袋田の滝・来迎院・大田城跡(茨城県久慈郡大子町・常陸太田市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は袋田の滝あたりをめぐります。ここは凍結したところが有名なのですが、初夏は初夏で(行った時は初夏)いい味が出ています。あと、がらがらでゆっくり見学できます。

DSC00447 - コピー

無料駐車場はかなり手前にあるので、そこで止めて歩いていくことに。

DSC00454 - コピー

滝だけあって、やっぱり不動明王のお堂が手前にある。

DSC00455 - コピー

ここがお堂。

DSC00458 - コピー

滝は有料。300円を払って中へ。トンネルをくぐって正面に行きます。

DSC00462 - コピー

デカい石がごつごつしている。

DSC00463 - コピー

これは低いところから撮影。あとでエレベーターで高いところにも行ける。高さ約120メートル、横幅70メートルの巨大な滝です。

DSC00467 - コピー

別名四度の滝と言うそうですが、たしかに何段にもなっている。

DSC00469 - コピー

もちろん滝の落ちた先は渓谷のようになっている。

DSC00474 - コピー

この丸っこい石のエリアも面白い。

DSC00477 - コピー

豪快と言うよりは帯になってやさしい感じ。まあ、サイズが巨大だから豪快なんですけど。

DSC00479 - コピー

高い所から撮影。

DSC00482 - コピー

とにかく何段にもなってるのがわかってもらえるかと。

DSC00489 - コピー

この絶景を見に来た人がほとんどいなかった。初夏はオフシーズンなのだろうか。ありがたい。

DSC00493 - コピー

猫が道の邪魔。

DSC00497 - コピー

このあと、常陸太田市の来迎院へ寄りました。楼門は1670年のもので県の文化財。

DSC00500 - コピー

仁王様がなんかコミカル。

DSC00502 - コピー

阿弥陀堂は1718年のもので県の文化財。なかなかに立派でいい風格。

DSC00506 - コピー

もう一枚撮影。

DSC00507 - コピー

地味にいいスポットでした。(車動かしてくれた友人談)

DSC00516 - コピー

最後に太田城(別名舞鶴城)の跡地へ。といっても完全に跡地で城は何も残ってないです。佐竹氏の城で、戦国末、北条との戦いに備えて大幅に城を拡張させたらしい。

DSC00517 - コピー

若宮八幡宮はもともと太田城の中にあったもの。微妙に神社部分が高くなってますが、これも城の跡地の名残と考えられる。

DSC00519 - コピー

神社あたりから撮影。明らかに周囲より高いのがわかる。

DSC00522 - コピー

この段差も城の段差ではないか。

以上、袋田の滝などの史跡めぐりでした!
次回はまたもう少し東京の近辺に戻ります。

行き方
袋田の滝 拝観300円。
車で行く時は手前に無料駐車場がある。奥まで行くと、有料のものしかなくなるので注意。袋田駅から徒歩でも行けるが1キロ以上ある。滝までの道自体は特にアップダウンもない。
来迎院は恐らく車でしかアクセス不可能。
太田城のあたりは常陸太田の中心地。常陸太田駅からはバスが必要な距離。

スポンサーサイト

八溝山・近津神社・蒟蒻神社・佐竹寺(茨城県久慈郡大子町・常陸太田市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は八溝山(やみぞさん)のあたりをめぐります。住所としては茨城県と書きましたが、栃木・福島・茨城の三県の間ぐらいにあります。
DSC00385 - コピー

公共交通機関で行くのが絶望的な場所にあるので車で行くしかない。登り口は茨城県ですが、高速道路の関係で栃木県から行くほうが楽っぽい。7時に埼玉県の大宮付近を出て、10時半ぐらいに到着したはず。

DSC00391 - コピー

道はけっこう急。なお、もっと奥まで車で行くことも可能。そこまで行くつもりだったが勘違いして、結局累計10キロぐらい歩いた気がする。

DSC00394 - コピー

マジでけっこう険しくてつらかった。

DSC00400 - コピー

このあたりはよく湧き水が湧いたらしくて、今でもちょろちょろ出てるところがあります。

DSC00408 - コピー

頂上にある八溝嶺(やみぞみね)神社へ。なぜか馬の置物がいた。典型的な山の神社。延喜式内社です。最低千年以上は祀られてるということか。

DSC00410 - コピー

頂上の割に社殿はしっかりしていた。

DSC00411 - コピー

うさんくさすぎる展望台。

DSC00412 - コピー

なかなかの風景でした。

DSC00415 - コピー

高さとしてはそれほどではない。ぎりぎり1000メートルといったところ。

DSC00417 - コピー

頂上付近から少し下ったところに日輪寺があります。ここは坂東三十三箇所観音霊場。坂東とはいえ、ほぼ東北みたいな場所にある。ここで100観音霊場満願を達成しました! やったね! 圧倒的感謝!
なお、観音霊場とは思えないほどに寺としては小さいです。山の上でしかも火事にもあってるのでやむをえないですが。

DSC00419 - コピー

ここにも馬がいる。なんでや。

DSC00423 - コピー

無事に下山。山のある上野宮地区から、下野宮地区まで降りてきたところに近津神社が。八溝川と久慈川の合流地点あたりにあります。

DSC00431 - コピー

ここは杉が巨大で有名。県の天然記念物で、源義家の伝説があります。

DSC00432 - コピー

社殿もなかなか立派だった。

DSC00438 - コピー

続いて常陸大子の駅から一キロぐらいのところにある十二所神社――の左手に別の神社があります。

DSC00441 - コピー

これがその社殿ですが、これだけじゃただの神社なので、神社の名前を拡大。

DSC00442 - コピー

一瞬、何て読むかわからない人もいるかもしれないですが(でもどこかで絶対見たことあると思う)、こんにゃく。こんにゃく神社です。このあたりはこんにゃくが特産品らしいです。

DSC00508 - コピー

このあと、袋田の滝などに行ったのですが、分量が多くなりすぎるので、以前にも行ったことのある佐竹寺に。ここも坂東三十三箇所の観音霊場です。

DSC00509 - コピー

佐竹氏の家紋がついてる。佐竹氏の拠点だった太田城からも近いです。

DSC00512 - コピー

本堂は多分桃山時代のもので、重要文化財。

行き方
・八溝山
水郡線の常陸大子駅から車で30分かかることを考えると、素直に車で行くしかない。公共交通機関だけで行くことを都内から検討した場合、ほぼ確実に日帰りできず、水戸あたりで一泊するしかなくなる。6合目ぐらいまで車で行くことも可能。その場合、合計4キロぐらいで頂上と日輪寺は見れる。
・近津神社
交通機関の場合はJR水郡線下野宮駅の近く。ただし、鉄道の本数が少ないので現実的ではない。
・蒟蒻神社
常陸大子駅から徒歩で1キロほど。
・佐竹寺
常陸太田駅から車で数分。徒歩だと30分ほど。



次回は袋田の滝あたりをめぐります。車でないとそうそういけないですが、相当なインパクトです。

麻生藩家老屋敷・熊野神社・西蓮寺・万福寺・無量寿寺・子生弁天など(茨城県行方市・鉾田市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は途中までになっていた茨城県の東側の史跡めぐりの後半です。寺社探訪を間にはさんだのでショートな更新を間に入れてました。
DSC09380 - コピー

さて、まず麻生藩家老屋敷へ。家老の畑家の屋敷です。江戸時代は初期が3万石ぐらい、そのあと1万石の小さな大名として新庄氏が続きました。もともとは浅井長政の家臣だった家です。

DSC09384 - コピー

建物自体は江戸時代もかなり後期のものですが。

DSC09389 - コピー

その近くにある常安寺は麻生常安(つねやす)という地元の豪族が16世紀なかばに建てた寺で、背後の山が麻生城となっていました。このあたりは常陸大掾(だいじょう))氏の一族が広がっていました。

DSC09397 - コピー

こちらが山城の跡。公園になってますが、寺の奥の墓地からも入れます。このくぼみは人工的な堀のあと。

DSC09400 - コピー

このあたりには結構歴史のある熊野神社もあります。熊野と遠すぎると思われるかもしれませんが、太平洋側なので海でつながってるので海上移動が重要性高かった中世は接点も深かった。

DSC09401 - コピー

本殿は江戸時代初期に建てられたもので県の文化財。新庄氏の庇護を受けたようです。

DSC09410 - コピー

車でずっと移動。観音寺は仁王門が1513年のもの。このあたりから天気がかなり荒れてきてヤバかった。なぜか森田が車で遠方に行くと高確率で空が荒れます。ほぼ確実に雷の音を聞く(割とマジ)。

DSC09412 - コピー

延々と行方(なめかた)市の中を走ってます。次はかなり大規模な山寺、西蓮寺なんですけど、駐車場の横に相当怪しい神社が作られていた。いわゆるパラダイス系物件。

DSC09417 - コピー

悪意はないのだろうけど、こういうの作るんだったらちゃんとした寺社に寄進とかしたほうがいいと思うのは自分だけだろうか……。この規模ならたいして問題ないんですけど、巨大観音作ったり寺作ったりして維持できなくなってあとで困ってるケースがけっこうあるんですわ。

DSC09420 - コピー

さて西蓮寺のほうへ。仁王門は1543年のもので重要文化財。

DSC09426 - コピー

この変な塔みたいなのは相輪とう(木へんに棠)という仏塔の一種。基本的に天台宗寺院にしかないです。弘安の役の戦勝記念に建てられたとか。重要文化財。

DSC09428 - コピー

多くの建物は残念ながら明治の火災で焼けてしまってます。こちらの薬師堂も再建。

DSC09432 - コピー

イチョウの木が立派過ぎる。県の天然記念物。

DSC09435 - コピー

こちらは常行堂(じょうぎょうどう)。すごく雑に説明すると、この中でひたすらぐるぐる回り続ける修行をする時に使います。

DSC09438 - コピー

今度も天台宗寺院です。万福寺。仁王門は1578年のもの。県の文化財。

DSC09439 - コピー

仁王さんがなかなか立派。室町のものか。

DSC09440 - コピー

阿弥陀堂もなかなか立派。県の文化財。寛文三年(1663)の史料に出てくるので、それ以前にはあったもよう。なお、この建物も常行三昧に使ったようです。

DSC09450 - コピー

ここから車で鉾田市のほうに移動。無量寿寺は浄土真宗の寺院ですが、もともとは昔からあった山寺のようです。

DSC09454 - コピー

山門は県の文化財。

DSC09456 - コピー

本堂は1702年頃の建築ですが、かなり雰囲気がある。県の文化財。茨城県の浄土真宗寺院では多分一番古い。

DSC09458 - コピー

鐘楼も県の文化財。なかなか趣あるお寺です。というか浄土真宗らしくない。

DSC09461 - コピー

今回の最後に訪れたのは子生(こなじ)弁天。池の上に建ってます。

DSC09463 - コピー

こちらが本殿。1697年にできて50年後ぐらいに彫刻をきれいに施しました。県の文化財。

DSC09465 - コピー

立派な彫刻。

DSC09468 - コピー

池に浮いてる感じある。

DSC09475 - コピー

海が近いので太平洋を見て帰りました。ビーチという雰囲気はなくて、予想以上に荒涼としていました。

行き方
すべて車でまわった。この地域は公共交通機関が弱いので、原則、車でしかまわれないところが多い。なお、拝観料などが必要な施設はなかった。

ここで、告知を。
コミケ受かってます。一日目・8月14日(金)・東ヘ02b です。また日日日・十文字青・橘ぱん・森田季節・藍上陸の5人で短編集『求刑小説。』を出します。

hyoushi.jpg

次回は多分、名城、津久井城をめぐるかと思います。

来迎院・息栖神社・旧所家住宅・大生神社・二十三夜尊堂・長勝寺・観音寺(茨城県竜ケ崎市・神栖市・潮来市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は茨城県の霞ケ浦の近辺の史跡をめぐっていきます。

DSC09289 - コピー

まず、車で竜ヶ崎市へ。来迎院へ到着しました。やる気のない犬がいる。

DSC09294 - コピー

ここには関東以北で一番古い多宝塔があります。重要文化財。造営年代ははっきりわかってませんが1556年に江戸崎城主の土岐治英(はるひで)が修理したことがわかっています。

DSC09301 - コピー

続いて神栖(かみす)市へ移動。東国三社(鹿島・香取・息栖)の一つ、息栖神社へ!

DSC09310 - コピー

社殿は新しいですが、その横にうしおととらの世界観ではうかつに踏みこむとヤバい空間があった。

DSC09311 - コピー

パワーが授かれるそうです。ぶっちゃけ、ここの神社は神社の敷地の外側のほうが面白いです。理由はその立地。

DSC09317 - コピー

神社の境内からまっすぐ参道を前に行くと、すぐに利根川というか北浦の一部というか微妙な入海が。

DSC09320 - コピー

先をのぞむ。ただ、ひたすら水だけが見える。

DSC09327 - コピー

続いて潮来(いたこ)市の旧所家住宅へ。18世紀後半の建物で県の文化財。かなり特徴的な形をしてます。

DSC09328 - コピー

すぐ隣には法相宗寺院の潮音寺があります。

DSC09330 - コピー

もう一度住宅を。こういう形をしていた。これ、発注ミスなんじゃというような形。本当に発注ミスだったらどうしよう。

DSC09331 - コピー

続いて大生(おおう)神社へ。今回、ふりがながないと読めない所が多い。なかなか雰囲気のある神社です。

DSC09333 - コピー

これは社務所のような斎殿。お祓いをする建物か。

DSC09335 - コピー

風格のある拝殿。

DSC09336 - コピー

こちらが本殿。1590年建立と言われています。県の文化財。

DSC09348 - コピー

続いて、かなりレアな建物の二十三夜尊堂へ。現在は月読神社の本殿として勢至菩薩を祀っています。すでに説明文が神仏習合している。

DSC09349 - コピー

こちらがその建物。神社でも寺でもない様式で儒教建築の要素が入ってるそうです。もともと、この地域の郷校(ごうこう、藩校の地域を限定したようなもの?)として作られた建物でした。県の文化財。

DSC09353 - コピー

続いて源頼朝創建の大寺院、長勝寺へ。なお、臨済宗の寺です。

DSC09355 - コピー

まず県文化財の山門がお出迎え。元禄のもの。

DSC09358 - コピー

桃山時代のものかと言われている圧巻の本堂。県の文化財。おそらく、年代が確定したら重要文化財に格上げされると思います。周囲に板葺のもこし部分がある面白い形。

DSC09362 - コピー

銅鐘は重要文化財。最後の得宗、北条高時が頼朝の菩提を弔うために寄進したもの。

DSC09363 - コピー

鐘が入っているこの鐘楼も雰囲気がある。

DSC09364 - コピー

方丈や書院のエリアもいいです。こちらも県の文化財指定。

DSC09365 - コピー

一般には知られてないものの相当なレベルの寺院。紅葉の時期も素晴らしそうです。

DSC09374 - コピー

今回は最後に観音寺へ。

DSC09377 - コピー

本堂は年代ははっきりしないものの室町の末のものかと推定されています。県の文化財。これも年代がはっきりわかると重文に格上げされる可能性のあるタイプ。

DSC09378 - コピー

背後からも撮影。落ち着いた観音堂。

行き方
すべて車で移動している。長勝寺は潮来駅から徒歩でも10分かからないほどだが、ほかの場所は大半が車がないと難しい場所。都内からでも日帰りでは行ける範囲。


ここで、告知を。
まず、コミケ受かってます。一日目・8月14日(金)・東ヘ02b です。また日日日・十文字青・橘ぱん・森田季節・藍上陸の5人で短編集出します。
hyoushi.jpg


アルケミストの終焉創造術5巻が8月8日ぐらいに発売になります! 今月お盆進行で発売日が早いです。

こちらからアマゾンに飛びます。
61b4sAoeLPL.jpg


次回は茨城県めぐりの続き――のつもりだったのですが、どこか別の場所をはさむかもしれないです。

薬王院・善光寺・清滝寺・板橋不動尊(茨城県桜川市・石岡市・土浦市・つくばみらい市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回も茨城県の史跡めぐりです。

DSC05351 - コピー

いきなり山の中に。薬王院は椎尾山の中にあります。サイドのわらじと下駄が気になる。仁王門は1688年のもの。

DSC05354 - コピー

交通安全祈願のものだった。これ、けっこう作るの金かかるよな……。

DSC05367 - コピー

本堂は1680年のもの。

DSC05368 - コピー

かなり景色がよかった。

DSC05371 - コピー

もう一枚、ほぼ同じところを撮影。

DSC05373 - コピー

三重塔は県の文化財。1704年のもの。

DSC05374 - コピー

紅葉の時期に来るのは穴場だしちょうどいい感じでした!

DSC05376 - コピー

続いて、重文の楼門のある善光寺へ。おそらく16世紀の頭ぐらいの建築でしょうか。小田成治(おだしげはる)が建立した古刹ですが、現在は残念ながら廃寺となっています。
ただ、だからこそのすごい景色に出逢える。

DSC05380 - コピー

そう、廃寺なので、壊れかけているお堂が見れるんです。
危険なのはあまり近くに寄ってはダメなのですが。

DSC05381 - コピー

異能力バトルの最中みたいな状態。

DSC05383 - コピー

こんな生々しい朽ち方ははじめてみました。

DSC05386 - コピー

屋根瓦もこんなふうになってるのか。
こんなふうにかっこいいのですが、ガチで寄るのは危険なので、遠目に楽しみましょう。

DSC05389 - コピー

続いて、坂東三十三箇所観音霊場の一つである清滝寺(きよたきじ)へ。徳一(とくいつ)上人の創建と言われてます。

DSC05391 - コピー

火事でけっこう焼けたのか本堂は新しいです。

DSC05392 - コピー

続いて板橋不動尊へ。建物は多くが江戸時代中期のもので、県の文化財になってます(楼門・三重塔・本堂)。こちらは元禄年間の楼門。

DSC05394 - コピー

奥の三重塔は1772年のもの。たしかにそのぐらいの時期のものって感じです。

DSC05397 - コピー

なお、狛犬がリアルに犬。ここのお寺は犬にまつわる伝説があるんです。白い犬がお使いらしい。しかし、犬すぎる。

DSC05398 - コピー

本当に犬。犬はお産が軽いということで子供生まれる前にいいお産を祈願されたりしたのだと思います。江戸時代とか、出産でまさに命懸けですからね。

DSC05399 - コピー

本堂も江戸時代中期のもの。

DSC05395 - コピー

塔をもう一枚。

DSC05401 - コピー

こちらのほうが神仏の使いのようだけど、ちょっと怖い!

こんな感じの茨城県の霊場めぐりでした。

行き方
今回も前回に引き続き、車で移動している。公共交通機関はかなり使いづらいエリア。


そろそろ京都編に入ります。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

アフィリエイト
伊達エルフ政宗 4(2017/8/11)
森田 季節

商品詳細を見る
織田信長という謎の職業が魔法剣士よりチートだったので、王国を作ることにしました(2017/7/14)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました3(2017/7/14)
森田 季節

商品詳細を見る
若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!(2017/6/23)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活 2(2017/6/20)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界お好み焼きチェーン ~大阪のオバチャン、美少女剣士に転生して、お好み焼き布教! ~(2017/6/15)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。2(2017/5/13)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2(2017/4/14)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活(2017/2/17)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 3(2017/2/14)
森田 季節

商品詳細を見る
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(2017/1/23)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(2017/1/13)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。(2016/11/12)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 2(2016/08/09)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 7(2016/06/17)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ(2016/05/25)
森田 季節

商品詳細を見る
てらめぐりぶ?(2016/04/20)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗(2016/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯3(2016/01/22)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 6(2016/01/19)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯 2(2015/09/25)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》5(2015/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 5(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)(2015/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)(2015/02/24)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 4 (ガガガ文庫 も)(2015/02/18)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2015/01/22)
森田季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/12/13)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2014/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)(2014/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 4 (オーバーラップ文庫)(2014/07/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 2 (ガガガ文庫)(2014/06/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 書き下ろしSS付き (GA文庫)(2014/04/15)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 3 (オーバーラップ文庫)(2014/03/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 (ガガガ文庫)(2014/03/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 2 (オーバーラップ文庫)(2013/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?7 (GA文庫)(2013/10/16)
森田 季節

商品詳細を見る
つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)(2013/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 1 (オーバーラップ文庫)(2013/08/25)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない- (GA文庫)(2013/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない- (GA文庫)(2013/05/16)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)(2013/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
つきたま 2 ※公務員のお仕事楽しいです (ガガガ文庫)(2013/03/19)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?6 (GA文庫)(2013/03/16)
森田 季節

商品詳細を見る
どうせ私は狐の子(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る
ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)(2013/01/18)
森田 季節:作 えいひ :絵

商品詳細を見る
つきたま ※ぷにぷにしています (ガガガ文庫)(2012/12/18)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)(2012/11/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?5 (GA文庫)(2012/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
小説 いまいち萌えない娘(2012/09)
森田 季節、神戸新聞社 他

商品詳細を見る
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)(2012/06/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?4 (GA文庫)(2012/06/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん2 (MF文庫 J も 2-9)(2012/05/24)
森田季節

商品詳細を見る
デキる神になりますん (ファミ通文庫)(2012/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
ノートより安い恋 (Yuri-Hime Novel)(2012/03/17)
森田 季節

商品詳細を見る
落涙戦争(2012/03/07)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?3 (GA文庫)(2012/02/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん (MF文庫J)(2012/01/23)
森田季節

商品詳細を見る
ドラマCD お前のご奉仕はその程度か?(2011/11/25)
No Operating System

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?2 (GA文庫)(2011/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)(2011/10/14)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か? (GA文庫)(2011/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)(2011/05/07)
大森 望

商品詳細を見る
コミック百合姫 2011年 01月号 [雑誌](2010/11/18)
不明

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)(2010/10/21)
森田季節

商品詳細を見る
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫 JA モ)(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ (MF文庫 J も 2-6)(2010/06/23)
森田季節

商品詳細を見る
ともだち同盟(2010/06/26)
森田 季節

商品詳細を見る
桜木メルトの恋禁術(2009/09)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ〈2〉(2009/05)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ(2009/01)
森田 季節

商品詳細を見る
プリンセス・ビター・マイ・スウィート(2008/12)
森田 季節

商品詳細を見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る