中尊寺・達谷窟(たっこくのいわや)(岩手県西磐井郡平泉町)

どもども、森田です。
今回は世界遺産、平泉の続きで、もっとインパクトのあるエリアを回りたいと思います。

IMG_6433 - コピー

まずは金色堂で超有名な中尊寺へ。

IMG_6434 - コピー

杉並木をてくてく歩いていきます。中尊寺はかなり奥に広い寺なので、拝観は結構時間かかる。あと、この中尊寺全体が小高い山を切り開いて作られているので、アップダウンもまあまああります。この山を通る街道が衣川の関に通じることから関山(かんざん)と言うようになったという話があります(最初の写真で関山中尊寺と書いてますね)。

IMG_6437 - コピー

「フジカラー」になんか時代を感じます。まあ、弁慶って昔の人ですからね。

IMG_6438 - コピー

おそらく弁慶伝説がはなやかになってから追加で作られた弁慶堂。さっきのフジカラーの奥にあります。

IMG_6439 - コピー

北のほうをのぞむ。
おそらく奥州藤原氏全盛期の時代でもこんな景色だったのでしょう。

IMG_6440 - コピー

このあと、また薬師堂が出てきますが、まず最初の薬師堂。

IMG_6441 - コピー

こちらは江戸時代初期の本坊表門。寺の伝説では島流しになった一関藩主の屋敷の門だとか。まあ、いわゆる本堂があるエリアですね。ただし、まだまだ道は続きます。肝心の金色堂などはもっと奥。

IMG_6442 - コピー

本堂はちょうど百年ほど前の建物。サイズとしては中尊寺最大なので、記念写真撮ってる人が多かったです。

IMG_6443 - コピー

本坊エリアの一区画先が峰の薬師堂。

IMG_6445 - コピー

その横にさりげなく平安時代に作られた願成就院宝塔が置いてあります。観光客に見事に無視されてますけど、すごく貴重なものです。国の重要文化財。

IMG_6448 - コピー

しばしば観光マップなどで使われるアングルの写真。この建物(覆堂 おおいどう)の中に金色堂が入っています。生で見ると、やっぱり迫力ある。迫力あるというか、一瞬CGかなと錯覚する。考えてみたら、現実世界ではすべて黄金で荘厳された建物なんて目にする機会はないんですよね。もちろん立体なんだけど、映像のような違和感を覚えるのはそのせいじゃないのかなと。
なお、この覆堂とその手前の讃衡蔵(さんこうぞう)という名前の中尊寺の文化財を集めている博物館はセットで入館料払って見る構造になっています。金色堂ばっかり有名ですが、重文クラスの仏像がたくさん見れるので、仏像好きもチェックしましょう。

IMG_6449 - コピー

金色堂を出ると、すぐそばに経蔵が立ってます。重要文化財。
実はこの中に入っていた棟札は1122年、保安二年のもので日本最古の棟札です。全く使い道のないトリビアだと思いますが、覚えておいてください。

IMG_6452 - コピー

その近くにあるこの建物は旧覆堂。重要文化財。室町時代の建築。
なんと、覆っていたほうまで重文というのがすごい。ラスボスを守ってる中ボスもけっこう強いということだろうか。
なお、このあたりであまりの寒さにデジカメのバッテリーがあがって、あわててます。完全に雪国の気候。

IMG_6454 - コピー

続いて、もう何があるかすべて書いてるけど、白山神社能舞台に行きます。

IMG_6455 - コピー

能舞台は萱葺きなので無茶苦茶古そうに見えますが、実は幕末の建物。それでも能舞台はレアなので重要文化財になっています。

IMG_6457 - コピー

かっこいいのに、こっちまで来る人はほぼいない。

IMG_6458 - コピー

池は思いっきり凍っている。

IMG_6459 - コピー

このあと、高館義経(たかだちぎけい)堂に行ったのですが、デジカメのバッテリーがやられていて、とくに写真なし。でも、いわゆる古い建築とかある場所ではないので、まあ、いいや。これは敷地内からの写真です。目の前は北上川。
前回、はっとう汁を食べたお店のストーブの前にデジカメを置いて回復させるという裏技を発揮しました。

IMG_6465 - コピー

自転車で次の目的地を目指す途中であったいかにも何かありそうな岩。きっちり伝説アリ。

IMG_6466 - コピー

川沿いにひたすら自転車をこいでたら、滝みたいなものもあった。ここまでくれば目的地はすぐそこ。

IMG_6467 - コピー

平泉に行ったらぜひ忘れずにめぐってほしいのが、ここです。達谷窟(たっこくのいわや)。
赤い建物は毘沙門堂。名前の通り、毘沙門天が大量にいらっしゃいます。この地はもともと、蝦夷の首長である悪路王などが砦を築いていたエリアだとされています。そんな連中を追討した坂上田村麻呂がここに毘沙門堂を築いたとか。

そのほか、いくつも伝説があります。この窟の地下から、本州の最北端のような場所の青森県の外ヶ浜につながっているという伝説も。

以下、文献などで当たったことではなく、妄説ですが、平泉という地がそれより北のエリアから見るとかなりの高台にあるようなところからも推察できるように、この平泉エリアは古くは日本の果てと認識されていたのではないでしょうか。
ここから北はマジで何者が住んでるかもわからない未開の地。だから、この最果てから本州の地理上の最北端の外ヶ浜とは同じようなものと見なされ、無茶苦茶離れてるのに地下でつながってるように認識された、と。どうも、奥州藤原氏の勢力範囲ってこの平泉より南側が基本のようなんですよね。白水阿弥陀堂も奥州藤原氏の一族が作ったものですが、あれなんて、いわきですからね。義経に味方した武士で有名な佐藤一族なども信夫(しのぶ)郡司の一族と言われてますが、これももっと南に勢力を持っていた人たちですよね。朝廷から見たら、蝦夷のトップのように奥州藤原氏は認識されていたかもしれませんが、本人たちはむしろ蝦夷を征服する最前線と認識してたのではないでしょうか。華やかな文化を誇ったのも、俺たちは都会人だぜ、田舎者じゃないぜって気持ちの表れなのではないか。藤原秀衡は鎮守府将軍に任命されますが、これって政治的意図があるとはいえ、完全に征服者の側の役職なんですよね。

IMG_6471 - コピー

とにかく、かっこいい。

IMG_6472 - コピー

これを窟(いわや)というのかわからないけど、岩に食われてるようなところに建物があるのは事実。

IMG_6474 - コピー

磨崖仏もいらっしゃいます。寺社好きにはたまらないところだと思います。

IMG_6476 - コピー

左上が磨崖仏にあたります。

IMG_6479 - コピー

弁天堂にも妙な伝説が書いてあったけど、長いので省略。

IMG_6480 - コピー

この不動堂にはヘタウマな感じの愛らしい不動明王がいらっしゃいます。

IMG_6482 - コピー

こちらは新しい本堂。

IMG_6487 - コピー

鳥居もかなりかっこいい!

行き方
・中尊寺
平泉駅からの距離は一キロほど。毛越寺から金鶏山を見て、ガイダンス施設を見学するルートでもだいたい同じ距離なので、毛越寺を見てから向かうのが効率いいでしょうか。なお中尊寺の近くにはお土産処、食事処などもあるので、場合によっては活用したいです。平泉駅近辺は意外とお土産買えるところが少なく、コンビニのNEWDAYSほどしかないので要注意。
・達谷窟
平泉駅から5~6キロほど。さすがに往復で歩ける距離ではないうえに、バスも観光客がまともに使えるダイヤではないため、駅前のレンタサイクルを活用したい。自転車で片道15~20分ほどでした。道は車の通行も少ないので、気楽に走れる。ただし、冬場は本気で寒い。平泉駅から一ノ関方面に戻る電車は一時間に一本ほど。電車が出た直後の時は(まさに森田のケース)近くの喫茶店で待機するなどして待ちたい。

その他、平泉にはお寺や御所の跡地のような遺跡が点在していますが、遺跡を見て愛でられる人でなければまったく楽しくないので興味ある人だけまわればいいかと。なお、世界遺産になった影響か、遺跡は工事中・整備中の場所なども多いので確認したほうが無難か。
今回の森田のコースだと、9時ごろから観光を開始して、毛越寺・金鶏山・ガイダンス施設・中尊寺・高館義経堂(ここはパスしてもいい)・食事とまわり、自転車を借り、14時ごろには最後の観光ポイントの達谷窟を見終わって平泉駅に戻ってこれました。


次回は和歌山の史跡か茨城の史跡か、どっちかをご紹介します。
スポンサーサイト

毛越寺・金鶏山(岩手県西磐井郡平泉町)

どもども、森田です。
今回は世界遺産平泉をめぐりました。二回に分けて、平泉の史跡をだいたい全部めぐります。
まず前半は毛越寺(もうつうじ)などを中心にどっちかというとサブ的な場所を、後半に中尊寺など派手な場所をご紹介しようと思います。

IMG_6359 - コピー

新幹線からの写真。福島駅の割と近くを走行中。人生でこんなに北上したことは皆無(最高で郡山まで)なので、これがみちのくかとなんか感動してました。なお、この日は超朝早いです。余裕で夜明け前に出発しました。

IMG_6362 - コピー

東北新幹線に乗った経験もなかったので、早朝の割にテンションが全体的に高かった。

IMG_6365 - コピー

やたらと新幹線を撮影していた。

IMG_6366 - コピー

そして、仙台も過ぎて、さらに北上を続け、やっと乗換駅の一ノ関に。この写真は実は夕方のものですが、冬の東北の気候だと朝も夕方もあんまり変わらない写真に見える。基本的に天候は福井と同じだなという印象でした。雪が降ったりやんだり。

IMG_6370 - コピー

在来線に乗り換え。次の次の駅がもう平泉なので、すぐです。

IMG_6373 - コピー

平泉駅に到着。駅直結の観光案内所に行って、食事処などを確認していざ出発。
レンタサイクルもありますが、早すぎて開いてないため、徒歩でまわることに。ただ、ぶっちゃけ、達谷窟(たっこくのいわや)以外は徒歩でまわれなくもないです。

IMG_6379 - コピー

観自在王院跡の池。国名勝の庭園です。このすぐそばが毛越寺。
なお、観自在王って何やと思われた方、仏様の名前の一つです。五智如来という密教の五人の如来グループの一人(ほかは大日、あしゅく、宝生、不空成就)です。なので、観自在王如来のお寺という意味ですね。

IMG_6385 - コピー

さて、毛越寺へ。
藤原基衡に建立された寺院で、昔は中尊寺よりもデカかったのですが、焼けてしまいました。ただ、今でも浄土式庭園が残っていて、そちらで有名です。

IMG_6389 - コピー

本堂も新しいものですが、立派。
ここに行く前に左側に小さな博物館が併設されてます。

IMG_6396 - コピー

庭園の雰囲気が雪と氷のせいで、全体的に出ない。もしや、行く時期を間違えたかとちょっと後悔しはじめる。あと、会津に負けず劣らず、この日の平泉も寒い。というか、この写真見たら誰でもわかりますよね。

IMG_6398 - コピー

開山堂。毛越寺の開山は円仁です。全然基衡と時代あわないのですが、まあ、伝説ですね。
伝説では東北に旅をしていた円仁が濃霧で困っていると、白い鹿の毛が敷き詰められた、それをたどって歩いていくと、鹿がうずくまっていた。鹿は消えて薬師如来の化身が現れて(ママ。薬師如来そのものとは本に書いてなかった)ここにお寺を作れと言われたと。そして、鹿の毛に導かれて山を越えてやってきたところに建てたので、毛越寺(けごしでら)ということになったとのこと。かなり無理矢理感あるので、あとづけでしょう。あと、なんで「もうつうじ」なんて変な読み方なのかも書いてあった気がするけど忘れました。

IMG_6405 - コピー

何かよくわからん写真ですが、これ、平安時代の曲水の宴の遺構なんです。あの和歌を早く読まないとお酒飲まないといけなくなるという、いかにも金持ちの遊びやなって感じのアレです。

IMG_6410 - コピー

これは常行堂(じょうぎょうどう)。ここでテンション上がる人、このブログ見てる中で一人いるかどうかだと思いますが、ここ、摩多羅神(またらじん)を祀ってます。そう、延年の舞の奉納するあそこです。おお、あの神か!とテンション上がる人だけ上がってください。
余談ですが、このお堂、階段部分も含めて土足禁止なのですが、靴のまま上がろうとして掃除中のおっちゃんに注意されました。なんで靴で上がろうとしたのかというと、土足禁止の札が一番上のスペースに置いてあったせいです(スリッパも上段にあったし)。自分みたいにそこから先が土足禁止だと認識する人間が多分五人に一人ぐらいいると思うので、階段の一番下の段にも置いてください。階段からアウトかは文脈上、判断不可能やで。

IMG_6414 - コピー

庭園が見せ場なのに、やっぱり冬だとわかりづらい。

IMG_6420 - コピー

続いて、金鶏山(きんけいざん)へ。説明が面倒なのでそのまま案内板を載せます。毛越寺と中尊寺のちょうど間の小高い山といった感じです。

IMG_6423 - コピー

のぼり口がありますが、すぐにのぼれます。のぼり口から徒歩200メートルらしいので。ただ、意外と木が多くて眺望はよくなかった。なお、右手が義経妻子の墓です。義経の墓ではないらしい。

IMG_6431 - コピー

冷静に考えると、どういうシチュエーションかよくわからない図。

IMG_6432 - コピー

中尊寺のそばに弁慶の墓と言われているスポットがあります。中尊寺は長くなるので次回。

IMG_6462 - コピー

せっかくなので地元の店で郷土料理を注文しました。はっとう汁。たぶん、ほうとうと似た語源のものと思われる。餃子の皮みたいなのが入った野菜スープです。こういうのがいいんだよ。本当に寒い日だったので助かる。

IMG_6464 - コピー

店の前にもはっとう汁の旗が。全然、観光地価格じゃなくて、普通に安かったです。ちょっと記憶あいまいですがたしか550円ぐらいだった気が。安かったのでほかにも注文しました。なお、店の名前は民家。たしかに民家でやってる店です。

行き方
まず、平泉へは東北新幹線で一ノ関まで出て、在来線乗り換え2駅。新幹線に乗ってしまえば東京近郊に住んでれば十分日帰りで見てまわれる。観自在王院跡など、全体的に跡地が多いため、メインの毛越寺、中尊寺(できれば達谷窟も)を見るだけなら、おそらく余裕で日帰りも可能。付近には景勝地もあるので泊りがけでそちらに行くのも可。
毛越寺は平泉駅から徒歩10分ほど。ひたすら駅の前から北上するだけなので、絶対迷わない。その手前が観自在王院。
金鶏山は毛越寺から少し戻って中尊寺方面に曲がると、左手のほうに見えてきます。
食事処の「民家」は駅からかなりすぐ。案内所の人も進めてくれたので、ある程度信用できる店かと。中尊寺近辺に食事処はあるが、雰囲気的に観光地価格の空気が。


次回は中尊寺と達谷窟をめぐります。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

アフィリエイト
物理的に孤立している俺の高校生活 2(2017/6/20)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界お好み焼きチェーン ~大阪のオバチャン、美少女剣士に転生して、お好み焼き布教! ~(2017/6/15)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。2(2017/5/13)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2(2017/4/14)
森田 季節

商品詳細を見る
物理的に孤立している俺の高校生活(2017/2/17)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 3(2017/2/14)
森田 季節

商品詳細を見る
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(2017/1/23)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(2017/1/13)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。(2016/11/12)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 2(2016/08/09)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 7(2016/06/17)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ(2016/05/25)
森田 季節

商品詳細を見る
てらめぐりぶ?(2016/04/20)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗(2016/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯3(2016/01/22)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 6(2016/01/19)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯 2(2015/09/25)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》5(2015/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 5(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)(2015/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)(2015/02/24)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 4 (ガガガ文庫 も)(2015/02/18)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2015/01/22)
森田季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/12/13)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2014/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)(2014/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 4 (オーバーラップ文庫)(2014/07/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 2 (ガガガ文庫)(2014/06/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 書き下ろしSS付き (GA文庫)(2014/04/15)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 3 (オーバーラップ文庫)(2014/03/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 (ガガガ文庫)(2014/03/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 2 (オーバーラップ文庫)(2013/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?7 (GA文庫)(2013/10/16)
森田 季節

商品詳細を見る
つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)(2013/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 1 (オーバーラップ文庫)(2013/08/25)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない- (GA文庫)(2013/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない- (GA文庫)(2013/05/16)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)(2013/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
つきたま 2 ※公務員のお仕事楽しいです (ガガガ文庫)(2013/03/19)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?6 (GA文庫)(2013/03/16)
森田 季節

商品詳細を見る
どうせ私は狐の子(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る
ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)(2013/01/18)
森田 季節:作 えいひ :絵

商品詳細を見る
つきたま ※ぷにぷにしています (ガガガ文庫)(2012/12/18)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)(2012/11/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?5 (GA文庫)(2012/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
小説 いまいち萌えない娘(2012/09)
森田 季節、神戸新聞社 他

商品詳細を見る
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)(2012/06/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?4 (GA文庫)(2012/06/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん2 (MF文庫 J も 2-9)(2012/05/24)
森田季節

商品詳細を見る
デキる神になりますん (ファミ通文庫)(2012/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
ノートより安い恋 (Yuri-Hime Novel)(2012/03/17)
森田 季節

商品詳細を見る
落涙戦争(2012/03/07)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?3 (GA文庫)(2012/02/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん (MF文庫J)(2012/01/23)
森田季節

商品詳細を見る
ドラマCD お前のご奉仕はその程度か?(2011/11/25)
No Operating System

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?2 (GA文庫)(2011/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)(2011/10/14)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か? (GA文庫)(2011/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)(2011/05/07)
大森 望

商品詳細を見る
コミック百合姫 2011年 01月号 [雑誌](2010/11/18)
不明

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)(2010/10/21)
森田季節

商品詳細を見る
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫 JA モ)(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ (MF文庫 J も 2-6)(2010/06/23)
森田季節

商品詳細を見る
ともだち同盟(2010/06/26)
森田 季節

商品詳細を見る
桜木メルトの恋禁術(2009/09)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ〈2〉(2009/05)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ(2009/01)
森田 季節

商品詳細を見る
プリンセス・ビター・マイ・スウィート(2008/12)
森田 季節

商品詳細を見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る