雲巌寺(栃木県大田原市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は八溝山(やみぞさん)のふもと(というにはちょっと離れてるけど)の巨大な禅刹、雲巌寺(うんがんじ)をめぐります。もともと、八溝山に行くのが目的だったのですが、車のルートが栃木県経由だったので、ちょうど雲巌寺の横を通れました。

DSC00365 - コピー

本当にかなりの山の中にある雲巌寺。修行にはもってこいの場所かも。

DSC00369 - コピー

建物は何度か焼けていて、そこまで古くないですが、相当の風格。

DSC00373 - コピー

正面入り口のほうから山門をのぞむ。

DSC00375 - コピー

この川を渡ったところに山門があります。

DSC00376 - コピー

手前のほうから撮影。赤い欄干の下がさっきの川。

DSC00378 - コピー

最寄りバス停が示す田舎感。いかにもここが終点という雰囲気がある。こんなところで取り残されたら修行するしかない。

DSC00379 - コピー

斬新なメッセージ性の看板。

行き方
車で行くしかないと思う。本を見たら、バスに乗って、さらに出張所で降りて、そこから20分車に乗れというような、絶望的な交通案内が載っていた。この寺に行くためだけの旅行計画はまずないと思うが、車ならそう遠くない場所に八溝山があるので、一緒にまわるには好適地。


次回は八溝山をめぐります。今回の更新が短いので割とすぐにやります。
スポンサーサイト

小金井一里塚・慈眼寺・下野国分寺・旧篠原家住宅(栃木県下野市・宇都宮市)

好きなテレビ番組はアド街とタモリ倶楽部です、森田です。

コミケが今日から開催されてますが、昨日、Plastic Treeのライブに行って疲れてるので素直に家にいます。というか、本当は今日ぐらいで帰省するつもりでした。
今回は下野市の小金井の史跡を中心にめぐります。

DSC02631 - コピー

小金井駅に到着。道鏡の流された薬師寺にも行きたいが遠すぎる。しかも国分寺から逆側。
なお、今回レンタサイクルを使ってます。徒歩だと不可能です。

DSC02633 - コピー

駅からけっこう近いところに、日光道中の小金井の一里塚が残っています。江戸から22里起点。約88キロか。近くにほかの広い道路が通ったため、この街道が拡張されてつぶされることがなくなり残ったそうです。

DSC02639 - コピー

続いて、慈眼寺へ。江戸時代、日光にお参りに行く将軍の休憩所でした。

DSC02640 - コピー

これはおそらく江戸時代の観音堂。観音堂と鐘楼が江戸時代のものとして残ってます。

DSC02643 - コピー

これが鐘楼。まあ、見たまんまですが。もこし(スカート部分)がついてるタイプだ。

DSC02644 - コピー

その隣にある金井神社。小金井神社ではない。もともと慈眼寺の付属物的な神社で、江戸時代は北辰社と呼ばれていたそうです。虚空蔵信仰と関係の深い神社です。本殿は江戸時代のものですが、覆い屋で全く見えないです。

DSC02649 - コピー

ここから黙々と自転車をこいで、国分尼寺跡へ。だだっぴろい。

DSC02655 - コピー

こちらが国分寺あたりかな。史跡だと言わないと何のこっちゃわからん写真ですが。

DSC02659 - コピー

続いて現存してる国分寺のほうへ。元のやつが衰退して、近所に引っ越して寺の名前が国分寺で残ってるということは割と多いです。

DSC02662 - コピー

こちらのお堂は江戸時代のものか。

DSC02663 - コピー

この現在の国分寺で貴重なのがこの五輪塔三基。聖武天皇・光明皇后・行基の墓と伝えられています。国分寺らしい伝説ですけど、まあ、絶対に違うと思う。その時代、五輪塔ないと思うし、天皇と行基の墓並ばないだろうし。ちなみに五輪塔は中世のものだそうです。

DSC02670 - コピー

小金井駅に戻ってきました。

DSC02672 - コピー

このあと、宇都宮駅に移動。あまり時間はないけど、まあちょっとの観光はできるはずだ。餃子像。

DSC02673 - コピー

カエル像。まあ、イノシシに見える人はいないだろう。

DSC02675 - コピー

かなり駅に近いところに旧篠原家住宅があります。明治期の建築で蔵とあわせて重要文化財。江戸時代は醤油製造業や肥料業をやっていたと本に書いてあります。明治時代は何をやっていたのか。

DSC02683 - コピー

こうして見ると、時代から取り残されてきた感じがある。

DSC02686 - コピー

せっかくなので餃子を食べて帰ります。みんみんの本店です。

DSC02688 - コピー

焼き餃子。これと揚げ餃子と水餃子を食べました。餃子のみで夕飯。

行き方
小金井駅前でレンタサイクルが借りられるので、これを使って観光したい。一里塚と慈眼寺ぐらいなら、徒歩でも往復可能な範囲。
宇都宮駅前の旧篠原家住宅は本当に近いので、仕事などで宇都宮駅に来た時はちょっと見ていってください。
みんみんの本店は東武宇都宮のほうが近いか。餃子の名店、正嗣(まさし)もみんみんの近所にある。本当に近所にある。


次回は江戸時代も今もそれなりにいかがわしい街、吉原近辺の史跡をめぐります。どうせ社寺の写真しかないので内容はいかがわしくないです。

小山市内の史跡(栃木県小山市)

好きなテレビ番組はアド街とタモリ倶楽部です、森田です。

今回は小山の史跡を巡りたいと思います。新幹線の駅であるから、割と有名ですよね。

DSC02570 - コピー

駅。新幹線とまりそう。

DSC02574 - コピー

まず駅前をぶらぶら歩き、興法寺から。

DSC02577 - コピー

こちらが本堂。

DSC02580 - コピー

天翁院(てんのういん)はもともと小山氏初代が12世紀真ん中に創建したと言われており、小山氏の菩提寺となっています。今も小山氏の墓所があります。

DSC02582 - コピー

こちらが本堂。

DSC02588 - コピー

さて、このあたりには小山氏の居城、祇園城がありました。江戸時代になって、小山氏が没落すると、本多正純が入ったものの、結局宇都宮に移ったため、廃城に。

DSC02592 - コピー

地図を見るとすぐわかりますが、西側が思川(おもいがわ)が広がってるので、川で削られて丘陵になってるんですね。なので、西から攻めるのは厄介です。

DSC02599 - コピー

小山といえば、小山評定。関ヶ原の直前の出来事ですな。

DSC02600 - コピー

妙建寺の本堂は1717年のもの。

DSC02603 - コピー

須賀神社はこのあたりで一番大きな神社です。祇園城という名前もここを勧請したせいでは?

DSC02605 - コピー

小山評定の石碑が。

DSC02608 - コピー

1653年の石鳥居。栃木県では日光東照宮の石鳥居の次に古いです。

DSC02610 - コピー

中学校のグラウンド横にあった長福城跡の石碑。ちょっと入るのは時間の関係で断念しました。このあたりの城の連携のための城だったようです。いかにも寺っぽい地名ですが、長福寺という寺があったようです。

DSC02612 - コピー

次に光明寺へ。

DSC02615 - コピー

1369年の銘のある宝篋印塔があります。ここらへんから市街地へ戻っていきます。

DSC02618 - コピー

持宝寺は門と鐘楼が合体したタイプ。道鏡が開基したと言われています。道鏡はこの近くの下野薬師寺に左遷されてます。

DSC02623 - コピー

須賀神社の参道にぶちあたって、そのまま越えていきます。

DSC02625 - コピー

現聲寺(げんしょうじ)は名前のかっこいい時宗寺院。

DSC02628 - コピー

最後、駅前の常光寺。今は浄土宗寺院ですが、もともと時宗の念仏堂だったそうです。

DSC02629 - コピー

駅前に戻って、うどんを食べる。
次回は小山のちょっと北、小金井の史跡をめぐります。

行き方
方向が駅からそれぞれ逆だったりして全部まわるのはなかなか大変だが、一応すべて小山駅から徒歩圏内で、歩いてまわれる。

妙道院釈迦堂・浄光寺・含満が淵・興雲律院など(栃木県日光市)

好きなテレビ番組はアド街とタモリ倶楽部です、森田です。

発売日が迫ってるので、告知を。
『セントレイン戦記』割ともういろんなところで発売中です!
sentrein.jpg

こちらに特典一覧が書いてあります!


それと、コミティアにも出ます。
23日(日曜)。ビッグサイトでやってるコミティアに参加します。 
ね48b ラノベ作家休憩所
新刊『変身アイテム』200円(文:森田季節 絵:渡辺伊織)
既刊『流星小説。』『救世小説。』ともに1000円
よろしくお願いします!


今回は日光の続きをやります。とはいえ、実は東照宮のあたり、現在工事中で、しかも過去に見たこともあるので、これまで行けてないちょっとマニアックなスポットをめぐります。

DSC01552 - コピー

まずは田母沢御用邸の近くの釈迦堂へ(御用邸のほうは休館日でした。これも重文です)。もともと妙道院というお寺の建物でしたが、こちらは廃寺になっています。

DSC01554 - コピー

これが釈迦堂。県文化財。

DSC01557 - コピー

そばには藤堂高虎以下の徳川家譜代家臣の墓があって、かなりのインパクト。1651年、家光の死で、殉死した家臣もたくさん葬られてます。

DSC01561 - コピー

そばには八幡神社も、なかなか味のある寂れ方。

DSC01565 - コピー

社殿のそばには古い六角石灯籠もあります。

DSC01567 - コピー

日光は湧き水が豊富です、田母沢御用邸横からがしがし湧いてた。

DSC01571 - コピー

住宅地みたいなところを下っていくと、浄光寺へ。ここは日光の墓を管理する寺の僧侶が移されて成立した寺らしいです(本の説明をそのまま使った)。

DSC01577 - コピー

こちらが本堂。

DSC01588 - コピー

ここから大谷川(だいやがわ)のほうに行くと、含満(かんまん)が淵という名勝があります。

DSC01590 - コピー

相当いいところです。ただ、足場はけっこう悪いので注意。落ちたらヤバい。

DSC01594 - コピー

このあずまやは霊庇閣(れいひかく)というカッコイイ名前が。

DSC01597 - コピー

近くには並び地蔵という、地蔵の山が。

DSC01598 - コピー

なかなか壮観。なお、周囲は外国人観光客だらけ。最近の観光ガイドはこんなところまで書いてるのか? 下手すると日本のしょぼい観光ガイドより詳しいのではなかろうか。まあ、日光は世界遺産なので、そこまでおかしくはないかもしれないが。

DSC01603 - コピー

水が青いとかっこいい。語彙力貧困すぎた。

DSC01605 - コピー

住宅地のほうに戻ってきました。水を利用しているらしく、こういうのがいくつか並んでました。

DSC01611 - コピー

バス道に戻ってくると、日光真光教会礼拝堂が。1914年のもので、県の文化財。

DSC01617 - コピー

神橋あたりに来ると、日光金谷(かなや)ホテルの建物が。ホテル自体は坂をのぼっていった奥です。圧倒的千と千尋感。

DSC01622 - コピー

神橋を横から撮影。日光のありがち撮影スポット。
1636年のもので重要文化財。

DSC01627 - コピー

この近くに飲める湧き水があります。早速ペットボトルに入れてお茶代の節約をしました。

DSC01631 - コピー

いくらなんでも狭すぎる。

DSC01633 - コピー

神橋のあたりから道をそれて15分ほど行くと、天台宗の興雲律院があります。1731年にできた竜宮造の鐘楼門。名前の通り、竜宮城っぽいのが竜宮造。県の文化財。

DSC01634 - コピー

経蔵はどこでもけっこう新しく見えがちですが、多分ほかの建物から類推すると、同じ江戸時代中期ぐらいでしょう。県の文化財。

DSC01636 - コピー

やたらと香車がお供えされてる駒堂。結構珍しい。1732年に今市滝尾神社から移築されたとのこと。県の文化財。どうもまっすぐ進む香車を奉納すると安産できると言われているそうです。

DSC01641 - コピー

帰る途中見えたのは多分、四本竜寺の三重塔か。1686年のもので重要文化財。

DSC01644 - コピー

少し東照宮エリアのほうに行くと、御旅所がありました。これも重要文化財。

DSC01648 - コピー

こんな感じで日光をめぐっていきました。

行き方
前回の続きで、日光エリアのバス乗り放題の切符があると効率がよい。なお、すでに書いたが、日光東照宮などの世界遺産の一部は現在修復工事中で、現物を見ることができないところがあるはず。日光に限らず、歴史的価値が高いとその分修復に費やされるスパンも長いので注意してめぐりたい。
含満が淵のあたりまではそれなりに徒歩の距離が長いのと、雨のあとだとぬかるんでるようなところもあるかもしれないので、歩きやすい靴で臨みたい。道標は比較的豊富なので迷う可能性は低い。
興雲律院のあたりは薄暗くて、人気もあまりないので、女性一人で行くのはちょっと気味が悪いかもしれない。


次回は東京の平井・瑞江あたりか、水沢観音あたりをめぐります。

二荒山神社中宮祠・中禅寺・華厳の滝・清滝観音(栃木県日光市)

好きなテレビ番組はアド街とタモリ倶楽部です、森田です。

発売が近いので、まず宣伝から。新シリーズ、『セントレイン戦記』、25日に出ますので、よろしくお願いします!

sentrein.jpg

また発売前に何かツイートなどで宣伝できればと思います。
hyou1-2.jpg

それと、コミティアにも出ます。
23日(日曜)。ビッグサイトでやってるコミティアに参加します。 
ね48b ラノベ作家休憩所
新刊『変身アイテム』200円(文:森田季節 絵:渡辺伊織)
既刊『流星小説。』『救世小説。』ともに1000円
よろしくお願いします!


今回は日光の中禅寺湖エリアを見たあと、そこから少しずつ日光駅方面に下って、少しマニア度の高いところを見ていきます。

DSC01457 - コピー

日光駅からバスに乗り換え。いろは坂を越えるせいもあって運賃が恐ろしいほどに高いので乗り放題切符を買ってしまいましょう。これでコストをかなり下げられます。

DSC01460 - コピー

こういうリッチそうなバスでいきます。普通の路線バスの時もあります。

DSC01465 - コピー

まず、二荒山神社中宮祠へ。逆側はすぐに中禅寺湖です。このあたりまで来ると、相当に気温が下がってます。行った時期的に涼しくて気持ちいい程度だったけど、今行ったら寒くて困ると思う。

DSC01470 - コピー

門をくぐって、中へ。

DSC01472 - コピー

書いてあるように、ここは男体山への登山口です。境内から男体山へ登れます。

DSC01474 - コピー

拝殿は重文、本殿などもそうです。江戸時代のものです。

DSC01477 - コピー

この明神鳥居も重文です。

DSC01483 - コピー

本殿も重文。

DSC01484 - コピー

この塀も重文指定されてます。

DSC01486 - コピー

男体山の大蛇の像。神様ですが、どっちかというとモンスターっぽい。

DSC01501 - コピー

それなりの標高。なかなか、きれいな中禅寺湖。もちろ中禅寺があるから、この名前なのですが、湖のほうが有名な気がする。前に箱根に行ったのを思い出しました。

DSC01504 - コピー

中禅寺湖、彼女がいればボートを借りたい天気だった(一人で来てます)。

DSC01508 - コピー

しかし、山のほうは無茶苦茶雲がかかっていた。

DSC01513 - コピー

中禅寺のほうに歩いていく途中。男体山に雲が。この山並みの美しさは、そりゃ信仰されるわと思う。

DSC01515 - コピー

中禅寺に到着。昔からここにあったわけではなく、元は二荒山神社中宮祠の境内の中にありました。明治後半に自然災害でダメージを受けて移転してきました。立木観音とも言われるように、大きな観音像(重文)がシンボルの三十三箇所観音霊場です。

DSC01516 - コピー

移転してきたぐらいなので、ものすごく古い建造物はないです。ただ、雰囲気はずっと昔からここにあった感じがします。知らなければ、数百年変わらずにこの地にあったと信じるレベル。

DSC01518 - コピー

こちらが本堂。中に立木観音と言われる御本尊がいらっしゃいます。

DSC01520 - コピー

大黒天のお堂も立派。

DSC01526 - コピー

ゆばソフトを食べる。

DSC01529 - コピー

そして、日本を代表する滝、華厳の滝へ。

DSC01532 - コピー

インパクトがすごい。これはわざわざ行く価値アリ。横の支流すらインパクトがある。

DSC01535 - コピー

これは滝の直前の部分の拡大図。

DSC01540 - コピー

ここから華厳の滝方面へ徒歩で戻る。おなかが減ったので、餃子コロッケを購入。

DSC01542 - コピー

インパクトのあるキャラ。

DSC01543 - コピー

フライ物だけあって、全体的にくどい印象の連中。こんなのに取り囲まれたら、けっこう怖いと思う。これ、意外と製作費高そうだよな……。

DSC01545 - コピー

バスでいろは坂を下り、清滝観音へ。けっこう雰囲気がありました。このあたりの寺社はことごとく、日光東照宮の社殿の感じがあります。中禅寺が女人禁制だった時代は(つまり移転前)このお寺から男体山を遥拝したそうです。

DSC01548 - コピー

本堂。とにかく、どこも赤い。


行き方
中禅寺湖周辺のエリアには、日光駅からバスで。運賃が異様に高いが、乗り放題切符などがあるので、それを買ってしまうのがお得。いろは坂を通るので、紅葉の時期など混む時に行くのは危険。
中禅寺 拝観料500円。重文の御本尊の拝観ができる。中禅寺に直接行くバスもあるが本数も少ない。中禅寺湖近辺まで上がってこれれば徒歩で移動は可能なので、湖畔の散策のつもりで歩こう。

次回も日光の続きです。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

アフィリエイト
若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!(2017/6/23)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活 2(2017/6/20)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界お好み焼きチェーン ~大阪のオバチャン、美少女剣士に転生して、お好み焼き布教! ~(2017/6/15)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。2(2017/5/13)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2(2017/4/14)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活(2017/2/17)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 3(2017/2/14)
森田 季節

商品詳細を見る
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(2017/1/23)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(2017/1/13)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。(2016/11/12)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 2(2016/08/09)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 7(2016/06/17)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ(2016/05/25)
森田 季節

商品詳細を見る
てらめぐりぶ?(2016/04/20)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗(2016/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯3(2016/01/22)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 6(2016/01/19)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯 2(2015/09/25)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》5(2015/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 5(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)(2015/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)(2015/02/24)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 4 (ガガガ文庫 も)(2015/02/18)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2015/01/22)
森田季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/12/13)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2014/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)(2014/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 4 (オーバーラップ文庫)(2014/07/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 2 (ガガガ文庫)(2014/06/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 書き下ろしSS付き (GA文庫)(2014/04/15)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 3 (オーバーラップ文庫)(2014/03/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 (ガガガ文庫)(2014/03/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 2 (オーバーラップ文庫)(2013/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?7 (GA文庫)(2013/10/16)
森田 季節

商品詳細を見る
つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)(2013/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 1 (オーバーラップ文庫)(2013/08/25)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない- (GA文庫)(2013/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない- (GA文庫)(2013/05/16)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)(2013/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
つきたま 2 ※公務員のお仕事楽しいです (ガガガ文庫)(2013/03/19)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?6 (GA文庫)(2013/03/16)
森田 季節

商品詳細を見る
どうせ私は狐の子(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る
ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)(2013/01/18)
森田 季節:作 えいひ :絵

商品詳細を見る
つきたま ※ぷにぷにしています (ガガガ文庫)(2012/12/18)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)(2012/11/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?5 (GA文庫)(2012/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
小説 いまいち萌えない娘(2012/09)
森田 季節、神戸新聞社 他

商品詳細を見る
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)(2012/06/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?4 (GA文庫)(2012/06/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん2 (MF文庫 J も 2-9)(2012/05/24)
森田季節

商品詳細を見る
デキる神になりますん (ファミ通文庫)(2012/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
ノートより安い恋 (Yuri-Hime Novel)(2012/03/17)
森田 季節

商品詳細を見る
落涙戦争(2012/03/07)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?3 (GA文庫)(2012/02/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん (MF文庫J)(2012/01/23)
森田季節

商品詳細を見る
ドラマCD お前のご奉仕はその程度か?(2011/11/25)
No Operating System

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?2 (GA文庫)(2011/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)(2011/10/14)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か? (GA文庫)(2011/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)(2011/05/07)
大森 望

商品詳細を見る
コミック百合姫 2011年 01月号 [雑誌](2010/11/18)
不明

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)(2010/10/21)
森田季節

商品詳細を見る
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫 JA モ)(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ (MF文庫 J も 2-6)(2010/06/23)
森田季節

商品詳細を見る
ともだち同盟(2010/06/26)
森田 季節

商品詳細を見る
桜木メルトの恋禁術(2009/09)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ〈2〉(2009/05)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ(2009/01)
森田 季節

商品詳細を見る
プリンセス・ビター・マイ・スウィート(2008/12)
森田 季節

商品詳細を見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る