浜松城(静岡県浜松市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は分量の少ない更新ですが、浜松城を巡ります。
これ、実家に戻る途中に浜松で途中下車して、ふらっと寄ったんですよね。
なので、本当に浜松城しか見てないんですね。

DSC05854 - コピー

バスに乗ったら割とすぐに着きます。
浜松城、意外と認識されてないですが、1570年から1587年まで家康の居城でした(それ以前は岡崎城、そのあとは駿府城、続いて江戸に飛ばされる)。
もともと引馬(ひくま)城という名前でしたが(今川の家臣の城でした)、家康に浜松城と改められました。改名理由として、引馬という地名が「馬が退(ひ)く」で敗北を意味するから縁起悪かったからではということを言ってる研究者もいます。まあ、証明しようがないですけどね、こういうことは。

DSC05863 - コピー

見たらおわかりかと思いますが、最近になって作り直した天守です。浜松城はけっこう大きな城でしたが、市街地になって消えた部分も多いです。残ってるのはその一部。

DSC05865 - コピー

石垣は全部ではないけど、けっこう古い部分が残ってます。

DSC05867 - コピー

もう一度天守を。なお、中は資料館なのですが、この日は閉まってました。年末だったんです。

DSC05868 - コピー

最初の写真にあった入口の門を逆側から。

DSC05871 - コピー

この石垣は古さを残してる部分。

DSC05872 - コピー

ちょっとギャグの入った立札。

DSC05874 - コピー

これも古いと思われる石垣部分。

DSC05880 - コピー

こんな感じの浜松城でした。バスで駅に戻ります。

行き方
浜松駅からバスで市役所下車。バス停からは建物に隠れて城が見えないので、一瞬どこだとなるが、ごく近い。


さて、発売日近づいてきました『伊達エルフ政宗』! 15日が公式発売日です! よろしくお願いします!
ブログでもいろいろやってます! ごらんください!

略歴1
あとがき

そして、『てらめぐりぶ?』も19日の発売日が近づいてきました! よろしくお願いします!

teracover20160311.jpg
サイン会もあるのでよろしくお願いします! ブログ常連の人は是非お買い求めください! 割とマジでお願いします!
こちらに書いていた。

次回から奈良シリーズです! 奈良駅前を巡ります。
スポンサーサイト

静岡浅間神社・臨済寺・霊山寺(静岡県静岡市葵区・清水区)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は静岡市の静岡浅間神社と臨済寺、さらに霊山寺あたりを巡ります。
それ、過去に行ったことあったんじゃないのかと思った人、正解です。再訪でございます。

過去の記事です。

ちなみに再訪とはいえ、前回は臨済寺は本堂修復中で実質何も見れてないに等しいので、行けてよかったです。

DSC04310 - コピー

まずは静岡浅間神社へ。
以下、過去のブログの文章を適宜流用。

DSC04310 - コピー

この神社の名称は若干不正確らしいです。というのも、ここはものすごくいろんな神社が入っていて、神部神社・浅間神社・大歳御祖(みおや)神社の三本社と4境内社をまとめた呼び方であるため(前二つは同じ場所に祀られてますので、実質メインの場所が二箇所)。
すぐ近くに駿府城があることからもわかるように家康マネーがつぎこまれたのでしょう。
まず、入る前に鳥居を撮影(これは文化財指定は受けてない)。

DSC04311 - コピー

順番としては側面から入るので、まず神部神社・浅間神社(一緒に祀ってるので建物は一つ)の総門。なお、ほとんどの建物が重文なので、とくに断っていなければ重文建築だと思ってください。すべて江戸時代のものです。ただ、側面のくせに立派な門があることからもわかるように、こっちはこっちで正面なんです。ややこしいですが、敷地内にメインの場所が二つあるので、それぞれメインの入口が異なっているわけです。

DSC04312 - コピー

総門の奥に楼門がある。二重構造。

DSC04313 - コピー

舞殿があり、その奥に大拝殿が見える。

DSC04314 - コピー

順序が前後しますが、楼門の外側にある神厩舎(しんきゅうしゃ)。

DSC04315 - コピー

続いて大拝殿を撮影。二階建て方式になってます。

DSC04316 - コピー

角度を変えてもう一枚。

DSC04317 - コピー

神部神社・浅間神社の本殿は高台にあるので上手く見えない。木が邪魔。

DSC04318 - コピー

基本的に派手な建物が多いですが宝蔵はシック。なお前回見た重文の少彦名神社は工事中で見れませんでした。

DSC04319 - コピー

もともと摩利支天堂だった八千戈(やちほこ)神社。神仏分離で改称されました。

DSC04321 - コピー

前回も思ったが、とにかく派手。

DSC04323 - コピー

続いて石段をずっとのぼっていった先にある麓山(はやま)神社へ。こちらが拝殿。

DSC04325 - コピー

こちらが本殿。上手く見えない。

DSC04326 - コピー

角度を変えて側面だけ撮影。

DSC04327 - コピー

大歳御祖神社の本殿は重文ですが、こちらも上手く見えない。なお、こちらの拝殿や楼門などは戦争で焼けてしまっています。

DSC04328 - コピー

こちらが楼門。まあ、燃えたのがここだけでよかったと考えるべきか。

DSC04330 - コピー

続いて臨済寺へ。
この背後の山に今川氏の賎機山(しずはたやま)城が築かれていました。今川氏親の代には、北川殿(北条早雲の妹)の屋敷がこのあたりにあったとか。
その後、還俗前の今川義元がここに寺を築き、家督を継ぐと、太原雪斎がこの寺の住持となりました。墓地には今川氏輝や太原雪斎、豊臣政権で駿府城をおさめていた中村一氏などの墓があります。

DSC04333 - コピー

本堂は重要文化財。家康が慶長年間に建てたもので、桃山時代の様式が残っています。かなり立派。

DSC04335 - コピー

工事してきれいに生まれ変わりました。

DSC04355 - コピー

最後に霊山寺(れいざんじ)へ。道はそんなに険しくないですが、階段です。

DSC04358 - コピー

回復スポットがあった。設定がRPG感。

DSC04359 - コピー

そんなに回復した気がしなかったけど、多分回復したのだと思う。

DSC04362 - コピー

仁王門は1516年に建てられたもので重要文化財。

DSC04366 - コピー

上から仁王門を見下ろしてみた。

DSC04373 - コピー

高台にある本堂は1756年のもの。

DSC04379 - コピー

静岡といえばおでんなので、おでんを食べました。
こんな感じの静岡市巡りでした。
まだ、もうちょっと静岡県を巡ってるのですが、すでに行ったところでもあるので、おそらく次回から京都編に入ろうかと思います!

行き方
臨済寺
静岡駅からバスで。そこまで行けば、徒歩でゆっくり静岡駅に戻って行く途中にいろんな史跡を見ていける。
なお、臨済寺経由のバス停はターミナルから離れたところにあるので注意。わからない場合は素直に案内所で聞いたほうが無難。また臨済寺前の停留所からは臨済寺も、案内板も何もなくて、地図がないとどっちに行っていいかわからなくなるのでこれにも注意したい。出て左手に曲がり、広い道を右にまた曲がると正面に門が見えてくるが、これも地図などを準備しておきたい。また、臨済寺は本堂が工事中だったので、訪れる際は確認をされたし。
静岡浅間神社
徒歩で行けなくもない距離だが、静岡浅間神社を通るバスはかなり多いので、使っても問題はない。なお、静岡浅間神社から先はバス便が複数方向に分離することもあり、臨済寺にそのまま行くものは数が減ってしまう。神社自体の敷地が相当広大なので、市街地をまわる感覚だときついかもしれない。
霊山寺は最低でも15分は登るしかないが、バス停は広い道路沿いにあるのでバスで来ると一時間近い徒歩移動距離になる。


3月に『伊達エルフ政宗』発売になります! よろしくお願いします!

20160127date_tachi.jpg

静居寺・智満寺・清水寺(静岡県島田市・静岡市葵区)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は静岡地区の一般にはあまり知られてない大きな寺などを巡ります。まあ、一般人はだいたいここで紹介される寺知らないだろうけど。

DSC04262 - コピー

まず島田市の禅宗寺院、静居寺(じょうこじ)へ。読み仮名必須の寺名。
建物のほとんどが17世紀後半の建築物のまま残っており、ほぼすべてが県の文化財になっています。なので、断らない限り、県の文化財だと思ってください。
こちらは惣門。

DSC04267 - コピー

続いて楼門。

DSC04268 - コピー

こちらが本堂。

DSC04269 - コピー

右手にある庫裏。

DSC04270 - コピー

左手にある禅堂。

DSC04273 - コピー

こちらが経蔵。

DSC04275 - コピー

開山堂は本堂と接続されてます。

DSC04278 - コピー

本堂を横から撮影。全体的に写真が暗いのは早朝すぎたからです。

DSC04279 - コピー

続いて、衝撃的な山を延々と車で進み、千葉山(ちばさん)智満寺(ちまんじ)へ。はっきり言って極めて到達の難しい寺です。
無事についたけど、まだ写真の石段をけっこう登っていかないといけない。
千葉山というのは頼朝が千葉常胤に復興させたからだと言われています。

DSC04284 - コピー

慶長年間に家康が建立したという仁王門は県の文化財。

DSC04289 - コピー

続いてある中門は今川範氏が延文年間(1356~61)に建てたと言われるもので同じく県の文化財。ただ、本当にこの時代に建ててたら9割方重要文化財だと思う。

DSC04290 - コピー

こんな山中にどうやって作ったのかと思う巨大な本堂は、1589年(天正17)、徳川家康の復興したもので重要文化財。

DSC04291 - コピー

裏側から中門を撮影。

DSC04293 - コピー

とにかく、本堂が大きすぎてびっくりする。

DSC04297 - コピー

本堂左手の階段登ったところに、薬師堂があります。これも本堂復興期に家康が作ったもので、県の文化財。

DSC04299 - コピー

内部の厨子。こちらも県の文化財の指定を受けています。
こんな感じですごく行きづらい場所にあるもののかなりいいお寺です!

DSC04342 - コピー

さて順序としてはこのあと違う寺社をはさむのですが、更新ペースの関係で先に清水寺(きよみずでら)を紹介します。日本中にこの寺の名前があるけど、ここは静岡市にあるもの。また、明らかに本家の清水寺の影響を受けてるようです。
しゃれたれんがっぽい聖天堂。

DSC04344 - コピー

鐘楼は国登録有形文化財。この文化財設定の説明をしますと、主に近代建築などが文化財指定のやつで穴になって抜けていたのでそれのカバーのために造られました。ランクで言うと、重要文化財ほどではないけど、保護していきたい建物に対して使用されます。

DSC04347 - コピー

観音堂は家康が1602年寄進したものと言われていて、県の文化財。このあと、寺は火事に遭いますがその中で残りました。

DSC04348 - コピー

本堂も国登録有形文化財。モダンな感じがかっこいい。たしかにこういう建物は重要文化財とかにまではならないが、残したい。

DSC04349 - コピー

もっと横から見ると、さらに近代的な要素と寺の要素が融合しててかっこいい。

DSC04350 - コピー

この庫裏も国登録有形文化財。ほぼ同じ時期に復興させたのか。
こんな感じの三か所の寺巡りでした。

行き方
静居寺・智満寺――どちらも同じ島田市だが、まったく場所が違う。どちらも車でないとつらいが、智満寺は極めて細い山道を延々と走っていくので、車でも危うい。対向車が来ると割と絶望的。
清水寺――静岡鉄道の音羽町駅から徒歩5分もかからない。


さて、例によって、3月発売の『伊達エルフ政宗』の宣伝です。よろしくお願いします!

20160127date_tachi.jpg

次回は以前も行った静岡の巨大神社、静岡浅間神社などを巡ります。

初山宝林寺・可睡斎・応声教院(静岡県浜松市・袋井市・掛川市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は浜名湖のあたりから少しずつ東へ移動して静岡県の史跡を見ていきます。

DSC04200 - コピー

みかんの産地なのでトイレまでみかん。

DSC04202 - コピー

まず初山宝林寺(しょさんほうりんじ)へ。金刺(かなさし)駅から一キロほどのところにあります。この地の旗本で金指近藤家の近藤貞用が1664年、明の禅僧、独湛(どくたん)を招いて建てた黄檗宗のお寺です。
近藤家は金指の近藤家と気賀(きが)の近藤家を二つあるようですが、どちらの菩提寺にもなっています。
山門は県の文化財。

DSC04208 - コピー

巨大な仏殿は開かれて間もない1667年のもので重要文化財。

DSC04209 - コピー (2)

いかにも黄檗宗という雰囲気の堂内。

DSC04209 - コピー

報恩堂も古い建築物。

DSC04214 - コピー

ここも鎮守の変わった人がいたもよう。ただし、ここの鎮守は天狗ではないよう。

DSC04216 - コピー

その龍文坊を祀っているお堂。

DSC04218 - コピー

やけに音が鳴る石。本当に金属的な高い音がした。

DSC04220 - コピー

方丈も重要文化財に最近なりました。

DSC04225 - コピー

続いて以前も行った可睡斎(かすいさい)へ。曹洞宗の大寺院です。
ここは天狗で有名ですな。

DSC04227 - コピー

仁王門をくぐって中へ。

DSC04228 - コピー

こちらが法堂か。全体的に雑多な空気があって世間の禅のイメージとちょっと違う空気が漂っている。

DSC04230 - コピー

その原因となっていると考えられる天狗。

DSC04231 - コピー

天狗!

DSC04232 - コピー

なぜ天狗がいらっしゃるかといえば、天狗信仰で有名な秋葉寺が廃仏毀釈で廃寺(現在は復活)となった時にこちらが引き継いだから。

DSC04234 - コピー

秋葉総本殿の中には天狗がたくさん。

DSC04235 - コピー

子供が来たら泣き出しそうな空気。

DSC04237 - コピー

たまらない人にはたまらない場所。

DSC04240 - コピー

こちらが外観。

DSC04241 - コピー

なお小高い丘に1911年にできた護国塔があります。県の文化財。

DSC04245 - コピー

今回のラストは菊川市にある応声教院(おうしょうきょういん)。浄土宗寺院ですが、あまり浄土宗ぽくない。なんか全体的に中華風寺院が今回多かったな。  

DSC04246 - コピー

山門は1628年のもので重要文化財。この門、徳川秀忠が生母の西郷局のために静岡市の宝台院に建てていたものを大正に移築したものです。たしか宝台院は空襲か何かで焼けたはずなので、事前の移築のおかげでこの門は残ったということだろうか。

DSC04249 - コピー

とにかく赤い。

DSC04250 - コピー

浄土宗ぽさはない。

DSC04253 - コピー

こちらが本堂。こっちも全体的に異国チック。

DSC04255 - コピー

お茶の産地だけあってお茶の地蔵様が。こんな感じの寺巡りでした。

行き方
今回も車で回った。それぞれ初山宝林寺は駅から一キロほど、ほかはバス路線があるようだが車のほうがかなり効率がいい。ただし可睡斎は駐車料金が原則有料。
初山宝林寺――拝観400円

次回はもう少し東の静岡を巡ります。

最後に軽く宣伝。
『伊達エルフ政宗』、3月にGA文庫より刊行されます。よろしくお願いします!

20160127date_tachi.jpg

龍潭寺・渭伊神社・摩訶耶寺・大福寺(静岡県浜松市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は井伊氏の菩提寺である龍潭寺を中心に巡ります。
なお、今回回る三箇所の寺と前回の奥山方広寺、次回行く初山宝林寺の五箇所を湖西五山としてPRしています。おそらく一番有名なのが龍潭寺かと思います。

井伊谷(いいのや)地区の大寺院である龍潭寺(りょうたんじ)へ。ここは井伊氏の菩提寺で、もともと違う宗派の寺だったようですが1507年に臨済宗寺院となりました。大河ドラマで井伊直虎をやるらしいので、無茶苦茶観光客が増えることが確定してます。

DSC04107 - コピー

山門は県の文化財。だいたい江戸時代の建物と考えていいかと思います。

DSC04108 - コピー

庫裏も県文化財。ここで拝観料を払います。

DSC04112 - コピー

本堂側から山門側を見る。

DSC04113 - コピー

本堂も県文化財。ただし拝観料払うと内側に入って撮影できないので写真撮った順と掲載順は違います。

DSC04114 - コピー

お稲荷さんを祀っている稲荷堂も県文化財。基本的に渡り廊下ですべてつながっています。

DSC04118 - コピー

開山堂も県文化財。

DSC04120 - コピー

井伊家霊屋(たまや)も県文化財。

DSC04126 - コピー

有名な庭園。国の名勝。小堀遠州の作庭。井伊氏が立身したから庭にも金をかけられるようになったのでしょうか。

DSC04130 - コピー

とにかく、この庭がかっこいい。これが人気なので人がたくさん来てます。

DSC04133 - コピー

しばらく庭が続きます。

DSC04134 - コピー

なんか、ほっこりとする。

DSC04138 - コピー

DSC04144 - コピー

境内に井伊氏の墓所があります。直政や直虎の墓もあるので場所をチェックしといてください。

DSC04147 - コピー

これがその墓。位置はさっきの写真でご確認ください。

DSC04155 - コピー

龍潭寺の近くに渭伊(いい)神社があります。延喜式内社なので、古くからの神社であることがわかりますが、そんなんなくても絶対とてつもなく古いことは明らか。文字通り動かぬ証拠がある。社殿の後ろにまわってみます。

DSC04160 - コピー

巨石が祀られています。
天白磐座(てんぱくいわくら)遺跡という名前で、古墳時代前期から平安時代にかけての祭祀遺跡であることがわかっています。ほぼ確実に神社の社殿なんて作る前の時代から信仰拠点だったわけです。

DSC04165 - コピー

前回飛ばしてしまった寺を見るため一度戻る。途中で昼食。別にこれだけ食べたわけではないです。

DSC04168 - コピー

そこからちょっと北上したところにあるのが摩訶耶寺(まかやじ)。ここはとんでもなく古い庭で有名です。真言宗のお寺です。
なお、庭を見るのに拝観料がいりますが、重要文化財の千手観音立像や不動明王立像、県文化財の阿弥陀如来坐像などもセットで拝観できます。写真は看板を撮ったもの。

DSC04170 - コピー

けっこう古い門から入る。
1583年の野路城の遺構と看板には書いてました。

DSC04171 - コピー

本堂は1632年の建築。

DSC04178 - コピー

庭園は平安時代末期か鎌倉時代初期と言われる池泉回遊式のもの。たしかに趣が禅宗寺院の庭などとは違う。

DSC04188 - コピー

いかにも修行用のスペースという空間がある。

DSC04195 - コピー

さらにちょっと北上していくと大福寺(だいふくじ)があります。特徴として、仁王門が寺よりやけに手前にある。もとはもっと巨大な寺院だったということだろうか。

DSC04197 - コピー

本堂エリアのほうは先のほうにある。

DSC04198 - コピー

こちらが本堂。建物は江戸時代のものがけっこうあるようです。室町時代の庭などもあるそうですが、今回は有料拝観エリアは見てません。
こんな感じの浜名湖西の寺社巡りでした。

行き方
龍潭寺――拝観500円
バスの場合は前回の奥山方広寺へ向かうのに乗って、途中のバス停で下車して少し歩く。ただ、大河ドラマ効果でバスなども増えそう。神社も近距離だが、そこそこ歩くか。
摩訶耶寺――拝観400円
前回の神明宮から北上していくと着く。歩いていけなくはない距離。
大福寺
交通機関はないので車が望ましい。


次回はもう少し東のほうを巡ります。

さて一応告知を続けておこう。3月に『伊達エルフ政宗』が出ます。よろしくお願いします!

20160127date_tachi.jpg

こっちが紹介記事になります!
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

アフィリエイト
伊達エルフ政宗 4(2017/8/11)
森田 季節

商品詳細を見る
織田信長という謎の職業が魔法剣士よりチートだったので、王国を作ることにしました(2017/7/14)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました3(2017/7/14)
森田 季節

商品詳細を見る
若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!(2017/6/23)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活 2(2017/6/20)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界お好み焼きチェーン ~大阪のオバチャン、美少女剣士に転生して、お好み焼き布教! ~(2017/6/15)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。2(2017/5/13)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2(2017/4/14)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活(2017/2/17)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 3(2017/2/14)
森田 季節

商品詳細を見る
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(2017/1/23)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(2017/1/13)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。(2016/11/12)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 2(2016/08/09)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 7(2016/06/17)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ(2016/05/25)
森田 季節

商品詳細を見る
てらめぐりぶ?(2016/04/20)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗(2016/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯3(2016/01/22)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 6(2016/01/19)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯 2(2015/09/25)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》5(2015/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 5(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)(2015/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)(2015/02/24)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 4 (ガガガ文庫 も)(2015/02/18)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2015/01/22)
森田季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/12/13)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2014/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)(2014/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 4 (オーバーラップ文庫)(2014/07/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 2 (ガガガ文庫)(2014/06/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 書き下ろしSS付き (GA文庫)(2014/04/15)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 3 (オーバーラップ文庫)(2014/03/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 (ガガガ文庫)(2014/03/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 2 (オーバーラップ文庫)(2013/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?7 (GA文庫)(2013/10/16)
森田 季節

商品詳細を見る
つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)(2013/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 1 (オーバーラップ文庫)(2013/08/25)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない- (GA文庫)(2013/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない- (GA文庫)(2013/05/16)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)(2013/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
つきたま 2 ※公務員のお仕事楽しいです (ガガガ文庫)(2013/03/19)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?6 (GA文庫)(2013/03/16)
森田 季節

商品詳細を見る
どうせ私は狐の子(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る
ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)(2013/01/18)
森田 季節:作 えいひ :絵

商品詳細を見る
つきたま ※ぷにぷにしています (ガガガ文庫)(2012/12/18)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)(2012/11/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?5 (GA文庫)(2012/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
小説 いまいち萌えない娘(2012/09)
森田 季節、神戸新聞社 他

商品詳細を見る
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)(2012/06/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?4 (GA文庫)(2012/06/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん2 (MF文庫 J も 2-9)(2012/05/24)
森田季節

商品詳細を見る
デキる神になりますん (ファミ通文庫)(2012/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
ノートより安い恋 (Yuri-Hime Novel)(2012/03/17)
森田 季節

商品詳細を見る
落涙戦争(2012/03/07)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?3 (GA文庫)(2012/02/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん (MF文庫J)(2012/01/23)
森田季節

商品詳細を見る
ドラマCD お前のご奉仕はその程度か?(2011/11/25)
No Operating System

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?2 (GA文庫)(2011/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)(2011/10/14)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か? (GA文庫)(2011/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)(2011/05/07)
大森 望

商品詳細を見る
コミック百合姫 2011年 01月号 [雑誌](2010/11/18)
不明

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)(2010/10/21)
森田季節

商品詳細を見る
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫 JA モ)(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ (MF文庫 J も 2-6)(2010/06/23)
森田季節

商品詳細を見る
ともだち同盟(2010/06/26)
森田 季節

商品詳細を見る
桜木メルトの恋禁術(2009/09)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ〈2〉(2009/05)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ(2009/01)
森田 季節

商品詳細を見る
プリンセス・ビター・マイ・スウィート(2008/12)
森田 季節

商品詳細を見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る