fc2ブログ

富山城など富山中心部の史跡(富山県富山市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は富山市の中心部分を巡ります。

DSC04899 - コピー
北陸銀行本店は1961年の建築です。登録有形文化財。戦後の富山の代表的な大型建築らしい。


DSC04900 - コピー
越中反魂丹のお店。


DSC04903 - コピー
光厳寺はもともと神保氏の菩提寺だった寺で、越中前田氏の菩提寺にもなりました。


DSC04911 - コピー
強調。


DSC04925 - コピー
桜橋は1935年の建築で登録有形文化財。


DSC04933 - コピー
富山県庁舎本館は1935年の建築で登録有形文化財。


DSC04935 - コピー
正面から離れて撮影。


DSC04943 - コピー
富山城にやってきました。野面積み。


DSC04947 - コピー
千歳御門は1849年の建築で市指定文化財。富山城の中で現存する貴重な部分です。


DSC04949 - コピー
裏側から撮影。


DSC04950 - コピー
富山市郷土博物館は1954年の戦後の建築ですが登録有形文化財。


DSC04961 - コピー
石垣もかっこいいです。


DSC04968 - コピー
堀の外から撮影。


DSC04974 - コピー
こんな感じの富山の中心部の史跡巡りでした。回転寿司でも、関東ではお目にかかれない名前の魚がたくさんありました。

DSC04978 - コピー
東京では食べられない寿司をいろいろ食べました!
次回は関宿の史跡を巡ります。

行き方
今回の範囲は市内電車を活用すると便利。

スポンサーサイト



富山市民俗民芸村周辺と東岩瀬の街並み(富山県富山市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は富山の民俗民芸村と東岩瀬の街並みを巡ります。

DSC04728 - コピー
富山駅からスタート。富山市の郊外に民俗民芸村という地区があるのでバスで移動します。


DSC04733 - コピー
陶芸館からスタート。明治27(1894)年にできた富山の豪農の家でしたが1980年に移築されました。登録有形文化財。


DSC04735 - コピー
展示されていたリャマ型壺。


DSC04741 - コピー
次は民俗資料館へ。こんな感じで建物ごとがそれぞれ資料館になっていて、一つずつお金を払って見学するシステムです。


DSC04744 - コピー
ここも展示が楽しいです。


DSC04752 - コピー
続いて、民芸合掌館へ。


DSC04757 - コピー
佐々成政が剃髪した場所だそうです。本当だろうか。


DSC04762 - コピー
民俗民芸村は施設ごとにお金を払うシステムなので入場ゲートとかはなくて、そのまま丘沿いに寺があるような道に続きます。信行寺は参拝客用にケーブルカーがあります。すごい。


DSC04769 - コピー
長慶寺は五百羅漢で有名です。


DSC04776 - コピー
このまま進んでいくと、長岡御廟のある真国寺があります。富山藩主前田家の墓所です。


DSC04781 - コピー
藩主の墓が並んでます。


DSC04789 - コピー
バスの時間があわないので歩いて富山駅方面に戻ります。たぶん30分弱。山が壁のようになっている。


DSC04792 - コピー
富山ということで富山ブラックを食べる。


DSC04796 - コピー
続いて岩瀬のほうへ向かいます。


DSC04797 - コピー
鉄道むすめがいる。


DSC04802 - コピー
1924年にできた東岩瀬駅。


DSC04805 - コピー
琴平神社にあった背の高い常夜灯。1865年のものです。


DSC04816 - コピー
日本人で初のシベリア横断をしたという嵯峨寿安の頌徳碑。


DSC04822 - コピー
ここから東岩瀬の街並みを歩いていきます。加賀藩の主要な港町の一つでした。


DSC04827 - コピー
予想ですが、将来的に重伝建地区に指定されそうです。古い建物がかなり残っています。


DSC04835 - コピー
この地区のメインの北前船の廻船問屋森家へ。1878年の建築で重要文化財。


DSC04836 - コピー
入り口部分をアップで。


DSC04839 - コピー
隣も立派。こちらは馬場家。1877年の建築で登録有形文化財。


DSC04840 - コピー
もう少し右側も撮影。


DSC04848 - コピー
裏手の西門及び西塀は明治の建築で登録有形文化財。


DSC04850 - コピー
多くの建物が登録有形文化財になってます。


DSC04868 - コピー
こういう風景が続きます。


DSC04879 - コピー
ひとつひとつがお屋敷です。
次回は富山市の中心部を巡ります。

行き方
民俗民芸村……富山駅からバス。
東岩瀬の街並み……東岩瀬駅などから徒歩。

滑川の史跡(富山県滑川市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は滑川の史跡を巡ります。
この街は登録有形文化財が大量にあります。

DSC04618 - コピー
駅からスタート。


DSC04621 - コピー
駅から割と近い称永寺は蜷川氏(新右衛門さんの一族)が開いたとされる寺です。


DSC04626 - コピー
北陸道滑川宿を歩きます。1815(文化12)年の石灯籠。


DSC04626a - コピー
延喜式内社の櫟原(いちはら)神社一の鳥居は1860年の建築で登録有形文化財。


DSC04626b - コピー
社殿の前の二の鳥居は1921年の建築で登録有形文化財。


DSC04629 - コピー
拝殿は1915年頃の建築で登録有形文化財。


DSC04631 - コピー
本殿は1872年の建築で登録有形文化財。唐破風屋根がかっこいい。


DSC04637 - コピー
神社の裏は今でもすぐ海。


DSC04641 - コピー
宿場の中を行きます。


DSC04651 - コピー
小沢家住宅店蔵は明治後期の建築で登録有形文化財。


DSC04656 - コピー
廣野医院は1932年の建築で登録有形文化財。


DSC04659 - コピー
廣野家住宅主屋は1914年の建築で登録有形文化財。


DSC04667 - コピー
ホタルイカのキャラと思われる。


DSC04672 - コピー
滑川館本館は明治の建築で登録有形文化財。道具蔵も文化財指定されてますが、多分見えません。


DSC04675 - コピー
城戸家住宅主屋は味噌醤油の醸造業をしていた家です。明治初期の建築で登録有形文化財。


DSC04678 - コピー
有隣庵(旧土肥家住宅)主屋は1867年の建築で登録有形文化財。


DSC04681 - コピー
旧宮崎酒造店舗兼主屋は江戸時代後期の建築で登録有形文化財。蔵も多くが登録有形文化財になっています。


DSC04691 - コピー
菅田家住宅主屋は明治の建築で登録有形文化財。


DSC04697 - コピー
養照寺本堂は1916年頃の建築で登録有形文化財。


DSC04698 - コピー
妙に接近して撮影したのは、離れると風雪防ぐ覆いでなんか締まらないからです。まあ、風雪対策としてしょうがないですよね。海もかなり近い場所ですし。


DSC04702 - コピー
街道の分かれ道。


DSC04703 - コピー
加積雪嶋神社はちょうどそういう場所にあります。


DSC04712 - コピー
田中小学校旧本館は1936年の建築で登録有形文化財。


DSC04725 - コピー
駅に戻ってきました。やっぱりイカ推し。


DSC04726 - コピー
最後までイカでした。
次回は富山市の民俗民芸村を巡ります。

行き方
滑川駅から徒歩で回れる。

高瀬神社と井波の瑞泉寺(富山県南砺市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は井波周辺を巡ります。高岡の南のほうでは代表的な観光地の一つです。

DSC04448 - コピー
まず井波に入る前に少し手前の高瀬神社へ。越中一宮の一つです。


DSC04455 - コピー
こちらが社殿。


DSC04463 - コピー
神社から井波までは歩けない距離じゃないのでてくてく歩きました。旧井波駅舎は1934年の建築で登録有形文化財。鉄道路線は廃止されてますが、寺社建築風の駅舎はしっかり残ってます。


DSC04470 - コピー
井波の中心部へと歩いていきます。


DSC04481 - コピー
瑞泉寺への門前。


DSC04485 - コピー
翁塚と黒髪庵のほうへ。


DSC04488 - コピー
黒髪庵は1810年の建築で市指定文化財。


DSC04490 - コピー
翁塚は1700年に建てられた芭蕉をしのぶ塚。


DSC04492 - コピー
この銀行っぽい建物も立派ですね。


DSC04495 - コピー
斎賀家は幕末の建築で登録有形文化財。


DSC04500 - コピー
瑞泉寺にやってきました。門前の巨大石垣。


DSC04502 - コピー
入り口部分。


DSC04503 - コピー
自販機がかわいすぎる。


DSC04505 - コピー
にゃむあみだぶつ。


DSC04508 - コピー
瑞泉寺山門は1809年に完成したもので県指定文化財。総ケヤキづくりの浄土真宗のゴージャスな山門です。


DSC04513 - コピー
細かいところまでとにかく派手。
この瑞泉寺は越中の一向一揆の拠点で、そのあとも井波の中心です。


DSC04520 - コピー
式台門は1792年の建築で市指定文化財。


DSC04524 - コピー
この太鼓堂の建築は1842年の建築で市指定文化財。


DSC04529 - コピー
庫裏もとてつもなくデカい。


DSC04533 - コピー
いろんな部分がとにかく造作立派です。


DSC04542 - コピー
渡り廊下。


DSC04544 - コピー
本堂。


DSC04546 - コピー
鐘楼。


DSC04547 - コピー
本堂隣の太子堂。1918年の建築。


DSC04548 - コピー
本堂を斜めから。


DSC04558 - コピー
門前の宿もかっこいいです。


DSC04571 - コピー
松島の大杉。
こんな感じの井波巡りでした。次回は富山県の滑川の史跡を巡ります。

行き方
井波へは城端線の主要な駅からバスが出ている。また城端線の駅からタクシーで行けなくもない距離と値段。

埴生護国八幡宮・安居寺・巌浄閣(富山県小矢部市・南砺市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は石動駅のあたりから、福野駅のほうに移動しました。

DSC04320 - コピー
石動駅から歩いて、すごく久しぶりに埴生(はにゅう)護国八幡宮にやってきました。木曽義仲の倶利伽羅峠の戦いも近いです。


DSC04327 - コピー
社殿は重要文化財です。拝殿と幣殿部分は1646年の建築。


DSC04329 - コピー
横から撮影。


DSC04338 - コピー
本殿をアップで。こちらは1600年の建築。


DSC04348 - コピー
続いて、少し石動駅の逆側も歩きました。こちらは消防神社。


DSC04354 - コピー
城らしき部分。


DSC04359 - コピー
石動駅に戻ってきました。ここからタクシーで移動しました。


DSC04360 - コピー
寺をめあてに来たのですが、目の前に別の文化財もありました。冨田家住宅は建物の多くが登録有形文化財。目の前の長屋門は江戸時代後期の建築で登録有形文化財。


DSC04365 - コピー
住宅部分は1928年の建築で登録有形文化財。


DSC04366 - コピー
後ろの蔵3つも明治や昭和初期のもので登録有形文化財です。


DSC04381 - コピー
すぐ奥の安居寺(あんごじ)へ。仁王門は1662年の棟札が残ります。市指定文化財。


DSC04384 - コピー
観音堂は1766年の建築で県指定文化財。


DSC04394 - コピー
門前の猫。


DSC04398 - コピー
トトロなバス停。


DSC04402 - コピー
典型的な防風林が。


DSC04413 - コピー
福野の市街地まで歩いてきました。恩光寺の三門は1652年の大火の時に移築したものといわれ、市指定文化財。


DSC04415 - コピー
境内。


DSC04421 - コピー
この建物も立派。


DSC04424 - コピー
こちらは西方寺。


DSC04428 - コピー
何か観察中。


DSC04436 - コピー
最後に巌浄閣へ。もともと県立農学校本館として明治36年に建てられたものです。重要文化財。


DSC04443 - コピー
福野駅にやってきました。バスの時刻が微妙にあわなかったので、またタクシーを使って移動しました。タクシーで井波へ。
こんな感じの石動と福野周辺巡りでした。
次回は井波周辺を巡ります。

行き方
埴生護国八幡宮……石動駅から徒歩で行けなくはないがちょっと遠い。
安居寺……コミュニティバスがあるが使いづらい。
福野駅周辺……徒歩圏内。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: