fc2ブログ

大船渡市街地(岩手県大船渡市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は大船渡からスタートします。

DSC01395 - コピー
大船渡の港も完全に津波対策で覆われてますね。


DSC01400 - コピー
津波時の避難場所である賀茂神社のほうに来ました。


DSC01402 - コピー
目の前の石段の途中に青いものが。


DSC01403 - コピー
ここまで津波が来たという表示でした。
逆に言うと、神社境内まで登れば助かるということ。
津波が来る土地の神社、しばしば高台(海側にある丘みたいなところ)にあるんですが、ここもそうなのかなと。まあ、低い所にあった寺社は流されたんでしょう……。


DSC01409 - コピー
神社あたりから撮影。
海が近いところは何も建ってない所が多いですね……。


DSC01411 - コピー
これは境内にある津波警報塔。昭和35年にもチリ地震で大船渡に津波が来て、多くの人命が失われました。そのあとに建てられたもの。


DSC01412 - コピー
ご時勢。


DSC01413 - コピー
こちらが拝殿。


DSC01426 - コピー
踏切にあたるものが逆側を封鎖している光景、やっぱり珍しいですね。
さて、大船渡から気仙沼のほうへBRT(JRの鉄道区間のバス転換部分)で向かいます。


DSC01438 - コピー
奇跡の一本松があったあたりには津波復興のメモリアルな場所になってます。
陸前高田は町全体が事実上、高台に移動したような感じでした。駅前にもバスは来るのですが、その前の高台の高校の停留所で大半の利用者(学生)が降りていって、陸前高田駅自体の利用者は皆無レベル。もう、津波の被害があった低地にある駅前に人が住んでないのだと思います。


DSC01441 - コピー
津波が川をさかのぼってこないようにするシステム。
このままバスに乗って気仙沼に入りましたが、宮城県に入るので次の更新にします。

行き方
北から三陸鉄道で向かうか、南からJRで向かうかという形になる。なお、鉄道のターミナルは同じ市内の盛駅なので、大船渡駅自体はJRの停留所だけがぽつんとある場所になっている(ただ、横に高速バスなども発着するバスターミナルはある)。

スポンサーサイト



三陸鉄道(岩手県)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

まずは前回の続きです。八戸線に乗って久慈へ。

DSC01290 - コピー
海の生物がいそう。
このへんはもう岩手県に入ってる車窓です。


DSC01300 - コピー
八戸線の終着駅、久慈駅に到着しました。写真は駅前の風景。「あまちゃん」のロケ地がたくさんあるはずですが、とくに行かずにまたここから三陸鉄道に乗り換えます。


DSC01301 - コピー
「あまちゃん」情報が駅前の時点で多い。


DSC01304 - コピー
三陸鉄道久慈駅のほうに来ました。JRの隣。


DSC01306 - コピー
乗車します! まずは宮古を目指す。


DSC01308 - コピー
車内はかなりきれいです。快適!


DSC01312 - コピー
津波対策でおそらく海のほうをガードしていると思われます。


DSC01315 - コピー
三陸鉄道は高架区間を走るので、不思議な光景になります。海の近くだけど、すぐ後ろは完全に山。


DSC01316 - コピー
海側の景色。


DSC01321 - コピー
まだ三陸海岸の北側なのか、断崖の地形が多い。


DSC01323 - コピー
瀬戸内の生まれなので、こういう海は新鮮です。


DSC01328 - コピー
だいぶ猿に乗っ取られている。


DSC01330 - コピー
宮古に到着しました。まだまだ先を目指します。ここから先は旧JR山田線部分になります。


DSC01344 - コピー
どうしても震災の傷跡が見えてしまう。沿線中心部の陸中山田駅付近。このあたりは湾が近かったので明らかに津波が来た跡ですね。


DSC01347折笠駅前の高台の住宅 - コピー
織笠駅付近の高台。明らかに津波後に作られてますね。


DSC01349 - コピー
普段は本当に静かな湾。


DSC01354 - コピー
本州最東端の駅、岩手船越駅。


DSC01358 - コピー
湾を行く。


DSC01359 - コピー
吉里吉里(きりきり)駅。


DSC01361 - コピー
大槌駅付近。まだまだ震災終わってないな……と実感する光景。


DSC01367 - コピー
釜石に到着。まだまだ続きます。


DSC01374 - コピー
終点の盛駅に着きました。右側は大船渡線がBRTシステムになったため、道路になってます。


DSC01376 - コピー
ここからは大船渡線が転換した赤いバスに乗って大船渡市の市街地へ向かいます。バスですがルール上はJRの駅です。


DSC01378 - コピー
こちらが三陸鉄道側の盛駅(隣がJRの盛駅)。大船渡市の中ではちょっとはずれ。


DSC01380 - コピー
左手、本来、線路だったところが道路になってるのわかりますよね。


DSC01388 - コピー
バス専用道路なので、どういうことになるかというと、昔は踏切があった場所が逆になってます。元々線路だったほうを走るバス側が封鎖されていて、安全とわかったらゲートが開く。


DSC01389 - コピー
大船渡駅で下車。駅というか停留所ですね。


DSC01390 - コピー
バス停留所の下側がバスターミナルという謎現象になっている。

こんな感じの三陸鉄道の旅でした。
次回は大船渡などを巡ります。

行き方
三陸鉄道は南北に長いので全線乗車はなかなか時間がかかる。
主要駅でしばらく止まる時間などがあるので、そこで水分補給などはしたい。

宮古の浄土ヶ浜(岩手県宮古市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は岩手県の宮古に行きます。はっきり言って東京から遠いです!


DSC01139 - コピー
岩手県のソウルフード福田パンで英気を養う。
小倉マーガリンという一番人気のやつです。午前中の時点でラス1でした。危うい、危うい……。


DSC01141 - コピー
盛岡駅から快速リアスで宮古まで2時間以上乗車します。11時頭の便が宮古までの実質的な始発。


DSC01145 - コピー
上盛岡駅。逆側の道から見ることを想定してるのはわかるのだけど、結果的に駅の内側に駅の行き方が書いてあるという変なことになっている。


DSC01157 - コピー
川沿いを行く。


DSC01162 - コピー
かつて岩泉線が分岐していた茂市駅。


DSC01169 - コピー
2時間以上の乗車でやっと宮古駅に到着。山田線はかつては宮古から先も山田なども通って延びていましたが、今は三陸鉄道に移管されています。そのため、山田線という名前だけど、山田は通ってない(宮古止まり)ということになってます。


DSC01172 - コピー
タクシーで海のほうに来ました。バスもあるのですが、到着とほぼ同時にバスが出るダイヤのため、乗れず! 慈悲はないのか。


DSC01174 - コピー
しばらくこういう景色が続きます。


DSC01177 - コピー
事件起きそう。日出(ひで)島という島です。


DSC01184 - コピー
いい景色なのだが、暑い。


DSC01187 - コピー
このあたりの景勝地、浄土ヶ浜です。


DSC01189 - コピー
ただ、いい景色を見るにはかなり高台に行かないとダメらしいので、浜から撮影。


DSC01192 - コピー
こういう海辺に岩あるの、地元の海水浴場にはあまりなかったので独特に見える。


DSC01209 - コピー
展望台からの風景。


DSC01215 - コピー
竜神埼展望所から漁港を撮影。津波対策なのか、進撃の巨人みたいな壁が。


DSC01220 - コピー
夏は「はっけー」がいいな……。


DSC01239 - コピー
こんな感じの宮古巡りでした。
ジャジャ麺発祥の店である白龍の支店で食事。
次回は北三陸を移動します。

行き方
宮古
盛岡駅から鉄道でも急行バスでもだいたい同じ乗車時間と同じような料金。およそ2時間20分ほどかかる。
宮古駅から浄土ヶ浜に行くバスはだいたい1時間毎にある。鉄道の時間によってはちょうど間に合わないような時刻に宮古に着くことがあるので注意。

猊鼻渓の乗船場付近と一関市中心部の史跡(岩手県一関市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は一関市内の史跡を巡ります。

DSCN1385 - コピー
まず、猊鼻渓(げいびけい)から。猊鼻渓駅から徒歩圏内です。


DSCN1390 - コピー
ただ、ここはあくまでも船の乗り場で猊鼻渓そのものではなかった……。とても乗る時間はなかったため、諦めてバスで一関市内に出ました……。


DSCN1394 - コピー
一関駅に到着。観光案内所で、ざっと行ける範囲の史跡を聞く。


DSCN1399 - コピー
祥雲寺に歩いて行きました。
経蔵は1828年のもので市の文化財。写真だとわかりづらいですが、かなりデカい。


DSCN1404 - コピー
一関辺りを治めた田村家の墓。
田村家は元々独立した国衆でしたが、伊達政宗の親戚ということで、そのまま伊達一門の中に組み込まれました。江戸時代は3万石。


DSCN1405 - コピー
続いて、願成寺へ。


DSCN1407 - コピー
伊達騒動で有名な伊達宗勝の墓があります。


DSCN1409 - コピー
ここから八幡神社の境内に入りました。
狛犬がおもろい。東北の狛犬は微妙にスタンダードからズレている。


DSCN1411 - コピー
こちらが社殿。


DSCN1412 - コピー
手洗水鉢は1698年、一関藩主(独立した藩じゃない気がするけど説明板にそうあったので表現使う)が奉納したもの。


DSCN1414 - コピー
高台のエリアにわずかにお城の遺構がある。
この社殿は藩主を祀る田村神社か?


DSCN1415 - コピー
神社あたりをもう一枚。


DSCN1416 - コピー
こんな感じの一関巡りでした。
次は戦国大名武田氏終焉の地である山梨県の田野あたりを巡ります。
ウニの駅弁を喰らう。

行き方
猊鼻渓
猊鼻渓駅から徒歩で遊覧船乗り場にはあっさり行けるが、実際の猊鼻渓に行くには無茶苦茶遊覧船の時間がかかるため、相当余裕を見ておかないと結局行けない……。駅前に景勝地があると勘違いしてアイスクリームみたいなのだけ食べて時間つぶしてバスで一関市内に出た。
一関駅周辺の史跡
徒歩で行ける範囲。

成島毘沙門堂と熊野神社・花巻城など花巻市の史跡(岩手県花巻市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は花巻市の史跡を巡ります。ただし宮沢賢治のところにはとくに行きません。だいたいもっと古い場所を巡るので……。

DSCN1259 - コピー
まずは土沢駅からスタート。


DSCN1260 - コピー
この駅銀河鉄道の夜の舞台でした。


DSCN1265 - コピー
さてバスがないので片道5キロぐらい歩いて、熊野神社に来ました。


DSCN1266 - コピー
熊野神社拝殿。


DSCN1268 - コピー
こちらの本殿は室町時代のもので県指定文化財。なお、文化財のほうは三熊野神社という名前になってます。


DSCN1271 - コピー
ここは泣き相撲という行事が伝わってます。


DSCN1273 - コピー
神社の敷地の中に成島毘沙門堂があります。毘沙門堂ははっきりした年代は不明なものの中世までさかのぼる建物とされていて、重要文化財。


DSCN1275 - コピー
狛犬が独特。


DSCN1280 - コピー
毘沙門堂をもう一枚。なお、重要文化財の巨大毘沙門天は後ろの収蔵庫に安置されています。


DSCN1286 - コピー
帰り道、この高台は安俵(あひょう)城という和賀氏関係の城跡です。


DSCN1291 - コピー
花巻駅に来ました。だいぶ日暮れ……。


DSCN1293 - コピー
花巻城はもともと稗貫(ひえぬき)氏の拠点でしたが、秀吉につぶされたあと、南部氏家臣の北秀愛(ひでちか)が入りました。ただ秀愛が亡くなったので父親の松斎(しょうさい)が街づくりを行いました。
この雄山寺は松斎の菩提寺です。


DSCN1294 - コピー
城のほうへ入っていく。ここは門があった跡。


DSCN1298 - コピー
土塁が残る。


DSCN1299 - コピー
本丸エリア。


DSCN1303 - コピー
堀も残ります。


DSCN1306 - コピー
花巻城としては圓城寺(えんじょうじ)門が遺構として残ります。1614年のもので花巻市の文化財。今は神社の門として使われてます。

こんな感じの花巻市内巡りでした!
次回は横手を巡ります。

行き方
成島毘沙門堂と熊野神社
近くに行く路線バスがないので土沢駅から歩く以外に交通機関がない。片道5キロぐらいある。
毘沙門天拝観料 500円

カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: