花隈城(神戸市中央区)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。


今回は花隈城を巡ります。


DSC07063 - コピー
信長が畿内に影響力をおよぼした時点で誰かに作らせたかなり規模の大きな近世城郭だったようですが(この場合は石垣を使ってたという意味合いで言ってます)、荒木村重が反乱起こした時にここを拠点にしたものの、結局そのあと使われず廃城になってます。


DSC07064 - コピー

今、石垣があるものの、あとになって適当に作った公園で、遺構ではないです。

とはいえ、街中にこれがあるのはなかなかインパクトある。


DSC07066 - コピー

一応、城址公園になっています。


DSC07071 - コピー

南を見る。今は市街地が見えるだけですが、昔はかなり海が迫っていたのではないか。少なくとも海がよく見えたはずです。


DSC07072 - コピー

駅に異様に近い城。
今回はかなり短い更新内容だったので次回は2日後に更新したいです。


行き方
JR・阪神元町駅の西口から徒歩。
あるいは神戸高速花隈駅からかなりすぐ。
※ただし、遺構ではなくて公園みたいなもの。

スポンサーサイト

多田神社(兵庫県川西市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

※ブログの表示画面の関係で実際の写真サイズより切り取られて小さく映ってる可能性があります。気になる写真はクリックしてもらえると、本来のサイズで見えます。

本日、新刊『異世界作家生活』刊行されました! よろしくお願いします!
ラノベ作家が異世界行って小説書いたり教えたりします!
DSC00017 - コピー 

その他、『てらめぐりぶ?』『伊達エルフ政宗』もよろしくお願いします!
とくに『てらめぐりぶ?』はまさにこのブログの成果を生かして作った小説ですので、よろしくお願いします!

今回は明治になるまで多田院という真言律宗の寺だった多田神社を巡ります。
清和源氏初代の源満仲によって創建された寺院で、源氏歴代の霊廟的な意味合いを持っていました。そのため、各幕府によって保護されたりして栄えてきましたが、明治の神仏分離で神社ということになって、今に至ります。

DSC06961 - コピー 
さて、多田神社の最寄駅は能勢電鉄の多田駅ですが、前回最後の満願寺からだと猛烈に面倒くさいです。
満願寺⇒バスで雲雀丘花屋敷に戻る⇒隣の川西能勢口で能勢電鉄乗り換え⇒多田駅下車⇒徒歩約1キロ。
あと、満願寺発のバスが出たところで30分来ない。これだったら満願寺の境内にあったハイキングコースの案内をもとに歩いたほうが安いうえに早いのではと判断して、歩くことにしました。

DSC06963 - コピー 
最初、いきなり山道に入って、ちょっとまずいかなと思った。

DSC06964 - コピー 
と思ったら、割とすぐに市街地に出た。ただ、これはこれで案内板を見落とすと絶対たどりつかないので気が気でない。ごく普通の住宅地に案内板が出ているので。

DSC06968 - コピー 
と思ったら、今度は古い集落みたいなところに出た。

DSC06971 - コピー 
集落を抜けると川に出た。この川を渡ると、ちょうど多田神社です。多分40分ぐらいで着いたので結論から言うと交通機関乗り継ぎより絶対早かったと思います。結果的にこれが大英断で、次回行く博物館を見る時間が取れた。

DSC06972 - コピー 
橋の奥に寺らしきものがあるのがわかるはず。

DSC06976 - コピー 
南門から入場。1676年のもので県文化財。なお、何か空間が気になりますが元々仁王門でした。神仏分離で仁王像が前回の満願寺に移されたんです。

DSC06981 - コピー 
六所神社本殿は江戸時代初期のもので県文化財。なお、この寺は(今は神社だけど、構造がやっぱり寺寄りなので寺と書く)戦国時代に焼けているので江戸幕府が江戸時代前期に金を出して復興させました。

DSC06983 - コピー 
六所神社というだけあって神体が多いからか横長。

DSC06985 - コピー 
厳島神社も江戸時代初期の建立で県文化財。

DSC06987 - コピー 
こちらは東門。これと西門には対になってますが、高麗門の形式で江戸時代初期のもので県文化財。

DSC06988 - コピー 
背後から見ると、こんな感じになります。近世の城に結構多い門ですが、源氏の聖地だからこういう門にしたんでしょうか。

DSC06990 - コピー 
続いて中央部分。随神門は重要文化財。本殿ができた1667年とだいたい同時期のもの。
これももとは絶対随神門じゃなかったと思う。なぜかというと寺だったから。

DSC06991 - コピー 
偉い人が植樹していた。

DSC06992 - コピー 
拝殿は本殿とほぼ同時期のもので重要文化財。ややこしいですが、ここはちゃんと拝殿と本殿のある神社スタイルです。

DSC06996 - コピー 
周囲は塀で囲われていて、聖域感をアピール。

DSC06997 - コピー 
こちらが本殿で、1667年のもの。重要文化財。

DSC07000 - コピー 
随神門から奥の空間はなかなか落ち着きます。実質的な二層構造になっている。

DSC07004 - コピー 
西門から多田駅のほうに帰ります。

DSC07008 - コピー 
だらだらと歩いて多田駅に到着。ここから絹延橋というマイナーな駅で降りて、次回、久安寺というお寺を目指します。このあたり兵庫県と大阪府が入り混じってますが、次回はぎりぎり大阪府です。

行き方
上記に書いたとおり、最寄駅は能勢電鉄の多田駅だが、満願寺とのハイキングコースが整備されている。とくに地図も持たずに歩いたが40分ほど到着した。のんびり歩いても小一時間のとくに険しくもなんともないコースだと思う。ただし、住宅地に出た時に曲がる案内板を見落とすとおそらく、もうわからなくなるので、そこは細心の注意が必要。

伊丹の史跡・満願寺(兵庫県伊丹市・川西市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は伊丹駅近辺の史跡と北摂(摂津北部の意)の名刹、満願寺を巡ります。

さて、『異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ』が25日に出ます! よろしくお願いします!
こちらがアマゾンリンクです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4086311143
DSC00017 - コピー 


DSC06872 - コピー 

まず阪急伊丹駅からスタート。

DSC06874 - コピー 
墨染寺(ぼくせんじ)には俳人、上島鬼貫の墓があります。

DSC06881 - コピー 
伊丹は室町時代あたりから栄えた都市でした。昔の街並みの名残がある。

DSC06885 - コピー 
そして、JR伊丹のほうに行くと、荒木村重の居城だった有岡城に到着。マジで駅前。

DSC06897 - コピー 
左が城、奥が駅。

DSC06898 - コピー 
古い街並みが残っているエリアのほうへ。

DSC06899 - コピー 
県指定文化財の石橋家住宅。江戸時代の商家です。

DSC06901 - コピー 
その隣の旧岡田家は酒造だったところで重要文化財。

DSC06906 - コピー 
今は両家ともに中を見学できます。

DSC06910 - コピー 
もともとこのあたりは川沿い・海沿いに京都・大阪・江戸と江戸時代の三大都市のどこにも酒を運べました。しかも、室町時代から酒造業があったのでたしか元禄ぐらいまでは摂津の酒が一大産地でした。
DSC06914 - コピー 
これは酒造用のカマド。

DSC06922 - コピー 
やはり古い建物が広がっている。

DSC06927 - コピー 
酒屋のすぐ横で湧き水が汲める。

DSC06930かすうどん - コピー 
大阪圏内だからかすうどんを食べる。

DSC06933 - コピー 
ここから電車で雲雀丘花屋敷駅に移動。

DSC06938 - コピー 
バスでとてつもない坂道を登っていくとやがて郊外へ。満願寺に到着。多田源氏ゆかりの寺です。

DSC06940 - コピー 
門が独特の様式。明治期の建物です。

DSC06943 - コピー 
仁王像はもともと多田院(次回行きます)にあったもの。鎌倉時代のもの。

DSC06946 - コピー 
九重石塔は鎌倉時代の1293年のもので重要文化財。

DSC06949 - コピー 
多田源氏歴代の墓。

DSC06953 - コピー 
3つ墓塔が並んでいるが室町時代のもので重要文化財。なお、美女丸伝説という伝説に関するもの。右が藤原仲光。左が美女丸。一枚の写真で三つ並ばないので残りは次で。

DSC06954 - コピー 
左側は幸寿丸の墓。

DSC06957 - コピー 
本堂は江戸時代前期、慶安頃のもの。
こんな感じの伊丹と満願寺巡りでした。

行き方
・伊丹市街地の史跡
JRあるいは阪急伊丹駅近辺。
・満願寺
阪急雲雀丘花屋敷駅からゴルフ場行きバスに乗車。満願寺下車。バスはだいたい30分毎。
拝観料寸志

次回は源氏の聖地、多田神社を巡ります。

一乗寺・浄土寺(兵庫県加西市・小野市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

寺社仏閣めぐり小説『てらめぐりぶ?』、白好出版さんより好評発売中です! よろしくお願いします!
この寺社ブログの神髄みたいなものがモロに入っていますので、このブログを楽しんでる方はマストバイです。お願いします! 買ってください!

tera201604obi.jpg 

『伊達エルフ政宗』ともどもよろしくお願いします!
20160229dateelf_shoei.jpg 

今回は播磨内陸部の二つの国宝寺院(その他の国宝寺院はおそらくすでに記事にしているはずなので、兵庫県のバックナンバー見てください)を巡ります。

DSC06361 - コピー 
まず、天台宗の大寺院で西国三十三か所観音霊場でもある一乗寺へ。東播磨地域の中心的寺院です。歴史的にも有名人がけっこう来ています。
正和5年の卒塔婆は県文化財。

DSC06362 - コピー 
元亨元年(1321)の銘がある五輪塔は重要文化財。

DSC06366 - コピー 
常行堂は幕末のもの。この建物は新しいので文化財になってませんが、ほかはだいたい古くてなんらかの文化財になってます。

DSC06368 - コピー 
三重塔は平安時代末の1171年の建立で国宝。まさにこの寺の象徴です。

DSC06372 - コピー 
見上げるより見下ろすほうがいいけど、まずは見上げる角度から。

DSC06373 - コピー 
本堂は1628年にできたかなり大きな建物で重要文化財。

DSC06376 - コピー 
本堂エリアあたりから塔を見下ろす。

DSC06382 - コピー 
鐘楼は江戸時代初期のもので県文化財。

DSC06387 - コピー 
構造上、後ろから入るしかない本堂。

DSC06389 - コピー 
護法堂は鎌倉時代のもので重要文化財。

DSC06393 - コピー妙見堂 
続いて室町時代にできた妙見堂。これも重要文化財。もう、ここの常連の方はご存じだと思いますが、室町時代の建物は大半が重要文化財になってます。逆に言うと、その時代のもので重要文化財になってない時は、江戸時代に変な修理をされちゃって価値が落ちたとかなんらかの理由があることが多いです。
あと、この妙見堂はちょっと横長ですが、三間社です。柱と柱の間が三つあるからですね。一個手前の護法堂は一間社ということになります。

DSC06394 - コピー弁天堂 
続いて室町時代にできた弁天堂も重要文化財。

DSC06397 - コピー 
妙見堂と弁天堂のセット。実は並んでいた。

DSC06398 - コピー 
本堂は後ろから見るとこういう形をしてます。当たり前ですけど、見上げた時と全然違って見える。

DSC06399 - コピー 
本堂と三重塔を望む。

DSC06400 - コピー 
この法輪堂という建物もまあまあ古い。

DSC06449 - コピー 
このあとに来たのは小野市の国宝寺院、浄土寺。
東大寺荘園だった土地で、鎌倉時代初期、重源が焼けちゃった東大寺復興をしていた時に弟子を派遣して建てた寺です。

DSC06452 - コピー 
浄土堂は1192年にできたもので国宝。もしかすると日本史の資料集に載ってたかもしれない。大仏様という東大寺復興時期の様式を伝えるもので現存するのはこれと東大寺南大門しかないです。
拝観料払うと中にいらっしゃる本堂の国宝の阿弥陀如来像が見れます。光のさし方を計算に入れて作ってる建物で夕方に来たほうがいい。ただ、夕方すぎてほぼ閉まる時間だったので今回は見てないです。※過去に2度ほど見たからというのもある。

DSC06455 - コピー 
鐘楼は1632年のもので県文化財。

DSC06459 - コピー 
境内にあるデカい鎮守の八幡神社も拝殿と本殿ともに重要文化財。
写真は拝殿です。割拝殿の形式で鎌倉時代末期の特徴があります。割拝殿というのは間に入って本殿に近づけるタイプの拝殿。

DSC06461 - コピー 
もう一枚撮影。

DSC06463 - コピー 
本殿は室町中期の特徴を残していて重要文化財。

DSC06464 - コピー 
薬師堂は1517年の建物で重要文化財。もともとは浄土堂と同じ様式でしたが、1498年に焼けて再建したので様式がちょっと違ってます。

DSC06469 - コピー 
開山堂は1520年のもの。薬師堂の復興とほぼ同時期にできたもので、ご想像つくかと思いますが、薬師堂と同じ時に焼けました。

行き方
交通機関がいずれも不便なところなので、車で移動した。
一乗寺――拝観料500円。
浄土寺は小野駅などいくつかの駅からバスがあるが本数は少ない。細かく時刻表をチェックする必要がある。
浄土寺は境内は自由。浄土堂内拝観は別料金。

次回は奈良の柳生の里の手前にある古刹、円成寺(えんじょうじ)あたりを巡ります。

教信寺・報恩寺・酒見寺・羅漢寺(兵庫県加古川市・加西市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は兵庫県加古川市から内陸に向けて寺社を巡ります。このエリア、何度か行ってるんですけど、大きなところが多いためなかなか行き尽くした感じにならんのです。

DSC06298 - コピー 
まず、加古川市の教信寺へ。ここは教信という僧侶の説話で有名です。詳しくは『日本往生極楽記』と教信あたりでググってください。
写真は寺の前の道。明らかに街道なのがわかるような細くてまっすぐ続く道。西国街道か。

DSC06299 - コピー 
なかなか雰囲気ある入口。

DSC06302 - コピー 
ググってくださいと言っても多分ググらない人のほうが多いと思うので(自分もしないと思う)、説話を書いてる案内板です。

DSC06303 - コピー 
本堂がこちら。もともと如意輪寺という姫路にあった寺の念仏堂でした。念仏が重要な要素の寺だから関係あったのでしょうか。1398年のものだったのが明治にボロボロすぎて壊そうって話になったのをこちらでもらい受けました。
文化財指定は受けてません。まあ何度も大修理してると思います。

DSC06310 - コピー 
教信の墓と言われている石造五輪塔。鎌倉末期のものと推定され、県文化財。

DSC06311 - コピー 
古墳時代後期の石棺のふたを使った石造物。

DSC06321 - コピー 
途中、趣深い橋が。平木橋といって、1915年のものか。

DSC06326 - コピー 
続いて報恩寺に行くつもりでしたが、すぐ横の平之荘(へいのそう)神社にも寄ることにしました。
相当立派な神社だった。このあたりけっこう豊かだったんでしょう。

DSC06335 - コピー 
すぐ横にある報恩寺へ。やたらと石造物があるのが特徴です。こちらは本堂。無茶苦茶古いってことはないと思いますが、なかなか立派。

DSC06336 - コピー 
もともと手水鉢だったと思われるものが石棺。
石棺大活躍やな。

DSC06338 - コピー 
もう一度本堂を撮影。

DSC06340 - コピー 
こちらは板碑。これも石棺使ってます。

DSC06342 - コピー 
石造十三重塔は1319年のもので県文化財。

DSC06345 - コピー 
1353年に石棺に彫られた石仏。また石棺!

DSC06348 - コピー 
ずらっと並んだ石造五輪塔。正和5(1316)、貞治6(1367)、応永10(1404)とかなり古い。県文化財。

DSC06412 - コピー 
続いて本当は一乗寺に行ったのですが写真枚数が多そうなので順序を変えて、酒見寺に。
加西市北条町の中心地区へ行くと酒見寺(さかみでら)があります。
天正年間に兵火で焼けたそうですが、おそらく信長に逆らって焼かれたのでしょう。
この楼門は1825年のもの。

DSC06419 - コピー 
多宝塔は1662年のもので重要文化財。
はっきり言ってこれだけ美しい多宝塔はなかなかない。

DSC06422 - コピー 
引声(いんぜ)堂とも呼ばれる常行堂。
年代は不明。そんなに新しくもないと思う。

DSC06424 - コピー 
こちらが本堂。なんとなく二階建てっぽいタイプ。

DSC06427 - コピー 
鐘楼は1664年のもので県文化財。これまた派手だな。明らかに多宝塔と同じ美意識で作られている。

DSC06430 - コピー 
すぐ隣に住吉神社がある。

DSC06434 - コピー 
寺から数分歩いたところに羅漢寺があります。

DSC06435 - コピー 
ここは来歴不詳の謎の五百羅漢がずらっと並んでます。おそらくですが戦国時代末から江戸時代初期あたりに何らかの理由で作られたと思われます。
以下しばらく、この羅漢像をアップして今回は終わりです。

DSC06438 - コピー 

DSC06439 - コピー 

DSC06441 - コピー 

DSC06442 - コピー 
なかなか独特の光景でした。

行き方
交通機関がいずれも不便なところなので、車で移動した。酒見寺と羅漢寺なら北条鉄道の北条町駅から歩ける距離だが、効率よくまわることを考えると車を使いたい。
羅漢寺――拝観料200円

寺社仏閣めぐり小説『てらめぐりぶ?』、白好出版さんより好評発売中です! よろしくお願いします!
tera201604obi.jpg 

『伊達エルフ政宗』もよろしくお願いします!
20160229dateelf_shoei.jpg

次回は国宝寺院の一乗寺・浄土寺を巡ります。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

アフィリエイト
物理的に孤立している俺の高校生活(2017/2/17)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 3(2017/2/14)
森田 季節

商品詳細を見る
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(2017/1/23)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(2017/1/13)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。(2016/11/12)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 2(2016/08/09)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 7(2016/06/17)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ(2016/05/25)
森田 季節

商品詳細を見る
てらめぐりぶ?(2016/04/20)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗(2016/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯3(2016/01/22)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 6(2016/01/19)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯 2(2015/09/25)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》5(2015/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 5(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)(2015/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)(2015/02/24)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 4 (ガガガ文庫 も)(2015/02/18)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2015/01/22)
森田季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/12/13)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2014/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)(2014/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 4 (オーバーラップ文庫)(2014/07/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 2 (ガガガ文庫)(2014/06/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 書き下ろしSS付き (GA文庫)(2014/04/15)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 3 (オーバーラップ文庫)(2014/03/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 (ガガガ文庫)(2014/03/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 2 (オーバーラップ文庫)(2013/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?7 (GA文庫)(2013/10/16)
森田 季節

商品詳細を見る
つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)(2013/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 1 (オーバーラップ文庫)(2013/08/25)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない- (GA文庫)(2013/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない- (GA文庫)(2013/05/16)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)(2013/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
つきたま 2 ※公務員のお仕事楽しいです (ガガガ文庫)(2013/03/19)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?6 (GA文庫)(2013/03/16)
森田 季節

商品詳細を見る
どうせ私は狐の子(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る
ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)(2013/01/18)
森田 季節:作 えいひ :絵

商品詳細を見る
つきたま ※ぷにぷにしています (ガガガ文庫)(2012/12/18)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)(2012/11/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?5 (GA文庫)(2012/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
小説 いまいち萌えない娘(2012/09)
森田 季節、神戸新聞社 他

商品詳細を見る
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)(2012/06/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?4 (GA文庫)(2012/06/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん2 (MF文庫 J も 2-9)(2012/05/24)
森田季節

商品詳細を見る
デキる神になりますん (ファミ通文庫)(2012/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
ノートより安い恋 (Yuri-Hime Novel)(2012/03/17)
森田 季節

商品詳細を見る
落涙戦争(2012/03/07)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?3 (GA文庫)(2012/02/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん (MF文庫J)(2012/01/23)
森田季節

商品詳細を見る
ドラマCD お前のご奉仕はその程度か?(2011/11/25)
No Operating System

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?2 (GA文庫)(2011/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)(2011/10/14)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か? (GA文庫)(2011/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)(2011/05/07)
大森 望

商品詳細を見る
コミック百合姫 2011年 01月号 [雑誌](2010/11/18)
不明

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)(2010/10/21)
森田季節

商品詳細を見る
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫 JA モ)(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ (MF文庫 J も 2-6)(2010/06/23)
森田季節

商品詳細を見る
ともだち同盟(2010/06/26)
森田 季節

商品詳細を見る
桜木メルトの恋禁術(2009/09)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ〈2〉(2009/05)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ(2009/01)
森田 季節

商品詳細を見る
プリンセス・ビター・マイ・スウィート(2008/12)
森田 季節

商品詳細を見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る