黒野さんと武田君3 文化祭

黒野さんと武田君 第3話 文化祭でたこ焼きを作る


【武田】「どうするんですか、こんな間違いしちゃって。もう、文化祭二時間後なんですよ!」
【黒野】「ごめん、反省してます。でも、誰でも間違いはあるよ。ほら、たったの一文字の間違いじゃん」
【武田】「一文字でもダメですよ! たこ焼きの出店するはずなのに、たい焼きの機材レンタルしてどうするんですか!」
【黒野】「でも、食材はちゃんとたこ焼き用のものを揃えてきたよ」
【武田】「一番まずいですよ! タコ使ってどうやってたい焼きやるんですか!」
【黒野】「ま、でも、すでにある物でどうにかすること考えるしかないし、私がどうにかするわ」
【武田】「なんか、案あるんですか?」
【黒野】「たい焼きの具をタコにしよう」
【武田】「なんか気持ち悪いですよ。タイに捕食されてるみたいになってる」
【黒野】「じゃあ、カレー味にしてみる?」
【武田】「ああ! そうやってすぐにカレーに頼ろうとする! なんでもカレー味を作ったらいいって発想はダメです。とくにカレー味とか最低です。チーズの風味がカレーで消えるんですよ。全部カレーの味になるんですよ! あと、カレーラーメンも許しがたい所業ですね。ラーメンってものを冒涜してる、いや、たしかに、北海道にカレーラーメンの名店はありますよ、そういう例外はありますけど、大半はカレーによる味覚破壊、文化破壊の所業です!」
【黒野】「ごめん、そんなカレーを憎んでるとは思わなかった……。そんな主張されてるとは思わなかった……」
【武田】「カレーにはちょっと嫌な思い出があるんです。とにかく、カレーもダメです」
【黒野】「じゃあ、具に薄力粉を入れて、小麦粉で薄力粉を覆った――」
【武田】「具ないよ! 粉しか入ってないわ!」
【黒野】「でも、タコとネギを消費しないとまずいしねえ……じゃあ、名前のほうを変えよう。ブリ焼きとか」
【武田】「明らかにタイですよ。どう見ても、さかなへんに周!」
【黒野】「じゃあ、白たい焼きみたいなノリで青たい焼きとかにする?」
【武田】「無茶苦茶まずそうだろ!」
【黒野】「食紅とか面倒だから、美術部から絵の具借りてこよ」
【武田】「不味そうとか以前に本当に有害だ!」
【黒野】「たい焼きの『い』を左に90度曲げればいいんじゃない?」
【武田】「無理してたこ焼きに名前変えても、たい焼きの鉄板しかないんですよ! みんな店間違えたと思う!」
【黒野】「もう、注文多いなあ……。じゃあ、それっぽい名前でごまかそう。ノブナガ焼きとか」
【武田】「一切、織田信長関係ないわ! さも、由来あるような名前つけない!」
【黒野】「ああ、わかった、わかった! じゃあ、実際にネギとタコ入れて焼いてみるから、美味いかどうかで判断してよ」
【武田】「ああ、わかりました! でも不味かったら責任とってくれるんでしょうね!」
【黒野】「とるよ! 運営本部行って、武田君が機材間違ったんで、お店ひらけなくなりましたって涙を交えて言ってくるわよ!」
【武田】「なんで、僕が無茶苦茶悪者になってるんですか! 先輩が涙流して謝りに行くって最低じゃないすか! どうして、思いっきり責任転嫁するつもりで啖呵切った!?」
【黒野】「よし、今から作るわよ! 卵用意した。だし汁もある。ネギもタコもある…………あれ」
【武田】「どうしました?」
【黒野】「小麦粉忘れた」
【武田】「は…………」
【黒野】「……………………てへっ」
【武田】「てへ、じゃねえ!」

スポンサーサイト

黒野さんと武田君 第2話 ももたろう

黒野さんと武田君 第2話 ももたろう


【黒野】「あのさあ、演劇の台本で『桃太郎』作ったんだけど」
【武田】「なんで『桃太郎』なんですか。大学生でやる話じゃないでしょ」
【黒野】「でさあ、こういうことするの初めてなんで、変なところあると思うの。今から台本読むから変なところあったらツッコミ入れていって」
【武田】「桃太郎の話だったらだいたいわかるでしょ……まあ、わかりました」
【黒野】「むかしむかし、お父さんとお母さんがいました」
【武田】「若いな!」
【黒野】「ある日、お母さんは元気な男の子を出産しました。二人はこの子を桃太郎と名づけました」
【武田】「桃、関係ないじゃないですか! しかも、そのネーミング、『桃太郎』って作品が存在してるの前提になってますよ!」
【黒野】「桃太郎は立派な若者に成長しました。桃太郎は両親にこう言いました。『僕は悪い鬼を退治しに行きます』」
【武田】「あ、やっとまともになりましたね」
【黒野】「お父さんは言いました。『ははは、鬼なんて迷信だよ。この科学の時代に何を言っているんだ』」
【武田】「お父さん、正論すぎますよ! 桃太郎がすっごく痛い子みたいになってますよ!」
【黒野】「お母さんがすかさず畳み掛けます。『変なこと言ってないで、もう27歳なんだから就職活動くらいはしなさい』」
【武田】「どこが立派な若者なんですか! 完全にまずい人になってますよ!」
【黒野】「仕方ないので、桃太郎は岡山駅のみやげ物の店でキビ団子を、ペットショップでイヌ・サル・キジを買いました」
【武田】「キビ団子作ってもらえてないし! しかも、そのみやげ物屋で買うっていうのも『桃太郎』って話あるの前提でしょ!? 桃太郎の話なかったら岡山に売ってないですよ! あと、イヌ・サル・キジを金で買うんだったらキビ団子の存在意義ないでしょ!」
【黒野】「桃太郎はポチ・サル・キジを連れて旅に出ました」
【武田】「なんでイヌだけ名前つけた!?」
【黒野】「――自分探しの旅に」
【武田】「やっぱり自分探しかよ!」
【黒野】「桃太郎はポチ・ゴリ・キジのお供を連れ、明石海峡大橋を渡って鬼が島に入りました」
【武田】「その島、絶対に淡路島っ! 鬼いないから! あと、キジにも名前つけてあげて! しかもゴリってつけるようなサルとは種類違うから!」
【黒野】「鬼が島にはタマネギがいっぱい育っており、桃太郎は思わず泣いてしまいました。これがホントの鬼の目にも涙」
【武田】「なんで上手いこと言ったような顔してんですか! 全然上手くないし、桃太郎、鬼じゃないし」
【黒野】「その時、携帯に電話が入りました。就職先内定の通知でした。めでたしめでたし」
【武田】「確かにめでたいな!」
【黒野】「これで桃太郎の自分探しの旅は終わりとなりました」
【武田】「自分探し、しつこい!」
【黒野】「これで武田桃太郎君の話はおしまいです」
【黒野】「なんで、苗字が僕なんですか! もう帰ります!」

ショートコント 図書館

黒野さんと武田君第1話 図書館


【黒野】「じゃあ、仕事説明するね。ここに積んでるのを、<巫女>と<メイド>と<その他制服>に分けます。巫女でもメイドでもない制服が来たら、全部<その他>でいいから。また、<その他>から後で分けていきますんで」
【武田】「はい、わかりました」
【黒野】「それじゃ、見てるから、ちょっとやってみよっか」
【武田】「はい。え~と、巫女、巫女、メイド、巫女、メイド、メイド、メイド、メイド、ええと巫女、メイド、メイド、巫女、巫女、メイド、メイド――」
【黒野】「ちょっと待った」
【武田】「あれ?」
【黒野】「それ、よ~く見て。メイドっぽいけどウエイトレスだから。それ、その他になるから」
【武田】「あ、しまった。すみません」
【黒野】「いいよ、いいよ、最初は難しいから。みんな、その間違いやるから。じゃあ、もっかいやろっか。続けて」
【武田】「メイド、巫女、巫女、巫女、メイド、メイド、メイド、巫女、巫女、メイド、巫女、メイド、巫女、メイド――」
【黒野】「あ~、待った待った」
【武田】「また、ミスりました?」
【黒野】「ごめんね。それ、メイドはメイドなんだけどね。それね、メイドの本じゃなくて、普通の漫画の本なんだわ。めくると、ほら、メイドじゃないキャラ、どんどん出てるでしょ」
【武田】「あ、ほんとだ」
【黒野】「こういうのは漫画・アニメ・ゲームにカテゴライズするから、とりあえずその他にしよう」
【武田】「できてなくてすみません」
【黒野】「いや、こっちも説明不足だった。ごめんね。まあ、そのメイドだけの話として書かれてるならいいんだけど……あ~、説明難しいな。けっこう、こういうのって間違いながら覚えるしかないところってあるよね。そういう話しなんだよね」
【武田】「あ~、それ前のバイトでも言われました」
【黒の】「そうそう。まあ、とにかく開いてみてほかの人が何人も出てるようだったらその他でお願い」
【武田】「わかりました」
【黒野】「あ、あとね、上級者がやるミスなんだけど、普段メイドのはずの人が違う服を着てるってことがあってね。たとえば、これとか、パジャマ着ちゃってるんだよね」
【武田】「あ、はい」
【黒野】「その場合、メイドに分類しちゃう人がいるんだけどね」
【武田】「はい」
【黒野】「中を見て、全然メイドしてなかったら、それは違うものとして扱いますんで。見た目がメイドであるかどうかでいきます」
【武田】「あ、わかりました」
【黒野】「まあ、慣れると思うから、じゃ、やってみよっか」
【武田】「巫女、巫女、メイド、メイド、巫女、メイド、メイド、メイド、メイド、巫女、メイド、メイド、巫女、巫女、メイド、巫女、巫女巫女、メイドメイドメイド、メイド……うん?」
【黒野】「どうかした?」
【武田】「あの、『メイドVS巫女』ってのが出てきたんですけど」
【黒野】「あ~、これは難しいな……。割とちゃんと巫女ってるんだよな~。でも、メイドしてないわけでもないんだよな~。吉岡さんだったらメイドでいくかな~。ちょっと待ってね」
【武田】「はい」
【黒野】「あ、吉岡さんですか? こういうのがあったんですけど、あ、はい、やっぱりそうですか。ははははは、それ、吉岡さんだけですよ~!。じゃあ、今後全部それでいきますんで、はい、ありがとうございました。……………その他にしよう」
【武田】「その他ですね」
【黒野】「そう、その他」
【武田】「あ、わかりました」
【黒野】「ごめんね、ここは初心者には難しかったかな」
【武田】「できなくて、すみません」
【黒野】「いやいや、武田君、よく頑張ってるから。うち、すごく助かってるから、これからもお願いします。大丈夫、すぐできるから。すぐ見分けつくようになるから。それじゃ、ちょっと休憩にしよっか。お茶入れてもらうね。お~い、メイドさ~ん」
【武田】「あれ」
【武田】「今のメイドさんじゃなくないですか?」
【黒野】「よ~くやった。そう、あれはウエイトレス。よく見分けた。ちょっと今試してみたの。やっぱり、君、素質あるわ」
【武田】「あ、ありがとうございます」
【黒野】「それじゃ、また休憩終わったら残りの二千冊お願いします。それじゃ、休憩しよっか」
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

アフィリエイト
物理的に孤立している俺の高校生活(2017/2/17)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 3(2017/2/14)
森田 季節

商品詳細を見る
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(2017/1/23)
森田 季節

商品詳細を見る
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(2017/1/13)
森田 季節

商品詳細を見る
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。(2016/11/12)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗 2(2016/08/09)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 7(2016/06/17)
森田 季節

商品詳細を見る
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ(2016/05/25)
森田 季節

商品詳細を見る
てらめぐりぶ?(2016/04/20)
森田 季節

商品詳細を見る
伊達エルフ政宗(2016/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯3(2016/01/22)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 6(2016/01/19)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯 2(2015/09/25)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》5(2015/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 5(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
封神演戯(2015/05/22)
森田 季節

商品詳細を見る
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)(2015/04/14)
森田 季節

商品詳細を見る
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)(2015/02/24)
森田 季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 4 (ガガガ文庫 も)(2015/02/18)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2015/01/22)
森田季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/12/13)
森田 季節

商品詳細を見る
セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)(2014/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)(2014/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)(2014/08/08)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 4 (オーバーラップ文庫)(2014/07/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 2 (ガガガ文庫)(2014/06/18)
森田 季節

商品詳細を見る
【Amazon.co.jp限定】アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 書き下ろしSS付き (GA文庫)(2014/04/15)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 3 (オーバーラップ文庫)(2014/03/25)
森田季節

商品詳細を見る
不戦無敵の影殺師 (ガガガ文庫)(2014/03/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 2 (オーバーラップ文庫)(2013/11/25)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?7 (GA文庫)(2013/10/16)
森田 季節

商品詳細を見る
つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)(2013/09/18)
森田 季節

商品詳細を見る
烈風の魔札使と召喚戦争 1 (オーバーラップ文庫)(2013/08/25)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない- (GA文庫)(2013/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない- (GA文庫)(2013/05/16)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)(2013/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
つきたま 2 ※公務員のお仕事楽しいです (ガガガ文庫)(2013/03/19)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?6 (GA文庫)(2013/03/16)
森田 季節

商品詳細を見る
どうせ私は狐の子(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る
ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)(2013/01/18)
森田 季節:作 えいひ :絵

商品詳細を見る
つきたま ※ぷにぷにしています (ガガガ文庫)(2012/12/18)
森田 季節

商品詳細を見る
魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)(2012/11/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?5 (GA文庫)(2012/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
小説 いまいち萌えない娘(2012/09)
森田 季節、神戸新聞社 他

商品詳細を見る
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)(2012/06/30)
森田季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?4 (GA文庫)(2012/06/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん2 (MF文庫 J も 2-9)(2012/05/24)
森田季節

商品詳細を見る
デキる神になりますん (ファミ通文庫)(2012/03/30)
森田季節

商品詳細を見る
ノートより安い恋 (Yuri-Hime Novel)(2012/03/17)
森田 季節

商品詳細を見る
落涙戦争(2012/03/07)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?3 (GA文庫)(2012/02/16)
森田 季節

商品詳細を見る
神聖魔法は漆黒の漆原さん (MF文庫J)(2012/01/23)
森田季節

商品詳細を見る
ドラマCD お前のご奉仕はその程度か?(2011/11/25)
No Operating System

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か?2 (GA文庫)(2011/10/17)
森田 季節

商品詳細を見る
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)(2011/10/14)
森田 季節

商品詳細を見る
お前のご奉仕はその程度か? (GA文庫)(2011/07/16)
森田 季節

商品詳細を見る
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)(2011/05/07)
大森 望

商品詳細を見る
コミック百合姫 2011年 01月号 [雑誌](2010/11/18)
不明

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ2 (MF文庫J)(2010/10/21)
森田季節

商品詳細を見る
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫 JA モ)(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る
不堕落なルイシュ (MF文庫 J も 2-6)(2010/06/23)
森田季節

商品詳細を見る
ともだち同盟(2010/06/26)
森田 季節

商品詳細を見る
桜木メルトの恋禁術(2009/09)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ〈2〉(2009/05)
森田 季節

商品詳細を見る
原点回帰ウォーカーズ(2009/01)
森田 季節

商品詳細を見る
プリンセス・ビター・マイ・スウィート(2008/12)
森田 季節

商品詳細を見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る