fc2ブログ

小野田線・宇部線・美祢線など山口県のローカル線と仙崎の街並み(山口県長門市など)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

まずは宣伝から。
物理的に孤立している俺の高校生活8a
「魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。」コミック3巻、発売しました!

スライム倒して300年_13巻_挿絵10(完成版)a
「スライム倒して300年」13巻も発売いたしました!


今回は山口県のローカル線巡りをちょっとやります。

DSCN1977 - コピー
まずは小野田から小野田線に乗って、宇部線の宇部新川を目指します。
工業地帯なので鶴見線的な枝線がついてる路線が延びてます。


DSCN1979 - コピー
一両のこいつに乗る。


DSCN1989 - コピー
宇部新川駅に到着。
ここから新山口まで引き続き、宇部線に乗っていきますが、乗る電車がちょっと空くので宇部新川を歩きます。


DSCN1991 - コピー
駅前にあるこの建物は1937年にできた宇部市渡辺翁記念会館。
文化庁の説明によると「表現派の系譜をひくモダニズム建築の代表作であるとともに,日本近代建築のひとつの到達点を示す作品」らしい。重要文化財。


DSCN2001 - コピー
新山口駅に到着。ここは駅のあたりが変わった庭?になってます。


DSCN2005 - コピー
こういうの、なかなかかっこいいですよね。


DSCN2007 - コピー
また西に移動して、さっき乗り換えで使った小野田駅よりも一駅西の厚狭(あさ)駅へ。ここから美祢(みね)線で日本海側へ北上します。


DSCN2009 - コピー
いかにもローカル線という風情になる。


DSCN2012 - コピー
終着駅の長門市駅に着きました。写真はこのちょっと北の青海島(おうみしま)の駅の案内写真を撮影したもの。島には渡りませんが、その手前までは北上して歩きます。というのも、2キロほど北側に仙崎駅という長門市~仙崎間を走る山陰本線支線の終点があるため。


DSCN2013 - コピー
とてつもなく時代を感じる。通商人!


DSCN2016 - コピー
これもなんだかんだで時代を感じる。


DSCN2019 - コピー
支線の本数がすごく少ないので、仙崎駅まで歩いてあっちから乗ります。


DSCN2022 - コピー
仙崎駅のほうにちょっと歩いていくと、奥に青海島が見えてきました。


DSCN2026 - コピー
青海島がついてるおかげで、日本海側だけどこのへんはなかなか穏やかな海になってます。


DSCN2028 - コピー
すぐ先が青海島というところまで来た。今は車で渡れます。


DSCN2031 - コピー
遍照寺には金子みすゞの墓があります。仙崎はこの人の故郷です。「みんなちがって、みんないい」って言葉を作った人です。


DSCN2033 - コピー
続いて極楽寺へ。仙崎は寺が一エリアに固まってます。


DSCN2035 - コピー
港町の雰囲気が残ってます。


DSCN2036 - コピー
しばらく街並みを歩く。


DSCN2038 - コピー
金子みすゞ記念館がありました。


DSCN2039 - コピー
もう一枚撮影。この金子文英堂が金子みすゞが幼少期を過ごした場所やそうです。


DSCN2046 - コピー
警官がかわいい。


DSCN2047 - コピー
この猫が今どうなってるか気になる。


DSCN2048 - コピー
仙崎駅に到着しました。だいぶ日暮れ。


DSCN2049 - コピー
ここから乗るために歩いてきました。


DSCN2052 - コピー
いかにも終着駅の風情。


DSCN2057 - コピー
こんな感じの山口県のローカル線と仙崎巡りでした。
次回は福岡県のローカル線に乗ります。
宇部ラーメンという豚骨ラーメンが宇部のご当地ラーメンらしい。

行き方
路線に乗ること自体が目的の箇所は割愛。
仙崎は歩いてぶらぶらするにはちょうどいいサイズの港町で、青海島に渡れば、またいろいろ景色のいいところもある。
長門市~仙崎間は一日数往復しかないが、長門市駅から30分も歩くと、あっさり仙崎に着いているので実は問題なく歩いていける。

スポンサーサイト



柳井の街並み(山口県柳井市・玖珂郡和木町)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

物理的に孤立している俺の高校生活8
まず本の宣伝から。
19日に「物理的に孤立している俺の高校生活」8巻発売します! よろしくお願いいたします!


今回は山口県の昔からの商業都市、柳井を巡ります。

DSCN0406 - コピー
この川の奥が町並み保存地区。ここは柳井駅から近いので便利です。


DSCN0407 - コピー
小田家は商家博物館・むろやの園という名前で一般公開されてます。古い部分は1730年頃のもので県指定文化財。


DSCN0413 - コピー
こちらが入口。


DSCN0416 - コピー
柳井市町並み資料館は旧周防銀行本店です。1907年の建物で登録有形文化財。


DSCN0418 - コピー
街並みが残ってる所は狭いですが、いい雰囲気です。


DSCN0420 - コピー
今回、大半が街並みです。


DSCN0421 - コピー
国森家住宅は江戸時代中期から後期にかけての建物で重要文化財。


DSCN0424 - コピー
カニ飛び出し注意。


DSCN0425 - コピー
狭い路地。


DSCN0429 - コピー
古い建物が密集してます。


DSCN0430 - コピー
なかなかしゃれている。


DSCN0433 - コピー
ちょっと蔵っぽい雰囲気があります。


DSCN0435 - コピー
佐川醤油蔵。


DSCN0438 - コピー
こちらは、やない西蔵。ちょっとしたミュージアムみたいになってます。大正末の建物ですね。


DSCN0442 - コピー
金魚がシンボル。


DSCN0446 - コピー
町並みエリアをちょっと出ます。誓光寺。


DSCN0451 - コピー
湘江庵。


DSCN0452 - コピー
こちらは国木田独歩旧宅。


DSCN0458 - コピー
こんな感じの柳井の旅でした。次は岩国へ移動します。海が近い。向かいは瀬戸内の巨大な島。


DSCN0459 - コピー
岩国駅前の老舗ラーメン。


DSCN0463 - コピー
翌日の早朝。次は岩国の東隣の駅の和木から歩きます。
右側は多分広島県。ここが境界。


DSCN0464 - コピー
瀬田八幡宮に来ました。早朝5時台なので暗くてぶれている。


DSCN0466 - コピー
本殿は1715年の建物で県指定文化財。


DSCN0469 - コピー
八幡宮のすぐ下の安禅寺へ。


DSCN0471 - コピー
こちらには彦根藩士の墓があります。
なぜ彦根藩士なのか。そう、川を渡って長州に攻めてきたんですな……。

こんな感じの柳井と和木でした。
次回は西日本最大級の酒蔵の街、西条を巡ります。

行き方
柳井の街並み
柳井駅前から徒歩10分弱で到着。
瀬田八幡宮・安禅寺
和木駅から徒歩20分ぐらい。

錦川鉄道・遠石八幡宮(山口県岩国市・徳山市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は岩国の北、錦川鉄道に乗ります。

DSCN0310 - コピー
新岩国まで新幹線で来た。


DSCN0317 - コピー
ここから乗り換えます。


DSCN0320 - コピー
錦川鉄道のほうに来ました。
正直廃線みたいな風情で本当に列車が来るのか怖かった。


DSCN0327 - コピー
絶景を行く。


DSCN0327 - コピー
終点までほぼずっとこんな風景です。


DSCN0334 - コピー
車内ポスターが百合。


DSCN0338 - コピー
終点に到着。


DSCN0340 - コピー
岩国の錦帯橋擬人化か?


DSCN0342 - コピー
終点の錦町駅。


DSCN0344 - コピー
日によってはこの先に行く謎の乗り物がある。なお、この日は動いてませんでした。
さて、折り返し列車で引き返します。


DSCN0355 - コピー
岩徳線と合流する川西駅まで来ました。


DSCN0357 - コピー
錦帯橋の時に来た西岩国駅。1929年の建物で登録有形文化財。もともとこっちが岩国駅でした。
徳山方面の列車まで少し時間があるので、ちょっと散策します。


DSCN0361 - コピー
旧岩国税務署は1925年の建物で登録有形文化財。錦帯橋行った時、このあたり通ったかもしれないけどチェックし忘れてました。


DSCN0363 - コピー
岩国練武場は1929年の建物で登録有形文化財。こういうのを見るために西岩国で降りました。


DSCN0367 - コピー
この通り、ほかにも古い建物がぽつぽつあります。


DSCN0376 - コピー
西岩国から岩徳線で徳山を目指す。


DSCN0382 - コピー
徳山市の遠石(といし)八幡宮は徳山藩の氏神でした。
本殿・幣殿・拝殿・祭器庫・神饌所・透塀・神門(と袖塀)は1940年のもの、手水舎はその翌年のもので登録有形文化財です。


DSCN0383 - コピー
ここの鐘、銘に元寇のことに関する言及がある非常に貴重なものです。


DSCN0385 - コピー
手水舎。


DSCN0386 - コピー
神門。


DSCN0389 - コピー
拝殿。大内氏の領国でよく見られるタイプの楼門ぽいタイプですね。


DSCN0391 - コピー
こちらが本殿。なお、祭器庫と神饌所は拝殿と本殿に接続されていると思われます。結局どの部分かよくわからない。


DSCN0393 - コピー
多分こういうのが左右対称でくっついている。


DSCN0397 - コピー
やっぱり徳山だ。
こんな感じの錦川鉄道と遠石八幡宮でした。
次回は古い町並みが残る柳井を巡ります。

行き方
錦川鉄道
普通は岩国駅から乗ると思うが、結局新幹線の駅が岩国駅ではなく、場所のかけ離れた新岩国なので、新岩国で降りて清流新岩国駅まで歩いて接続するという方法をとった。でないと東から来た場合、広島駅から在来線で岩国まで行くということになり、これはけっこうダルい。
遠石八幡宮
山陽本線櫛ヶ浜駅から徒歩15分。なお、岩徳線はこの駅から岩国方面に分岐。

大照院・金谷天満宮・藍場川沿いの街並み(山口県萩市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回で萩巡り編も最後になります。
見るものが本当に多かったです。

DSCN2582 - コピー 
まずは東光寺と並ぶ毛利家の墓所である大照院から。
多くの建物は1750年の再建で重要文化財に指定されています。この鐘楼門も重要文化財。


DSCN2584 - コピー 
庫裏も重要文化財。


DSCN2587 - コピー 
本堂も重要文化財。


DSCN2590 - コピー 
経蔵も重要文化財。


DSCN2592 - コピー 
墓所へ入りますが、とりあえず神聖すぎる。


DSCN2595 - コピー 
これは神聖!


DSCN2599 - コピー 
天気でよかったです。曇ってたらこの写真は撮れなかった。

DSCN2601 - コピー 
ゲームで重要アイテムくれるところ。


DSCN2605 - コピー 
書院も重要文化財。


DSCN2608 - コピー 
鐘楼門をもう一枚。
こんな感じの大照院でした。


DSCN2610 - コピー 
みかん売ってました。


DSCN2618 - コピー 
萩駅は1925年の建物で登録有形文化財。でも、全然、町の中心部にないので、観光での使い道はほぼないです……。


DSCN2620 - コピー 
金谷天満宮は本に一切書いてなかったですが、かなり立派なところです。1720年、現在地に来ました。


DSCN2622 - コピー 
門も立派。


DSCN2623 - コピー 
本殿エリアはさらに先。


DSCN2624 - コピー 
拝殿か本殿かちょっと不明。


DSCN2625 - コピー 
廊下でくるっと囲まれているタイプですね。


DSCN2630 - コピー 
こちらは山形有朋誕生地。しょうがないと言えばしょうがないが、人によって人気の差が露骨に感じられて、アレです。あまり権力握った生涯になってしまうと、キャラとしては映えない……。


DSCN2631 - コピー 
続いて藍場川沿いのエリアへ。


DSCN2632 - コピー 
旧湯川家屋敷は市の史跡。


DSCN2635 - コピー 
桂太郎旧宅。


DSCN2636 - コピー 
鯉が泳いでます。


DSCN2639 - コピー 
現役でこの川、使われてるな。


DSCN2641 - コピー 
東萩駅のほうに戻ってきました。こちらは品川弥次郎の誕生地。今はただの公園です。なんちゅうか、当たり前だけど、やっぱり人気ある人とない人の扱いの差が激しいですよね……。


DSCN2643 - コピー 
こんな時刻表なので、正直、萩に旅行に行くのに鉄道を使うのはきついです……。
ただ、東萩駅にバスは結構来る。これでJR新山口駅まで一時間ちょっとなので、あとは新幹線に乗ってしまえばいい。そう考えると思ったよりも行きやすいです。


DSCN2646 - コピー 
ここも行きたかったけど、時間がなかった。というか、体力がさすがに限界だった……。


DSCN2649 - コピー 
こんな感じの萩巡りでした。本当に充実した観光地でした。
次回は箸休めと言うと失礼ですが、ずいぶん地味なところになりまして、兵庫県の播磨町という町を歩きます。

行き方
今回もレンタサイクルで回っている。
大照院拝観 200円
なお、今回の萩巡りはかなり駆け足で一日で回ったが、普通の観光ペースだと萩を回るだけで、丸二日はかかると考えたほうがいい。

萩城と平安古地区(山口県萩市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。


DSCN2514 - コピー 
今回は萩のお城の中に入っていきます。


DSCN2516 - コピー 
旧厚狭毛利家萩屋敷長屋はお城の大手門の真ん前にあります。毛利元就五男が祖の家で8000石以上を領していました。この長屋は1856年のものですが、重要文化財。


DSCN2523 - コピー 
いざ入城。


DSCN2524 - コピー 
景色が無茶苦茶かっこいい。


DSCN2529 - コピー 
豪華!


DSCN2533 - コピー 
カクカクしている。


DSCN2535 - コピー 
お城の中にある花江(はなのえ)茶亭は幕末に藩主が作ったもので市の文化財。


DSCN2537 - コピー 
梨羽家茶室も移築されています。かなりボロくなってますが。


DSCN2539 - コピー 
この中国っぽい橋は万歳橋(ばんせいばし)という明倫館の聖廟(つまり孔子を祀ってるところ)にかかっていたものです。


DSCN2544 - コピー 
本丸にある歴代藩主を祀る志都岐山(しづきやま)神社です。


DSCN2549 - コピー 
城を出るとすぐ海!

DSCN2553 - コピー 
これはいい。


DSCN2554 - コピー 
海のそばに石垣っていうのがこんなにかっこいいのか。


DSCN2555 - コピー 
萩城よかったです。


DSCN2559 - コピー 
また、自転車で移動。平安橋は18世紀後半ぐらいのもので市の文化財。
この橋の先が平安古(へやこ)エリアになります。


DSCN2562 - コピー 
村田清風別宅跡。


DSCN2565 - コピー 
こちらは坪井九右衛門旧宅。


DSCN2568 - コピー 
やはり柑橘類がなっている。


DSCN2569 - コピー 
かくっと曲がっている。


DSCN2571 - コピー 
ここもかくっと曲がっている。


DSCN2573 - コピー 
塀と柑橘類。

DSCN2576 - コピー 
旧田中別邸は昭和初期の首相田中義一の旧宅です。


DSCN2578 - コピー 
川で城のエリアと外側が大きく分けられてます。
次回、萩エリア最終回です。

行き方
旧厚狭毛利家萩屋敷長屋と萩城跡指月公園との共通券は210円。
平安古地区はレンタサイクルなら城から行きやすいが、徒歩だと少しかかる。

カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: