fc2ブログ

茂木七郎右衛門家住宅の琴平神社・茂木本家・上花輪歴史館(千葉県野田市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。
今回も前回に続いて、千葉県野田市の醤油と関わり深い史跡を巡ります。

DSC05540 - コピー
茂木七郎右衛門家住宅の多くは登録有形文化財です。完全に裏から撮影。このあと表から入ります。


DSC05545 - コピー
もともと野田商誘銀行として作られた建物は1926年の竣工。そう、「しょうゆう」、醤油なわけです。

DSC05553 - コピー
茂木七郎右衛門家住宅正門は明治の建築で登録有形文化財。


DSC05554 - コピー
茂木七郎右衛門家住宅敷地はたまに入れる日があります。というのも大きな神社が敷地にあって、そちらに参拝する日があるため(と思われる)。というわけでそういう日を狙って野田に来た次第です。


DSC05560 - コピー
琴平神社手水舎は1872年の建築で登録有形文化財。


DSC05561 - コピー
琴平神社神楽殿は1920年の建築で登録有形文化財。


DSC05562 - コピー
琴平神社本殿は1872年の建築で登録有形文化財。


DSC05564 - コピー
琴平神社額殿(絵馬殿)は1896年の建築で登録有形文化財。屋根がかわいい。


DSC05568 - コピー
書院北・東側土塀は1905年の建築で登録有形文化財。


DSC05573 - コピー
続いて、茂木本家住宅のほうへ。煉瓦塀は昭和前期の建築で登録有形文化財。


DSC05575 - コピー
茂木本家住宅正門は1926年の建築で登録有形文化財。


DSC05580 - コピー
敷地には入れませんが多くの建物が登録有形文化財です。これは主屋か。1926年の建築。


DSC05583 - コピー
茂木本家住宅の板塀は1926年の建築で登録有形文化財。


DSC05584 - コピー
並んでる北蔵と南蔵は1926年の建築で登録有形文化財。


DSC05586 - コピー
横の家も文化財指定はされてないけど、すごい豪邸。


DSC05597 - コピー
醤油で成り立ってる街です。


DSC05601 - コピー
興風会館は1929年の建築で登録有形文化財。こういう建物も醤油資本で建ってるはず。


DSC05605 - コピー
須賀神社境内にある猿田彦神像は市指定文化財。


DSC05614 - コピー
続いて少しだけ郊外にある高梨家(上花輪歴史館)にやってきました。高梨氏は茂木氏とともに醤油醸造で活躍した一族です。長屋門は1766年の建築。


DSC05616 - コピー
お金を払って拝観。


DSC05626 - コピー
庭園へ。庭園は国の名勝。


DSC05631 - コピー
歩き回れるタイプの公園です。


DSC05636 - コピー
近くにキッコーマン(株)野田工場製造第3部れんが蔵があります。これはかっこいい!


DSC05675 - コピー
こんな感じの野田市巡りでした。駅は高架のために工事中でした。次回は日本一小さい市、蕨を巡ります。

行き方
東武野田市駅などから徒歩。
スポンサーサイト



清水公園周辺・愛宕神社・野田市市民会館など野田市の史跡(千葉県野田市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回から野田市の史跡を巡ります。過去に行った時はさっと寄るだけという感じだったので、じっくり回りました。

DSC05449 - コピー
清水公園駅から清水公園のほうへ歩いていくと、野田貝塚の表示が。明治から注目されていた貝塚です。県の史跡。


DSC05452 - コピー
清水公園はもともとあった金乗院の敷地を使ってできたものだそうです。こちらが金乗院の本堂。


DSC05464 - コピー
旧上原家住宅薬医門は幕末の建築。


DSC05468 - コピー
門の奥にある花野井家住宅は17世紀後半の建築で重要文化財。幕府の軍馬育成のための牧で働いていた牧士(もくし)の屋敷だそうです。


DSC05473 - コピー
じわじわと市街地のほうに南下していきます。懐石あた后店舗(旧茂木房五郎家住宅居住棟)は1937年の建築、土蔵は昭和前期の建築で登録有形文化財。


DSC05478 - コピー
西光院には古い地蔵像が見られます。


DSC05479 - コピー
二躯ありました。


DSC05484 - コピー
西光院は愛宕神社と一体で信仰されていました。社殿は1824年の再建と考えられるもので、本殿は県指定文化財です。


DSC05487 - コピー
本殿部分をアップで。


DSC05492 - コピー
1802年の立派な石灯籠。


DSC05495 - コピー
1433年の板碑。


DSC05503 - コピーキノエネ醤油事務所兼主屋1897
キノエネ醤油事務所兼主屋は1897年の建築で登録有形文化財。


DSC05504 - コピーキノエネ醤油旧火入場及び変電室1921
キノエネ醤油旧火入場及び変電室は1921年の建築で登録有形文化財。


DSC05505 - コピー野田市立中央小学校旧正門1917
野田市立中央小学校旧正門は1917年の建築で登録有形文化財。登録有形文化財の校舎もあるようですが、なぜか土日なのにイベントがあるのか子供さんがどんどん出入りしていて校舎にカメラ向けるのは諦めました……。
文化庁の文化遺産オンラインでは確認できます。


DSC05507 - コピー
続いて、野田市市民会館(旧茂木佐平治家住宅)のほうへ。これはもともとの邸宅の裏門か。


DSC05510 - コピー
こちらが表門か。


DSC05512 - コピー
敷地内にある野田市郷土博物館の建物は1959年の建築で登録有形文化財。展示も無料で見学できます。


DSC05514 - コピー
野田市市民会館(旧茂木佐平治家住宅)主屋は1922~24年頃の建築で登録有形文化財。内部も無料で見学できます。


DSC05517 - コピー
庭園は名勝に指定されています。近代の名園です。


DSC05518 - コピー
庭園から建物のほうを撮影。

DSC05519 - コピー
茶室は明治の建築で登録有形文化財。


DSC05641 - コピー
さて、このあと野田市の中心部へ行ったのですが、切りどころが難しくなるので先に郊外のほうを紹介します。
桝田家住宅土蔵は昭和前期の建築で登録有形文化財。煉瓦塀も明治頃の建築で登録有形文化財。


DSC05645 - コピー
桝田家住宅脇門は明治の建築で登録有形文化財。主屋は1871年の建築で登録有形文化財。


DSC05647 - コピー
江戸川の河川敷を向かいます。


DSC05651 - コピー
戸邉(とべ)五右衞門家住宅米蔵は1949年の建築で登録有形文化財。江戸川の野田上河岸にあった河岸問屋です。


DSC05665 - コピー倉庫
右は戸邉五右衞門家住宅倉庫と思われるもの。1949年の建築で登録有形文化財。


DSC05658 - コピー
戸邉五右衞門家住宅土蔵は1929年の建築で登録有形文化財。


DSC05663 - コピー
主屋は1893年の建築で登録有形文化財。
次回も野田市を巡ります。

行き方
花野井家住宅附近……清水公園駅から徒歩。
ほかも愛宕駅・野田市駅などを利用。

関宿の史跡(千葉県野田市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は関宿の史跡を巡ります。

DSC05006 - コピー
関宿は千葉県ですが埼玉県の東武動物公園駅からバスで向かいます。


DSC05010 - コピー
江戸川を渡り、埼玉県から千葉県野田市に入りました。1616年から1869年まで存続した関宿関所跡。


DSC05013 - コピー
このあたりはお寺が多いです。まず、昌福寺へ。


DSC05018 - コピー
境内には古い不動堂があります。


DSC05020 - コピー
宗英寺は入口が狸に守られていた。関宿城主で家康の異父弟の松平康元が建てたと言われています。


DSC05023 - コピー
こちらは古河公方足利晴氏の墓があります。


DSC05026 - コピー
続いて、実相寺へ。


DSC05030 - コピー
この寺は鈴木貫太郎の墓があります。


DSC05033 - コピー
こちらの客殿は関宿城本丸の一部を移築して改造したもの。


DSC05040 - コピー
続いて、鈴木貫太郎邸跡へ。記念館が建ってました。最晩年、関宿に戻ってきたそうです。


DSC05046 - コピー
光岳寺の前には巨大な銅の地蔵菩薩が。


DSC05051 - コピー
1644年に関宿に入った牧野信成の父親康成の供養塔。


DSC05057 - コピー
城みたいなのが見えますが、あれは博物館です。


DSC05061 - コピー
資料館から数百メートル離れたところに関宿城跡はあります。1705年に久世重之が入ってからは久世氏が治めました。


DSC05083 - コピー
関宿城博物館には謎のゲームがありました。


DSC05090 - コピー
だいぶ離れているので行ってませんが、関宿城埋門は今は小林家の門として残されているそうです。


DSC05094 - コピー
博物館の横でしょうゆアイスを食べる。
こんな感じの関宿巡りでした。次回は関宿から歩いて、茨城県五霞町に入ります。博物館の真ん前はもう茨城県です。

行き方
関宿の行き方は複数あるが、東武動物公園からがバスの本数が比較的多く、行きやすい。

浦安の史跡と徳願寺、船橋大神宮など船橋の史跡(千葉県浦安市・市川市・船橋市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は浦安市の史跡を巡ります。

DSC03873 - コピー
浦安駅から歩いている。江戸川の支流、境川。かつては両側に漁船がずらっと並んでいたそうです。


DSC03879 - コピー
清瀧神社へ来ました。


DSC03881 - コピー
本殿は1855年の建築で市指定文化財。


DSC03885 - コピー
境内の富士塚。


DSC03894 - コピー
続いて、すぐ近くの宝城院へ。1736年にできた庚申塔は県の有形文化財。


DSC03897 - コピー
庚申塔の下の部分。三猿が。


DSC03900 - コピー
次に大蓮寺へ。この裏門は大名黒田藩江戸屋敷の黒門です


DSC03909 - コピー
博物館のほうへ歩いていきます。その途中にある旧宇田川家住宅。1869年の建築で市指定文化財。


DSC03914 - コピー
旧大塚家住宅は幕末の建築で県指定文化財。


DSC03920 - コピー
この旧医院は1929年の建築。


DSC03924 - コピー
浦安の郷土博物館にやってきました。ジオラマみたいなセットの中に本物の建物がたくさん混ざってます。


DSC03929 - コピー
これがタダというのはすごい。船宿の左の建物は漁師の家(旧吉田家貸家住宅)で市指定有形文化財。明治後期の建築です。


DSC03940 - コピー
三軒長屋(浦安の三軒長屋)。県指定有形文化財で19世紀前半の建築。


DSC03943 - コピー
たばこ屋は旧本澤家住宅。1926年の建築で市指定有形文化財。


DSC03944 - コピー
タバコ部分をアップで。


DSC03950 - コピー
豆腐屋と茅葺きの間にある魚屋は旧太田家住宅。1905年頃の建築で市指定有形文化財。


DSC03962 - コピー
続いて市川市の徳願寺へ。山門は1775年の建築で市指定文化財。


DSC03964 - コピー
鐘楼も1775年の建築で市指定文化財。


DSC03965 - コピー
経蔵は1887年の建築で市指定文化財。


DSC03970 - コピー
本堂は1916年の建築。


DSC03976 - コピー
続いて船橋駅へ。


DSC03977 - コピー
船橋御殿跡附東照宮は市の史跡。鷹狩に出かける徳川家康のために建てられた御殿がありました。


DSC03980 - コピー
地元の人がすごく感謝していた。


DSC03983 - コピー
凄く小さいらしい。


DSC03998 - コピー
覚王寺にある難陀龍王堂は1850年の建築で市指定文化財。


DSC04011 - コピー
続いて船橋大神宮へ。境内の灯明台は1880年にできたもので県の有形民俗文化財。


DSC04014 - コピー
社殿部分。


DSC04031 - コピー
最後に西福寺へ。墓地にある宝篋印塔と五輪塔は鎌倉時代後期のもので県の文化財。
こんな感じの浦安と妙典、船橋の史跡巡りでした。次回は高岡の街並みなどを巡ります。

行き方
浦安の史跡……浦安駅から徒歩。
徳願寺……妙典駅から徒歩。
船橋の史跡……船橋駅などから徒歩。

幸谷城・増尾城など柏市郊外の城(千葉県柏市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は柏市の郊外の城を巡ります。


DSC08041 - コピー
増尾駅から歩きます。どこの駅なんだと思われそうですが、東武野田線の柏の二つ先の駅です。


DSC08042 - コピー
少し歩いていくと、萬福寺に着きます。このあたりに史跡がちょっと固まっています。


DSC08057 - コピー
このあたりに幸谷(こうや)城館跡という城跡があります。はっきり城と分かったのは割と最近なのか、城の本などでもスルーされがちです。
そして城の敷地の横に伊藤家という古い家があって、多くの建物が平成の末に登録有形文化財になりました。というより、この家の敷地の一部に城があると言うべきなのか?
この建物は土蔵。昭和初期の建築です。


DSC08059 - コピー
こちらは離れか? 昭和初期の建築です。多分、まだ人がお住まいなので、お城のほうから離れて撮影してます。


DSC08060 - コピー
多分隠居屋(主屋の可能性あり)。明治初期の建築。


DSC08068 - コピー
幸谷城館はしっきり土塁や堀が見られます。


DSC08074 - コピー
土塁のすぐ外側まで宅地化されてるので、残ってよかった。


DSC08087 - コピー
おそらく牛小屋。明治初期頃の建築。


DSC08092 - コピー
道路から見えるこの建物は多分主屋(茅葺きのほかの建物と逆になってる可能性あります)。18世紀半ばから後半の建築。その他、井戸上屋が登録有形文化財に指定されているようですが、多分外側から見える場所にはないです。


DSC08093 - コピー
このあと、増尾城のほうにやってきました。奥の森の部分がそうです。


DSC08103 - コピー
内部は城址公園になってます。なかなかの見ごたえですが、よさを写真で表現しづらい。


DSC08121 - コピー
土塁で囲まれたメインの郭二つの接続部分。


DSC08124 - コピー
離れて撮影。二つの平坦地の間がくぼまってるの、わかりますかね。


DSC08126 - コピー
広い副郭部分。


DSC08130 - コピー
こういう構造です。
こんな感じの柏の郊外巡りでした。次回は埼玉県の毛呂を巡ります。

行き方
東武野田線の増尾駅から徒歩。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: