSC07589 - コピー
山門入って右側に土塁跡が。左に見えるのは薬師堂です。


DSC07592 - コピー
寺というか城の案内図。まさに城の入口部分が寺になってるのがわかります。


DSC07596 - コピー
本堂。


DSC07599 - コピー
そして、かつて城の時代に的場とされていた場所が今も弓道の修練場になっています。無茶苦茶歴史ある。


DSC07608 - コピー
寺の外側を歩きます。右側が城(寺)の内側。


DSC07612 - コピー
続いて長津田駅前の大林寺に来ました。


DSC07619 - コピー
墓地に旗本岡野家の墓所があります。横浜市指定史跡。こちらは相模原市の龍像寺に墓のあった岡野家とも親戚です。


DSC07622 - コピー
続いて小田急の鶴間駅に来ました。


DSC07627 - コピー
駅からちょっと歩きますが郊外に深見城があります。


DSC07629天竺坂堀底道 - コピー
天竺坂と呼ばれている鎌倉古道の一部がそのまま城の堀底になっています。

ちょっと短いですが、こんな感じで横浜の郊外の城などを歩きました。次回は千葉の市街地の史跡を巡ります。

行き方
舊城寺……中山駅から徒歩。
大林寺……長津田駅から徒歩。
スポンサーサイト



浜田歴史公園・早川城(神奈川県海老名市・綾瀬市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は海老名から早川城のほうへと歩いていきます。

DSC05053 - コピー
海老名駅から歩いて、瓢箪塚(ひさごづか)古墳へ来ました。このへんではデカい古墳です。


DSC05057 - コピー
山の手前に海老名の市街地が。


DSC05059 - コピー
三塚古墳という古墳のある公園です。


DSC05060 - コピー
公園の小高い丘はだいたい古墳のはず。


DSC05064 - コピー
浜田歴史公園に来ました!


DSC05067 - コピー
ここは中世の武家の屋敷跡です。特徴は道路側が明らかに高台なこと。つまり、敷地に高台から攻め込まれるような造りで、防御に全然重きを置いてないんですね。武士といっても中世前期段階ではガチガチに家に防御態勢を敷くなんてことはせんようです。


DSC05074 - コピー
一応、交通量多い道路の逆側からは攻めづらい高低差がありました。


DSC05075 - コピー
厩屋が大きい。いかに馬が大切にされてたかわかります。


DSC05077 - コピー
続いて早川城を目指します。この川でできた段丘が城です。


DSC05094 - コピー
早川城に来ました。堀跡があった。ここはしっかり公園化されてるので、安全に中世の城の雰囲気を味わえます。


DSC05100 - コピー
この高台は多分、櫓台。


DSC05104 - コピー
城の横は湿地帯になってます。こっちからは攻めこめない構造らしい。


DSC05110 - コピー
よくわかる堀。


DSC05117 - コピー
崩落の危険あるのか立入禁止になってましたが、多分ここは竪堀の遺構のようです。V字っぽい地形に見えるのもそのせいでしょうか。


DSC05118 - コピー
お城は公園になってるんですが、そのせいか武将と姫っぽいものが遊具に描いてました。
こんな感じのはまだ歴史公園と早川城でした。
次回は千葉県の佐倉市周辺の城をいくつか巡ります。

行き方
浜田歴史公園……海老名駅からバス。ただ、徒歩で行けなくもない。
早川城……海老名駅などからバス。

小松城と宝泉寺(神奈川県相模原市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。


今回は相模原市の郊外(といっても郊外が広すぎるんで、どこを指してるかあいまいですけど)をさっと巡ります。

DSC04971 - コピー
宝泉寺というお寺の後ろの丘がお城の跡です。


DSC04976 - コピー
1410年の石灯籠。市指定文化財。


DSC04981 - コピー
丘は小松城という小さなお城です。


DSC04995 - コピー
ちょっとへこんでるところは、多分城の遺構。


DSC05009 - コピー
城のあたりが暗くて怖かったです。お城の近くにはだいたい川がある。


DSC05014 - コピー
夕焼小焼ゆかりの地らしいです。


DSC05021 - コピー
相原八幡宮という大きい神社がありました。

ずいぶん短いですが、今回はこのあたりで。
次回は中世の武家の屋敷跡を巡ります。

行き方
小松城……行き方は複数あるがハイキング感覚ならどうにか行ける。

小机城・茅ヶ崎城(横浜市港北区・都筑区)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は横浜市の二つの中世の城を巡ります。

DSC04829 - コピー
まずは小机城から。余裕で駅から徒歩で歩けます。


DSC04834 - コピー
根古谷広場と言われてるところから城へ入っていきます。


DSC04841 - コピー
ここで二つの大きな郭に分岐する道。


DSC04842 - コピー
堀が深い。中世の城でこの規模のはすごいです。


DSC04843 - コピー
堀に落ちたら終わりです。


DSC04852 - コピー
井楼の跡。


DSC04853 - コピー
この上は櫓台。


DSC04855 - コピー
二の丸とされているところ。


DSC04860 - コピー
竹林の道が普通に楽しいです。


DSC04866 - コピー
城が機能していた頃は竹林ではなかったと思いますが、散歩道としてレベルが高い。


DSC04867 - コピー
本丸とされているところ。


DSC04873 - コピー
土橋だ。


DSC04886 - コピー
中世山城の本で書いてあった場所。郭に簡単に入れないようにわざと道を曲げてます。


DSC04889 - コピー
続いて電車を乗り継いで、茅ヶ崎城へ。奥のこんもりしたあたりが城です。なお、茅ヶ崎市ではなくて、横浜市にある城です。


DSC04894 - コピー
右側が城、左側が一気に下がって住宅地になってるのがわかりますね。左側から攻めるのは大変です。


DSC04896 - コピー
こういうお城です。


DSC04900 - コピー
郭と郭の間は外堀ですが、そこが今は遊歩道化しています。


DSC04920 - コピー
掘立柱建物などがあったそうです。


DSC04928 - コピー
城兵が残ってました。にらまれました。


DSC04930 - コピー
どうやら北条氏の領地になった時点で改修されて、北条氏が関東を退去した時点で城も役割を終えたそうです。


DSC04939 - コピー
道路から城のほうを見る。この高さなら虎口以外からは簡単に入れないですね。


DSC04941 - コピー
城はセンター南駅に近いので、ちょっと歩くと一気に栄えてる所に出ます。これぞ文明。


DSC04942 - コピー
けっこう歩いたので健康によさそうなものを食べました。
こんな形で横浜市の城を二つ見ました。
次回は相模原市あたりを少し歩きます。

行き方
小机城……JR横浜線の小机駅から徒歩。
茅ヶ崎城……横浜市営地下鉄のセンター南駅から徒歩。

神奈川県と東京都との境界付近と龍像寺(神奈川県相模原市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回と次回、東京都町田市と神奈川県相模原市の境目地域を巡ります。

さて、ブログ側の都合なんですが……都道府県ごとにカテゴリを分けているため、町田市側と相模原市側で分けて更新します。

DSC04390 - コピー
まず、相模原市側から更新します。淵野辺駅からスタート。


DSC04391 - コピー
町田市側に歩いて、ぎりぎり相模原市あたりのところに日枝神社が。


DSC04393 - コピー
14世紀の武将なのに、伝承内容が神話。淵辺義博は護良親王の処刑を行った人物です。ただ、この人、実在してるのかな……。


DSC04396 - コピー
この川が県境です。川の名前も境川。
このあと、町田市の箭幹(やがら)八幡宮に入るので、そちらは次の更新で紹介します。


DSC04419 - コピー
淵辺義博居館跡と言われている伝承碑。けっこう住宅地のわかりづらいところにあります。


DSC04422 - コピー
縁切り榎。ここも淵辺義博伝説の地です。


DSC04425 - コピー
続いて龍像寺へ。


DSC04427 - コピー
江戸時代後期に活躍した徳本という僧侶が建てた念仏塔が残ってます。


DSC04434 - コピー
旗本岡野氏の墓地があります。このあたりを所領にしていたそうです。板部岡江雪斎の子孫の一族(板部岡から改姓)です。市指定史跡。
このあと町田市に再び入ったので、今回はここまで。次回、町田市側に続きます。町田側は明日、更新します。

行き方
横浜線淵野辺駅~古淵駅間を散策すると、途中で立ち寄れる。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: