fc2ブログ

西九州新幹線と本経寺・旧円融寺庭園・玖島城など大村の街並み(長崎県大村市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は長崎県の大村を巡ります。

DSC00018 - コピー
まず西九州新幹線に乗って長崎まで行ってきました。


DSC00033 - コピー
早く博多まで新幹線だけでつながってほしい。


DSC00046 - コピー
このあと、長崎から引き返して在来線だけで大村駅までやってきました。ここから徒歩で巡ります。なお、新幹線は隣の新大村駅に停まりますが、新大村周辺は大村市の観光地からはちょっと離れ気味です。


DSC00047 - コピー
まずは本経寺へ。


DSC00054 - コピー
ソテツと本堂。


DSC00057 - コピー
義犬華丸の墓。江戸時代前期、飼い主が死んだことを悲しんで、火に入って死んだと言われてます。


DSC00063 - コピー
こちらには大村藩主の大村家の墓所があります。国の史跡。こちら、大名家の規模に対して、墓がものすごく豪華です。一説に、戦国時代にキリシタン大名がいたため、キリシタンじゃないと示すために墓を立派にしたみたいな話がありますが、そんなの一次史料で語ってるわけないので証明はけっこう難しそうですね。


DSC00068 - コピー
いろんなタイプのお墓があります。


DSC00073 - コピー
石造物を作ること自体に目的があるというぐらいに、石灯籠が多い。


DSC00079 - コピー
続いて富松神社へ。


DSC00085 - コピー
こちら領主のキリシタン改宗関係で焼かれたというようなことが縁起に書いてあって、なかなか興味深かったです。一般論ですけど、他人に非寛容なのはよくないですね。


DSC00095 - コピー
神社の奥から高台に上がると、かつての大村氏の居城だった三城(さんじょう)の城跡に出ますが、遺構はほぼないです。ただ周囲より明らかに高い丘なので、防御はできそう。


DSC00100 - コピー
武家屋敷の通りがいくつか残っています。福山家五色塀。なんかお菓子っぽい見た目だな。


DSC00106 - コピー
護国神社の旧円融寺庭園は国の名勝。ただ、ややこしいのは、メインの庭園の下にある階段下のところにある池も庭園と言えば庭園なんですよね。文化庁などのページを見るに、この部分の写真が一切ないので、名勝指定の部分とは考えないということでしょうか。


DSC00112 - コピー
お寺は1652年に藩主に創建されたものですが、明治になって廃寺になって護国神社となったようです。庭園は荒れていたようですが、戦後復興されました。写真の奥。


DSC00118 - コピー
こういう庭園です。


DSC00128 - コピー
長崎府判事だった楠本正隆の旧宅。県指定有形文化財です。


DSC00132 - コピー
休館日でした。町に設置されてる案内板に写真がありましたが、こんな建物だそうです。


DSC00134 - コピー
武家屋敷を歩く。


DSC00139 - コピー
踏切とセットにすると、なんかかっこよくなりますね。上小路(うわこうじ)という武家屋敷では最も長い通りだったようです。


DSC00146 - コピー
違う通りへ。家があまりにも立派過ぎる。たぶん、稲田家家老屋敷。


DSC00154 - コピー
なかなかかっこいい道です。


DSC00160 - コピー
こちらは中尾元締役屋敷。元締役が役職の名前です。


DSC00164 - コピー
ちょっと移動。藩校だった五教館(ごこうかん)御成門(おなりもん)。県の史跡。


DSC00168 - コピー
玖島城跡に来ました。


DSC00171 - コピー
大名の規模に対して、城が巨大すぎます。


DSC00174 - コピー
湾に突き出る波止。


DSC00182 - コピー
お船蔵跡が残ってます。いわゆるドックですかね。


DSC00197 - コピー
城の中心部へ入ります。


DSC00204 - コピー
本丸部分には藩主を祀る大村神社があります。
けっこう大村市街地を歩きました。
次回は嬉野市の温泉とは違う場所を巡ります。

行き方
大村市街地はそこそこ歩くので、徒歩で全部回るのはけっこう疲れる(が、無理というほどでもない)。本経寺と三城あたりだけが逆方向なので、そのあたりを見て、一気に玖島城にタクシーなどで向かうと効率はよさそう。
スポンサーサイト



天祐寺・高城神社・眼鏡橋・慶巌寺など諫早の史跡(長崎県諫早市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は諫早の史跡を巡ります。

DSC06142 - コピー
本諫早駅からスタート。ここから諫早駅までぶらぶら歩きます。



DSC06144 - コピー
駅からしばらく歩くと天祐寺に着きます。江戸時代の領主の諫早氏(元、龍造寺氏)の菩提寺です。
とはいえ、戦国時代の末、ここの住職は領主の西郷氏の一族。西郷氏が滅びそうになってるところに住職も普通に龍造寺氏などにケンカ売って寺も一回滅亡したそうです(『長崎県の歴史散歩』)。よく、そこを菩提寺にしようとしたな……。



DSC06145 - コピー
島原の乱の戦没者追悼碑がお寺に建ってました。1672年のもの。諫早も島原に近いので領主の諫早氏が出陣しました。死者92人というから、だいぶ死んでますね……。



DSC06155 - コピー
天祐寺から道路を挟んだところに高城神社があります。



DSC06156 - コピー
狛犬がアグレッシブすぎる。



DSC06159 - コピー
こちらが社殿。



DSC06163 - コピー
このあたりは戦国時代、西郷氏の城跡でした。遺構がうっすら残ってます。



DSC06167 - コピー
上に上がっていきました。虎口部分らしいですが、だいぶ人の手が入ってるので、若干疑わしく感じます……。



DSC06172 - コピー
本丸付近の平地。



DSC06183 - コピー
本丸から下ってきました。
眼鏡橋は1839年の建築で、重要文化財。



DSC06184 - コピー
もう一枚撮影。



DSC06193 - コピー
かっこいい!



DSC06195 - コピー
摩崖仏がごつごつした岩に彫られている慶巌寺(けいがんじ)に来ました。



DSC06198 - コピー
なかなかの威容。



DSC06200 - コピー
境内に1351年にできた名号石が建ってます。長崎県指定有形民俗文化財。



DSC06205 - コピー
諫早駅前のほうに来ました。諫早神社が川のそばに鎮座しています。



DSC06210 - コピー
こんな感じの諫早巡りでした。新幹線がもうすぐ走るので、完全に新幹線仕様になってますね。



DSC06222 - コピー
夜は佐世保駅前で自衛隊カレーをいただきました。
次回は佐賀県の温泉地、武雄を巡ります。

行き方
諫早は本諫早駅から諫早駅方面に歩いていくと、一番効率よく回れる。

神代鍋島邸と神代の武家屋敷の街並み、鳥居小さすぎる淡島神社(長崎県雲仙市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は島原半島の北部の鍋島藩の飛び地、神代を巡ります。
1608年に鍋島直茂の兄である鍋島信房という人が初代でやってきて以来、江戸時代通じて神代鍋島氏が領していました。

DSC06098 - コピー
駅から出て数分、領主がいた旧鍋島家住宅に来ました。
この建物は多分文化財指定されてないです。



DSC06099 - コピー
雲仙市神代小路は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。武家屋敷の景観が残ってます。



DSC06100 - コピー
鍋島家の入り口部分がかっこいい。


DSC06100a - コピー
長屋門は江戸時代末期の建築で重要文化財。



DSC06102 - コピー
旧鍋島家住宅の主屋は1930年の建築で重要文化財。



DSC06104 - コピー
主屋につながっている茅葺の隠居棟は江戸時代中期から後期にかけての建築で重要文化財。さらにつながってる右手の土蔵は明治の建築で重要文化財。



DSC06105 - コピー
庭園の高台から撮影。正面は明治の建築の御座敷で重要文化財。左側は主屋の後ろ部分。



DSC06106 - コピー
もう一枚撮影。



DSC06107 - コピー
庭園。



DSC06109 - コピー
主屋の正面入り口。



DSC06110 - コピー
長屋門を後ろから撮影。



DSC06114 - コピー
垣根も武家屋敷の並びのものです。家臣が住んでたんでしょう。



DSC06115 - コピー
この道の両側が高くなってますが、お城だった時代の名残です。鶴亀城(別名神代城)といいます。左手側が今は神代神社があるところで、本丸だった側。右手が多分、二の丸だった土地です。



DSC06119 - コピー
神代神社。



DSC06120 - コピー
江戸時代の武家屋敷の景観が残ってます。



DSC06122 - コピー
これは元武家屋敷だな。



DSC06124 - コピー
続いて淡島神社にまでやってきました。ここはとある鳥居で有名です。



DSC06125 - コピー
末社の道祖神は……うん、そういう形してますね……。



DSC06128 - コピー
この淡島神社、鳥居が異常に小さいんです!



DSC06129 - コピー
くぐるより、飛び越えるほうが楽そうだ。



DSC06130 - コピー
高さがソフトカバーや新書程度の本を置いてみた。だいたい、くぐれる空間が本2冊分ぐらいの高さしかないな……。



DSC06131 - コピー
隣りの摂社の鳥居と比べても明らか。
こんな感じの神代巡りでした。次回は諫早を巡ります。

行き方
島原鉄道神代駅より徒歩。ただし、淡島神社は少し遠い。
鍋島邸拝観料300円

島原城・武家屋敷(長崎県島原市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。


前回の続きで、島原を巡ります。今回は主にお城と武家屋敷のエリアです。

DSC05998 - コピー
早速、お城の石垣から。言ってはなんですが、大名の格や石高に対して城が立派すぎる。こういうの作るために税を増やしたりしたら反乱起こるきっかけにはなるよな……。



DSC06001 - コピー
石垣に面した道の向かいに佐久間邸という武家屋敷跡があります。石塀が特徴的。



DSC06004 - コピー
堀が深い。



DSC06010 - コピー
櫓などは復元したものです。



DSC06012 - コピー
カクカクしている。



DSC06015 - コピー
どの角度から見てもそれぞれかっこいいです。無理して作ったことで、今の時代に観光地になってるので、これはこれでいいのだろうか。観光客としては立派なほうがありがたいのですが……。



DSC06019 - コピー
左側のほうが大手門です。実質、そっちからしか入れないです。島原駅からまっすぐ進むと、一枚目の写真の石垣あたりが見えてきます。城のお尻側ですね。



DSC06023 - コピー
明らかに復元ですよね。



DSC06026 - コピー
島原城御馬見所(おんうまみしょ)は江戸時代後期の建築で登録有形文化財。江戸時代の建物で残ってるのはこれぐらいか。



DSC06033 - コピー
天主があるのが本丸部分で、隣に二の丸という曲輪があります。左側の建物が建ってるエリアです。



DSC06035 - コピー
寒(かん)ざらしというこの土地のスイーツをいただく。もち米で作った団子が黒砂糖の蜜に入ってる食べ物です。



DSC06036 - コピー
ご当地ジュースもよい。



DSC06040 - コピー
武家屋敷のほうに移動します。時鐘の楼閣は復元したもの。



DSC06044 - コピー
やはり、石塀に南国っぽさを感じる。



DSC06045 - コピー
真ん中の溝には水が流れてます。排水ではなくて、飲料用にも昔は使ってたようです。そりゃ、排水は道の真ん中に流さないですね……。



DSC06047 - コピー
てくてく歩いていきます。



DSC06049 - コピー
いくつか武家屋敷が残ってます。島田邸。



DSC06062 - コピー
篠塚邸。



DSC06065 - コピー
明治元年にできた山本邸。



DSC06074 - コピー
今は住宅地になってるところも名残があります。藩校跡。



DSC06076 - コピー
まあまあ城から離れた住宅地の角にある小早川家。門は江戸時代後期の建築で登録有形文化財。塀も江戸時代中期から後期頃のもので、登録有形文化財。
このあたりは上級武家町でした。今、観光地になってる武家屋敷エリアはそれと比べると下級のはず。



DSC06077 - コピー
奥に見えるうっすら主屋は1898年の建築で登録有形文化財。



DSC06078 - コピー
角地の煉瓦塀のほうは明治のもので登録有形文化財。



DSC06080 - コピー
今でもいろんなところで水が湧いてます。



DSC06082 - コピー
見るものは見たので駅のほうへ向かいます。左側の煙突は前回最後のほうに見た宮崎商店の煙突。1906年の建築で登録有形文化財。
こっちからは手前にある焼酎蔵は1906年の建築で登録有形文化財。



DSC06083 - コピー
島原駅に到着。やけに立派!



DSC06091 - コピー
駅の前がすぐ海だった大三東(おおみさき)駅は干潮の時間になってたのか、ちょっと陸地っぽくなってました。

こんな感じの島原めぐりでした! 次回は島原半島の北部にある鍋島藩の飛び地、神代(こうじろ)を巡ります。

行き方
島原城および武家屋敷はどちらも島原鉄道島原駅から徒歩で行ける。城は天守以外は入場料はかからない。本丸の敷地内にある売店・土産物コーナーで寒ざらしなども食べられる。

護国寺・水屋敷の街並み・島原街道の古い建築(長崎県島原市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回からは島原を巡ります。

DSC05895 - コピー
HAPPYな駅。



DSC05905 - コピー
ホームからすぐに海に行ける大三東(おおみさき)駅。ここまで近いとは。なお、有明海なので、干潮の時間は潮干狩りとかできそうな景色になってます。



DSC05909 - コピー
雲仙岳が迫ってます。



DSC05921 - コピー
街のいろんなところで湧き水がどばどば出てます。ちなみに市街地からちょっとズレたところで降りました。



DSC05922 - コピー
まず、商店街に面している江東寺へ来ました。



DSC05926 - コピー
島原の乱の時、幕府上使としてやってきて戦死した板倉重昌の墓があります。



DSC05927 - コピー
その隣に松倉重政の墓もあります。名前似てるのでややこしい。島原藩に移ってきて、島原城を建てて、年貢たくさん取って、島原の乱の遠因になったと言われてる人です(本人は乱の何年も前に死んでる)。
リアルタイムで暮らしてて年貢多く取られたら最悪だろうけど、こういう建物や街作りに気合入れたりする為政者は現地行くと、街作りやったせいか、割と評価されてたりするんですが、若干この人もそういう感じがある。たしかに今の人間にとったら、島原城が立派なのはありがたいからですからね……。



DSC05933 - コピー
島原街道に面してる西川家住宅は1909年の建築で登録有形文化財。



DSC05938 - コピー
白土湖(しらちこ)は1792年の普賢岳の火山活動で地割れが起きて、水が湧いて、できたものです。今は大きい池というレベルでとどまってますが、湧いた直後はシャレにならなかったらしい。



DSC05943 - コピー
続いて護国寺へ。



DSC05946 - コピー
護国寺には島原で戦死した龍造寺隆信の墓があります。



DSC05954 - コピー
庭園などがけっこう残るエリアに来ました。このへんは水屋敷と呼ばれてるらしいです。島原は水が湧きすぎるので庭園として使ってます。



DSC05959 - コピー
角地に建つ島﨑家住宅主屋は1869年の建築で登録有形文化財。



DSC05962 - コピー
一本大通りに出たところにあるマルイチ葬祭斎場(旧小林家住宅酒蔵)は明治後半の建築で登録有形文化財。



DSC05963 - コピー
しまばら湧水館(旧三村家住宅)主屋は1935年頃の建築で登録有形文化財。



DSC05964 - コピー
こんな建物です。



DSC05967 - コピー
旧伊東家住宅(四明荘)主屋は明治後半の建築。こちらも登録有形文化財。ここは庭園も面白いのでお金払って入りました。



DSC05969 - コピー
縁側のすぐ下が池! この庭園は国の名勝に指定されています。



DSC05971 - コピー
たしか隣も池に面してます。とにかく、湧きまくっている。



DSC05974 - コピー
縁側から餌をあげたら、けっこう寄ってきました。



DSC05980 - コピー
お城の近くにやってきました。
猪原金物店は1861年の建築で登録有形文化財。この通りに古い建築が集中してます。



DSC05982 - コピー
清水家住宅は明治の建築で登録有形文化財。



DSC05983 - コピー
中野金物店のレンガの防火壁は大正のもの。登録有形文化財。



DSC05984 - コピー
レンガ右側の中野金物店も大正のもので登録有形文化財です。



DSC05985 - コピー
鵜殿家住宅も登録有形文化財です。左側の平入の町家が旧主屋で1842年の建築。右奥の主屋が大正の建築。割と最近、旧主屋のほうをなおしたので、新旧が逆に見える。



DSC05987 - コピー
THE街道の風景。実際、島原街道のはずです。



DSC05989 - コピー
街道を進んでいきます。宮崎商店の店舗は1906年の建築で登録有形文化財。後ろの焼酎蔵や煙突も文化財指定されています。



DSC05992 - コピー
保里川家住宅は江戸時代後期の建築で登録有形文化財。このあたりで左折します。



DSC05994 - コピー
やたらと目立つ青い理髪舘(旧小林理髪舘)! 大正の建築で登録有形文化財です。
こんな感じで城下町のレトロ建築を見て回りました。

次回は島原城や武家屋敷の街並みを巡ります。

行き方
護国寺や白土湖などは島原の街の中心部よりだいぶ南にあるため、島原駅の一駅先の霊丘公園体育館駅のほうが便利。今回はそこから歩いた。ここからなら、基本的に北上していけば、だいたいの史跡を見られるので効率が少しいい。
島原城とその周辺だけに行く場合は島原駅がかなり近い。

カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: