羽黒神社・岩谷観音・福島城跡など(福島県福島市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は前回の続きで、信夫山の頂上を目指します。
まあ、前回のお寺のあたりにも展望スポットはあるのですが、連山のうちの羽黒山というのを目指します。名前のとおり、羽黒神社があります。


DSCN8702 - コピー 
ここを目指す。

DSCN8706 - コピー 
鳥居をくぐってのぼっていきます。


DSCN8711 - コピー 
途中、観音堂などがあります。まあ、修験の土地ですから習合してますね。


DSCN8714 - コピー 
また、ねこ稲荷なる猫の写真がたくさん貼られてるスポットもありました。多分、すでにお亡くなりの猫ちゃんの写真を貼ってらっしゃる方も多いと思うので、写真は載せませんが(別に供養のスポットに限ってるというわけではないですが)、愛猫家の方は何かの機会があれば行ってみてください。


DSCN8722 - コピー 
鎌倉時代の板碑などもあるので、古い信仰の場所だったことがわかります。


DSCN8724 - コピー 
途中から道がきつくなってきた。


DSCN8727 - コピー 
羽黒神社はかなり新しいものでした。


DSCN8729 - コピー 
その境内にある日本一のわらじ! 履ける人間は存在しないと思う。


DSCN8739 - コピー 
さて下山。岩谷観音のほうに降りてきました。


DSCN8740 - コピー 
ここ、江戸時代の摩崖仏が大量にあって、なかなか迫力があります。
以下、何枚か続きます。

DSCN8742 - コピー 

DSCN8745 - コピー 

DSCN8747 - コピー 


DSCN8757 - コピー 
ここからバスで市街地に戻ってきました。福島県庁の横に福島城跡があります。
出土した鎌倉時代後期の宝塔。県指定文化財。


DSCN8760 - コピー 
わずかに土塁が残ってます。


DSCN8764 - コピー 
すぐ横を阿武隈川が流れてます。まあ、天然の堀ですね。


DSCN8767 - コピー 
ここに藩主の板倉氏を祀ってる板倉神社があります。


DSCN8777 - コピー 
河川敷沿いに歩いていると、御倉邸という古い建築物のところに出ます。


DSCN8781 - コピー 
なかなか立派な建物。ここから駅までは一キロぐらいです。


DSCN8783 - コピー 
福島駅に戻ってきました。ここから超本数の少ない奥羽本線の在来線で米沢に行って、山形を目指します。


DSCN8797 - コピー 
米沢での在来線時刻表、いかにとんでもなく本数が少ないかわかるかと。
次回は山形県の史跡を巡ります。

さて、宣伝です。
1月に出るドラマCDのキャストが発表になりました!
こちらをご覧ください!
http://ga.sbcr.jp/bunko_blog/cat383/20170929/

そして10月15日頃にはスライム倒して300年4巻が発売になります!
よろしくお願いいたします!

行き方
前回から信夫山をてくてく歩いていった。そこそこの歩行距離かつ山上にバスなどはないので、足が悪い人は行くのは大変かも。
岩谷観音からはすぐに下山して市街地郊外の幹線道路に出られるが、駅からはかなり離れているのでバスに乗るしかない。少し歩けば、比較的本数の多いバス停に到着する。

スポンサーサイト

医王寺と福島市街地の北の信夫山(福島県福島市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は福島市の名刹、医王寺と市街地の史跡を巡ります。


DSCN8622 - コピー 
医王寺前駅から徒歩10分強ほど。


DSCN8626 - コピー 
無事に医王寺に到着しました。
信夫(しのぶ)庄司だった佐藤氏の菩提寺で、義経に同行して死んでいった佐藤兄弟などを祀っています。


DSCN8629 - コピー 
こちらが本堂。ただ、どっちかというと、事務を行う場所という感じで、メインは参道のもっと先にあります。


DSCN8634 - コピー 
雰囲気ある薬師堂への道。寺の名前からしても本来は薬師堂がメインのお寺です。


DSCN8637 - コピー 
奥にある薬師堂。


DSCN8640 - コピー 
佐藤兄弟の墓は独特の石造物です。


DSCN8644 - コピー 
この周囲、石造供養塔がずらっと並んでいて、ストーンヘンジ感があります。


DSCN8648 - コピー 
割と異界。


DSCN8654 - コピー 
門前の立派なシラカシ。
こんな感じの医王寺でした。


DSCN8656 - コピー 
続いて、福島市街地に電車で戻ってきました。曽根田駅はなかなか風格ある駅舎。福島駅までは500メートルぐらいしか離れてません。


DSCN8664 - コピー 
一つ温泉側の美術館図書館前駅で下車。ここから福島市のシンボル、信夫山近辺をのぼっていきます。


DSCN8666 - コピー 
美術館と図書館。この奥の山にのぼります。標高は200メートル台。


DSCN8668 - コピー 
のぼり口がわかりづらかったのですが、やがて発見。なお、このあたりで飲み水がほぼ尽きてヤバい状態だったのですが、工事現場のお兄さんがペットボトルにアクエリアス入れてもいいよと言ってくれて、工事関係者の人が飲む給水タンク(運動部とかで置いてる、ラーメン屋の水入れるやつの小さいバージョンみたいなの)から補給させてもらえました。本当にありがとうございます!


DSCN8671 - コピー 
思った以上に岩がごろごろしていた。


DSCN8677 - コピー 
多分25分ほどで月山神社に到着。この先に湯殿神社もあります。名前でだいたいわかりますが、羽黒修験の影響下にあったところですね。


DSCN8683 - コピー 
こちらが湯殿神社。この峯のほぼ、一番高いところですかね。

DSCN8686 - コピー 
湯殿神社のすぐ後ろは岩場でかつては修験者が修行していたのでしょう。
ここから一回下って、信夫山のほうに移動します。


DSCN8688 - コピー 
下ってる途中、大量の黒い土嚢が置かれてましたけど、これ、放射能汚染された土ですね……。まだ震災はこういう形で残ってるんですね……。


DSCN8692 - コピー 
信夫山公園からの景色。福島市街地を見降ろします。


DSCN8693 - コピー 
峯の薬師があります。


DSCN8700 - コピー 
こちらが薬王寺の本堂。
次回はここから信夫山の中心部から東側と福島市街地の史跡を巡ります。

行き方
医王寺
福島交通医王寺前駅から徒歩12分ほど。案内板があるので迷いづらい。
拝観料300円。なお、宝物館も見れる。
信夫山あたりの連山は低山なので、どこから登るのが一般的かよくわからないが、今回は少し特殊な道からほぼ湯殿山に直登した。登り口から湯殿山まで25分ぐらい。湯殿山から信夫山は原則、下り道なので楽に行ける。

そして宣伝です。
スライム倒して300年が1~3巻までの既刊がすべて重版になりました! 本当にありがたいです!
最新巻の4巻は10月15日発売です! よろしくお願いします!

飯坂温泉(福島県福島市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

22日に新刊、「若者の黒魔法離れ」2巻、ダッシュエックス文庫より発売になりました!
よろしくお願いいたします!
来月からはコミカライズもはじまります!
わかもの  2 

今回は福島市の史跡を巡ります。
福島県は会津地方と郡山あたりは巡ってたのですが、福島市は初上陸でした。


DSCN8543 - コピー 
まず、福島駅から福島交通に乗り換え。新幹線ホームに近い改札で降りたら、思いっきり駅の逆側に福島交通の乗り場があって、ギリギリで電車に間に合った。大きい駅は逆側で降りると、地獄です。


DSCN8544 - コピー 
9キロほどの短い路線ですが、飯坂温泉と福島市街地を結んでます。


DSCN8550 - コピー 
無事に到着しました。


DSCN8560 - コピー 
駅舎は最近新しくなったようです。


DSCN8561 - コピー 
ラジウムを発見したらしい。


DSCN8564 - コピー 
駅前の橋がかっこいい。


DSCN8566 - コピー 
子供が老け顔すぎる。


DSCN8571 - コピー 
なんか、BL感がある。なお、松尾芭蕉はこの飯坂に泊まった時のことをボロカスに書いてます。ノミや蚊に刺されまくって寝れん、ついには気を失ったとかまで書いてます。


DSCN8575 - コピー 
旅館も風格がある。


DSCN8577 - コピー 
発祥の地がありました。


DSCN8582 - コピー 
その横にあるモニュメントなのかなんなのかよくわからないもの。


DSCN8588 - コピー 
温泉地にある旧堀切邸がきれいに整備されています。


DSCN8590 - コピー 

DSCN8594 - コピー 
堀切家米蔵は市指定文化財。


DSCN8600 - コピー 
飯坂温泉には飯坂八幡神社があります。


DSCN8603 - コピー 
拝殿は18世紀末ごろのもので、市指定文化財。


DSCN8604 - コピー 
わらじが長い!


DSCN8607 - コピー 
本殿は1710年のもの。こちらも市指定文化財。


DSCN8609 - コピー 
すぐ横に明らかに別当寺だっただろうという名前の八幡寺があります。


DSCN8612 - コピー 
街並みも雰囲気ある。


DSCN8613 - コピー 
いぶし銀の酒屋さん。


DSCN8616 - コピー 
駅前に戻ってきました。駅すぐのところに公衆浴場の波来湯(はこゆ)があります。ここに入って一服しました。ただ、シャンプーもせっけんもないTHEシンプル公衆浴場ですので、そういうものは持参するか現地で買いましょう。

こんな感じの飯坂温泉巡りでした。
次回は少し福島側に戻って医王寺などを巡ります。

行き方
飯坂温泉には福島駅から福島交通で25分弱。なお、発売時期はよくわからないが、フリー切符が販売されており、これが波来湯など一か所の指定されてる公衆浴場に無料で入れるクーポンがついている(事前にタオルの用意とかしてないと結局、タオルを買うことになるが)。公衆浴場を使うつもりなら、フリー切符が買えるなら買ったほうがお得のはず。

堂山王子神社・飯野八幡宮・白水阿弥陀堂(福島県田村市・いわき市)

どもども、森田です。
まず、告知を。3月に新シリーズ『不戦無敵の 影殺師 ( ヴァージン・ナイフ )』が出ます。タイトルはけっこう最近よく見るタイプだなと思ったあなた、ところがどっこい(古い)、これ、趣味で書いた小説が元なんです。つまり、やりたい放題やっております。けっこう、とんでもない作品だと思います。どうかよろしくお願いします!

長らく、福島県史跡めぐり(というか会津地方のみ)をやってきましたが、今回はようやく会津を脱出してほかの福島県の史跡をめぐります。

IMG_6185 - コピー

まず、堂山王子神社です。多分、車でないと行く気しないようなところにあります。
神社を名のっていますが、廃仏毀釈、神仏分離のときに神社になっただけで、もともとは東堂山観音寺と名乗っていました。

IMG_6187 - コピー

重文の本堂? 一応神社らしいので、本堂はおかしいのですが、どう見ても本堂です。神社建築ではない。室町時代中期の建築です。神社と寺を截然と分けようとすると矛盾した存在が出てくる好例です。なお、今も「観世音」と書いた額がかかっています。

IMG_6194 - コピー

続いて飯野八幡宮に。いわき駅から歩いて行ける距離にあります(車で行ってますけど)。磐城地方を室町時代に岩城氏が統一すると、地域の総鎮守として、大きな勢力を持ちました。江戸時代以降もけっこう発展して、江戸前期から中期に作られた社殿が軒並み重文に指定されています。

IMG_6195 - コピー

まず入り口の唐門(楼門が手前にありますけど)。だいたい、全部重文なので、とくに説明しません。

IMG_6197 - コピー

この日は晴れていて、寺社仏閣めぐりにはちょうどよかったです。前日までの会津の信じられないような寒さがウソのよう。これが太平洋側と内陸の違いか。

IMG_6199 - コピー

神々しいというよりは、きれい、といったほうがいい雰囲気の神社です。建物一つ一つが割とコンパクトで、かつ揃っていて、美しい。

IMG_6202 - コピー

近所にあったら、絶対通いたい。右側は若宮の社殿です。

IMG_6203 - コピー

ここまで統一感のある神社も珍しいです。まあ、写真だけ載せてもわかりづらいですが参拝していただければだいたい理解してもらえると思う。

IMG_6204 - コピー

楼門もあんまり巨大というほどではないのが、かえってちょうどいい。

IMG_6205 - コピー

この建物も新しく見えるけど、江戸時代のもので重文らしいです。

IMG_6212 - コピー

続いて白水阿弥陀堂です! 日本史やってた人は参考書で見たことがあるはずだ! 日本の阿弥陀堂建築の白眉。余裕の国宝です。

IMG_6215 - コピー

もちろん、本体の阿弥陀堂もいいのですが、浄土式庭園も素晴らしいです。ここが昔の人の想像してた浄土の風景かというのがわかる。

IMG_6218 - コピー

少しずつ本体へ近づいていきます。

IMG_6220 - コピー

白水阿弥陀堂は正式には願成寺(がんじょうじ)阿弥陀堂。藤原清衡の養女が亡き夫の冥福を祈るために1160年(つまり平安時代)に築いたと言われています。そのときに中尊寺金色堂を模して建立した。とかなお白水という文字は平泉の「泉」を二文字に分割したものと言われています。
細かく調べてないですが、まあ、平安時代の東北地方の建築物とか、ほかに類例がないかと思います。いかに奥州藤原氏とその親戚たちの権力がでかかったか、想像できます。

IMG_6221 - コピー

浄土の風景。平和な感じだけど、ネット環境とかないと飽きそう。

IMG_6222 - コピー

中にもちゃんと入れます。団体客と鉢合わせてその人ら用の説明がはじまって、出られなくなった。個人で寺社まわってると、けっこうよくある。

IMG_6223 - コピー

石が映ると神々しく見える。

IMG_6226 - コピー

静かなようですが、けっこうお客さんいます。人いないタイミングで撮影するの、けっこう難しかった。

IMG_6227 - コピー

しかし、本当によくこの建物だけ残ってたなと思います。奇跡としか言いようがない。

IMG_6228 - コピー

福島めぐりのラストが福島県唯一の国宝建造物というのは、ある意味ちょうどよかったかもしれません。

行き方
堂山王子神社は一応近くにバス停はありますが、車で行ったほうが無難。本当に集落って感じのところにぽつんとあります。道かどうか怪しい山道をのぼると小さな奥之院にも行けますが、小さなお堂があるだけなので、足に自信がない人は遥拝しましょう。

飯野八幡宮はいわき駅から1キロ弱なので、十分に徒歩圏内。ただ、いわき駅からだと地形的に坂をのぼることになるかも。磐城地方屈指の重要な神社なので、近辺にお住まいの方はいわきに行った際はご参拝ください。ぜひよく晴れた日に行ってほしいです。

白水阿弥陀堂は一番近い駅が普通しか止まらない内郷駅が最寄りなので、少し厄介。内郷駅付近の停留所から200円ほど。いわき駅始発の路線(川平行き)なので、いわき駅からでも乗れますが、運賃は380円。本数はド田舎のバスと比べれば、それなりにあるので使えなくはないです。


次回は奥州平泉をめぐります。

喜多方蔵の里とラーメンめぐり・大内宿・恵日寺(福島県会津地方)

どもども、森田です。一年で一番寒い時期なのでしょうが、大変冷えてます。
たまに東京の人から福井はもっと寒いのではと言われますが、八王子市のほうがはるかに寒いですよ。マイナス6度の日とかはさすがにびびりました。
あと、雪国は建物のつくりが違うのか、室内がかなりあったかくなるように設計されてます。冬はあんがい過ごしやすかったです。まあ、それはどうでもいい話ですね・・・。
さて、今回は会津特集2日目です(ブログだと3回目の更新)。

IMG_6101 - コピー

まず、喜多方駅から2キロほど離れた喜多方蔵の里へ。
ここにはいくつか、古建築が集まっています。喜多方というと、蔵の街として有名ですからね。

IMG_6105 - コピー

こういう蔵が展示されています。

IMG_6110 - コピー

民家もあります。

IMG_6112 - コピー

このあたりの民家の特徴なのか、かくっと曲がってるんですよね。

IMG_6116 - コピー

これだけ白いと汚れないようにするのが大変そうです。

IMG_6117 - コピー

やっぱり曲がっている。名前も「曲り家」だし。どういうメリットがあって、こういう形になってるかは不明です。

IMG_6126 - コピー


このあと、喜多方ラーメンを食べに行きました。まず、まこと食堂。一口食べて、これは美味い、とわかる味。食堂というだけあって、メニューにはかつ丼や玉子丼もありますが、やっぱりみんなラーメンを頼んでました。この日もとんでもなく寒かったので、ラーメンのあったかさがしみました。

IMG_6131 - コピー

ラーメン店をはしごして、次はなまえという名前のお店に。ここはかなりシンプルだけど、それでもしっかりと美味い。ここまでシンプルにできるってことは、それだけ自信があるのだろうなと。
さて、ここでこの日の史跡めぐり、岐路に立たされます。
というのも、あと、会津でまわっておきたい大内宿が思いっきり山の中で、凍結の危険が高かったからです。車のタイヤにチェーンなどない(まだ11月頭)ので、山道で凍結してたら危険すぎる。
観光協会に問い合わせてみたところ、保証はできんけど、たぶん大丈夫的なことを言われました。さて、どうするか。

あと、会津に入る前、とあるサービスエリアで白河ラーメンも食べたのですが、当たり前ですが、いかにもフードコートのラーメンみたいな超オーソドックスな味のやつが出てきてしまい、評価のしようがないので、ブログに書きませんでした。

IMG_6132 - コピー

思い切って、行ってみた。つららがものすごい。

IMG_6134 - コピー

どう見ても屋根が白い。大内宿は一般観光客もわんさか観光バスでやってくる秘境的観光地です。しかし、寒い。とにかく寒い。

IMG_6136 - コピー

民家はほぼすべてお店になってるので、昔ながらの街道の雰囲気はちょっと味わえないかも。おかげ横丁みたいなものでしょうか。

IMG_6138 - コピー

なぜか幕末感がある。
どうでもいいけど、去年の大河ドラマは孤独のグルメのせいで、親父さんが死ぬかもしれない戦いに行くシーンも、腹が減ったから店探しにいく情景と重なってしまい、まったく入り込めませんでした。

IMG_6140 - コピー

お店の人はいまだに住んでるのか。それとも、この山の上に通勤してるのか。そんなどうでもいい議論が白熱していました。

IMG_6145 - コピー

冬景色のせいでこれはこれでいい雰囲気でよかった。

IMG_6146 - コピー

宿場の一番上、見下ろせるところに寺社が配置されるようです。

IMG_6149 - コピー

見下ろしたら、やっぱり屋根が雪化粧。

IMG_6152 - コピー

建物の横には水路があって、生活用水としても使用されている感じでした。

IMG_6154 - コピー

やっぱり、この日は寒い。凍結の危険がマジであったので、あわてて戻りました。

IMG_6158 - コピー

帰り、芦ノ牧温泉のあたりの写真。

IMG_6162 - コピー

とりあえず道の駅に避難。しかし、ついつい、人気のそばアイスを買ってしまい、また寒い思いして食べる。

IMG_6163 - コピー

道の駅ばんだいは、ほかにも生どらやきという商品が人気でした。こっちも買って食べましたが、美味かったです。

IMG_6171 - コピー

さて、この道の駅ばんだいからかなり近いところに恵日寺(えにちじ)があります。一種の遺跡公園ですね。平安時代、最澄の論敵だった徳一(とくいつ)がこの恵日寺を拠点にして、頑張っていました。
おそらく磐梯山自体を神の山とするような山岳修験ぽい信仰を基盤にしていたと思います。平安時代の会津というと、今なんておよびもつかない田舎だと思われるので、そこに大寺院があったというのは、けっこうとんでもないことです。
そのあと、恵日寺は衰退しますが、ただいま、遺跡調査による復元や博物館が作られています。

IMG_6173 - コピー

これは復元された金堂だと思われます。

IMG_6176 - コピー

これはちょっと奥地にある徳一廟。中には平安時代建立の五重の石塔が入っています。
このあと、猛烈ダッシュで拝観時間ぎりぎりの博物館に向かいました。オンタイムのはずなのに、もう今日は誰も来ないだろうと思われて閉められていた……。あれ、あれと戸惑ってたら、誰か来たと気づいてもらって開けてもらいました。
すでに電気なども消していたらしく、あわてて中の人が電気をつけてました。ご迷惑おかけしました。

行き方
喜多方でラーメンを食べるだけなら、喜多方駅からでもアクセス可能。喜多方蔵の里は喜多方駅から20~30分ほどの距離。
大内宿は車がないとまず行けないところにあります。ただ、冬場に行くのはけっこう危ないかもしれません。なお、大内宿と会津若松市街地の間にちょうど芦ノ牧温泉があるので、ここに宿泊地を定めるというのもアリかも。
恵日寺や道の駅ばんだいには定期バスも運行しているので、バスでアクセスもできますが、そこで半日使うのは史跡に興味ある人でないと厳しいか。時間があるなら、道の駅ばんだいで土産物選びなどをするのもいい。ただし、生どら焼きなどはあまり遅くに行くと売り切れている可能性もあるので注意。


次回は福島県唯一の国宝、白水阿弥陀堂へ向かいます。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

アフィリエイト
物理的に孤立している俺の高校生活 3(2017/10/18)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました4(2017/10/12)
森田 季節

商品詳細を見る
若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です! 2(2017/9/22)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 4(2017/8/11)
森田 季節

商品詳細を見る
織田信長という謎の職業が魔法剣士よりチートだったので、王国を作ることにしました(2017/7/14)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました3(2017/7/14)
森田 季節

商品詳細を見る
若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!(2017/6/23)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活 2(2017/6/20)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界お好み焼きチェーン ~大阪のオバチャン、美少女剣士に転生して、お好み焼き布教! ~(2017/6/15)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。2(2017/5/13)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2(2017/4/14)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活(2017/2/17)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 3(2017/2/14)
森田 季節

商品詳細を見る
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(2017/1/23)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(2017/1/13)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。(2016/11/12)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 2(2016/08/09)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 7(2016/06/17)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ(2016/05/25)
森田 季節

商品詳細を見る
てらめぐりぶ?(2016/04/20)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗(2016/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯3(2016/01/22)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 6(2016/01/19)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯 2(2015/09/25)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》5(2015/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 5(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)(2015/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)(2015/02/24)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 4 (ガガガ文庫 も)(2015/02/18)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2015/01/22)
森田季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/12/13)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2014/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)(2014/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 4 (オーバーラップ文庫)(2014/07/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 2 (ガガガ文庫)(2014/06/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 書き下ろしSS付き (GA文庫)(2014/04/15)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 3 (オーバーラップ文庫)(2014/03/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 (ガガガ文庫)(2014/03/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 2 (オーバーラップ文庫)(2013/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?7 (GA文庫)(2013/10/16)
森田 季節

商品詳細を見る
つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)(2013/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 1 (オーバーラップ文庫)(2013/08/25)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない- (GA文庫)(2013/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない- (GA文庫)(2013/05/16)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)(2013/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
つきたま 2 ※公務員のお仕事楽しいです (ガガガ文庫)(2013/03/19)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?6 (GA文庫)(2013/03/16)
森田 季節

商品詳細を見る
どうせ私は狐の子(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る
ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)(2013/01/18)
森田 季節:作 えいひ :絵

商品詳細を見る
つきたま ※ぷにぷにしています (ガガガ文庫)(2012/12/18)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)(2012/11/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?5 (GA文庫)(2012/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
小説 いまいち萌えない娘(2012/09)
森田 季節、神戸新聞社 他

商品詳細を見る
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)(2012/06/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?4 (GA文庫)(2012/06/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん2 (MF文庫 J も 2-9)(2012/05/24)
森田季節

商品詳細を見る
デキる神になりますん (ファミ通文庫)(2012/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
ノートより安い恋 (Yuri-Hime Novel)(2012/03/17)
森田 季節

商品詳細を見る
落涙戦争(2012/03/07)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?3 (GA文庫)(2012/02/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん (MF文庫J)(2012/01/23)
森田季節

商品詳細を見る
ドラマCD お前のご奉仕はその程度か?(2011/11/25)
No Operating System

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?2 (GA文庫)(2011/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)(2011/10/14)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か? (GA文庫)(2011/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)(2011/05/07)
大森 望

商品詳細を見る
コミック百合姫 2011年 01月号 [雑誌](2010/11/18)
不明

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)(2010/10/21)
森田季節

商品詳細を見る
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫 JA モ)(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ (MF文庫 J も 2-6)(2010/06/23)
森田季節

商品詳細を見る
ともだち同盟(2010/06/26)
森田 季節

商品詳細を見る
桜木メルトの恋禁術(2009/09)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ〈2〉(2009/05)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ(2009/01)
森田 季節

商品詳細を見る
プリンセス・ビター・マイ・スウィート(2008/12)
森田 季節

商品詳細を見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る