fc2ブログ

大慈寺など志布志駅前の史跡(鹿児島県志布志市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は志布志の史跡を巡ります。九州でも相当南のほうですね。

DSC06189 - コピー
ひたすら日南線で宮崎から南下。終点に近づくと多分志布志湾とおぼしき風景が。


DSC06191 - コピー
終点の志布志に到着しました。日南線の大部分は宮崎県を走りますが、終点付近で鹿児島県に入ります。


DSC06193 - コピー
志布志駅。


DSC06198 - コピー
駅近くに大慈寺があります。


DSC06200 - コピー
仁王像は17世紀後半のもので市の文化財。なお、仁王らしく二体並んでますが、片方はほかの廃寺から持ってきたものです。島津氏の領内は本当に廃仏毀釈が強かったのですが、ここの仁王も土に埋もれていて、もう一体は見つからなかったそうです。


DSC06202 - コピー
もう一体。


DSC06203 - コピー
境内の雰囲気が一般的にイメージされる寺ではない。植生が南国なせいか。


DSC06204 - コピー
本堂。


DSC06206 - コピー
志布志は朝ラーメンをやってる有名店があるので、そこで食べました。9時前の時点でほぼ満員。


DSC06211 - コピー
即心院跡。まあ、廃寺になったままのところが多いです。駅からもっと郊外にこの地域で最大規模だった寺もあって、今は復興してるのですが、時間の関係で行けませんでした。


DSC06213 - コピー
14世紀の島津氏、島津氏久の墓。どっちかは不明。どちらかは夫人のものです。


DSC06220 - コピー
近くの公園に戦国時代、島津氏と激しく争った肝付兼続の墓もあります。


DSC06233 - コピー
こんな感じの志布志駅前散策でした。一本でも列車を逃すと旅程が崩壊するので足早に駅に戻りました。

次回は飫肥(おび)藩の主要な港町で、今はカープ色の強い油津を巡ります。

行き方
(鹿児島県からのアクセスは実際に行ってないので宮崎起点)
日南線でひたすら宮崎から南下する。志布志まで行く便はかなり少ないので時間に注意。志布志の駅前はなんだかんだで店も見るものもあり、問題なく観光できる。ただし帰りの列車時刻は確認しておいたほうが無難。
スポンサーサイト



薩摩一宮の新田神社・泰平寺・玉里邸庭園など(鹿児島県薩摩川内市・鹿児島市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

まず宣伝から。

14日頃に「スライム倒して300年」11巻が出ます!
スライム11巻

ついにアニメ化のオビがつきました!
なお、このサイトは今後もいつものノリで運営していく方針です。

黒魔法離れコミカライズ書影 - コピー
そして12月12日にコミカライズが二冊出ます。まず「若者の黒魔法離れ」コミカライズ4巻です!

織田信長という3巻(cover)
「織田信長という謎の職業」コミカライズ3巻も出ます!


DSCN5494 - コピー
今回は薩摩一宮の新田神社から。


DSCN5497 - コピー
こちらの降来橋は明治のもので市の文化財。


DSCN5501 - コピー
カッパが祀られている。


DSCN5502 - コピー
がらっぱ共和国!


DSCN5503 - コピー
階段が急。


DSCN5509 - コピー
社殿は慶長年間、島津家の再建で県指定文化財。ほかの県で拝殿に当たる部分は勅使殿。


DSCN5511 - コピー
顔がくどい。


DSCN5524 - コピー
本殿横の両脇摂社。


DSCN5526 - コピー
寺みたいな建築様式のようです。


DSCN5528 - コピー
手前が摂社で奥が本殿。


DSCN5536 - コピー
薩摩国分寺に来ました。新田神社からそこそこ離れていた。


DSCN5540 - コピー
泰平寺は秀吉の本陣でした。


DSCN5545 - コピー
このへんに義久が来て、秀吉と合って、和睦したらしい。


DSCN5547 - コピー
川内駅に戻ってきました。直球!


DSCN5550 - コピー
鹿児島中央に戻ってきました。ここより先に新幹線の線路はない。


DSCN5554 - コピー
新旧。


DSCN5555 - コピー
鹿児島の中心。


DSCN5562 - コピー
バスでやってきたのは島津氏玉里邸庭園。細かいことは省きますが、島津久光が1879年に傷んでたのを復活させました。久光が死ぬと、ここから棺が運び出されました(なお、国葬)。なお2007年から公開されるようになったので、昔、鹿児島に行った人は見たことないかも。


DSCN5565 - コピー
庭。


DSCN5567 - コピー
やっぱり全体的に豪壮。


DSCN5571 - コピー
鹿児島工業高校の大煙突は1920年のもので登録有形文化財。


DSCN5576 - コピー
旧鹿児島刑務所正門がこのへんにあります。1908年にできたもので登録有形文化財。


DSCN5579 - コピー
旧日本水電本館は1931年の建物。多分外観しか残ってないのかな。


DSCN5593 - コピー
鹿児島県立甲南高等学校本館は1930年の建物で登録有形文化財。


DSCN5609天文館のり一 - コピー
こんな感じの鹿児島県編でした!
鹿児島最後の夜もラーメン食べた。

DSCN5611天文館豚とろ - コピー
連食。


次回は熊本県の人吉を巡ります。

行き方
川内の史跡
いずれも川内駅から2キロ程度は離れていて絶妙に厄介。ただ、入来からのバスが駅を通ってそのまま新田神社近くまで来てくれたので、結果的にすべて徒歩で回った。
玉里邸庭園・旧鹿児島刑務所正門
鹿児島中央駅からバスで行ける。どれに乗ればいいのか地元民でなければまあまあわかりづらいので、観光案内所で聞いたほうがいい。なお、庭園は無料。

鶴丸城・城山・福昌寺・入来麓の街並みと清色城(鹿児島県鹿児島市・薩摩川内市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は鹿児島市内の城山と入来麓の街並みを巡ります。

DSCN5363 - コピー
鶴丸城(鹿児島城)へ来ました。


DSCN5374 - コピー
西南戦争の弾痕痕が残ってます。微妙なへこみは鉄砲の弾。


DSCN5379 - コピー
田の神がいた。


DSCN5380 - コピー
二ツ家が移築されています。江戸時代後期のもの。


DSCN5386 - コピー
鶴丸城の後ろ側から城山のほうに登っていきます。JRのトンネルに「敬天愛人」の文字が。


DSCN5388 - コピー
西郷隆盛が隠れていた西郷洞窟。


DSCN5397 - コピー
城山に登って、桜島を見ました。


DSCN5403 - コピー
西郷隆盛終焉の地は城山から下りていったところ(洞窟から降りたところ)にあります。


DSCN5406 - コピー
福昌寺は島津家の菩提寺でしたが、廃仏毀釈でここまで破壊されました。それはそれで凄い話だな……。


DSCN5407 - コピー
島津義久の墓。


DSCN5410 - コピー
島津義弘の墓。
なお、このあと、本数の少ない入来に行くバスに乗るために激烈なダッシュをしました……。でも、こんな機会しか島津家の墓なんて来ないしな……。


DSCN5420 - コピー
ここからバスで相当長い時間揺られて、入来に来ました。鎌倉時代から江戸時代までずっと入来院氏が支配してました。ここも古い町並みが残っていて、伝統的建造物群保存地区に指定されています。


DSCN5421 - コピー
塀に石敢當が入っている。


DSCN5426 - コピー
丸っこい石の塀が続く。


DSCN5428 - コピー
入来院氏の墓は少し遠くて行けなかったけど、こういう祠型のが並んでるそうです。


DSCN5433 - コピー
旧増田家住宅に来ました。石倉は1918年のもの。この建物も含めて重要文化財です。
増田家住宅のメインの場所。1874年の建築。


DSCN5438 - コピー
もう一枚撮影。


DSCN5443 - コピー
入来麓の拠点、清色(きよしき)城へ入ります。街並みからすぐ入れる。
この城も超かっこいい。


DSCN5446 - コピー
この異常に狭い通路の中に城が広がってます。


DSCN5449 - コピー
これは攻略できん。


DSCN5453 - コピー
シラス台地だからこそできることだなと思う。


DSCN5459 - コピー
これまで行った山城でも最も急で大変なところの一つでした。慣れない人が行くと本当に危ないかもしれない。


DSCN5466 - コピー
木が生えていてわかりづらいですが、相当下が深いです。


DSCN5473 - コピー
城の中の道ではないな。ただの登山だな……。


DSCN5477 - コピー
正面はTHE城って感じです。まあ江戸時代はこっちで生活してたんだろうな。


DSCN5482 - コピー
街並みに戻ってきました。
この門、超かっこいいな。


DSCN5484 - コピー
メインストリート。


DSCN5488 - コピー
江戸時代から残る蔵。薩摩川内市の文化財。
こんな感じの入来の街並みでした! 次回は川内の中心部などを巡ります。

行き方
鶴丸城・城山など
鹿児島の中心部なので、だいたいわかるかと。福昌寺は少しだけ離れている。
入来麓の街並み
鹿児島市内からバス、宮之城行きに乗車、約1時間900円(入来麓停留所下車)。
なお、入来麓からは川内駅のほうに出るバスがあるので、そちらから行くことも可能。
清色城は本当に急で危ない箇所が多いので気を付けたほうがいい。街並みの裏側からあっさり入れるので難易度低く見えるが、シラス台地なので高低差はかなりのもの。

知覧の武家屋敷群(鹿児島県南九州市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は知覧武家屋敷エリアを巡ります。
沖縄県を除くと(そりゃ本家なので別格)、日本で一番琉球っぽい雰囲気の武家屋敷ではないかと思います。

DSCN5273 - コピー
入口からしてよい。


DSCN5275 - コピー
西郷邸。


DSCN5278 - コピー
西郷恵一郎氏庭園は文化文政年間のもので国の名勝。こういう庭は鹿児島スタイルです。


DSCN5281 - コピー
よい。



DSCN5282 - コピー
平山邸。


DSCN5284 - コピー
これ、門のすぐ前がふさがれてるんです。家でも、ちゃんと一軒一軒城としての機能持ってる。



DSCN5287 - コピー
平山克己氏庭園は明和年間のもので国の名勝。


DSCN5289 - コピー
街並みもよい。


DSCN5294 - コピー
平山亮一氏庭園は1781年の作庭で国の名勝。


DSCN5298 - コピー
この雰囲気はよすぎる。


DSCN5299 - コピー
石敢當もある。


DSCN5306 - コピー
佐多直忠氏庭園は18世紀中期の寛保年間のもので国の名勝。
入口、これは城だ。


DSCN5310 - コピー
よい。


DSCN5319 - コピー
佐多民子氏庭園。18世紀中期の宝暦年間の庭で国の名勝。


DSCN5320 - コピー
続いて佐多美舟氏庭園へ。知覧で最も偉い家格の家の一つだったらしい。


DSCN5322 - コピー
ここも18世紀中期の宝暦年間の庭で国の名勝。


DSCN5326 - コピー
知覧型二ツ家。南九州市の文化財。


DSCN5327 - コピー
猫よ、どこへ行く。


DSCN5329 - コピー
なんかおる。


DSCN5331 - コピー
よい。


DSCN5335 - コピー
こちらは旧高城家住宅。やはり二ツ家型。


DSCN5337 - コピー
高城家の庭。


DSCN5339 - コピー
こちらは森重堅邸。


DSCN5344 - コピー
こちらの庭園もいい。


DSCN5353 - コピー
こんな感じの知覧の武家屋敷でした。
鹿児島で田の神見た。


DSCN5359天文館くろいわ - コピー
夜は鹿児島ラーメンの名店、くろいわで〆ました!
次回は鹿児島の中心の城、鶴丸城周辺を巡ります。

行き方
知覧武家屋敷には鹿児島中央駅などからバス。今回は特攻隊史跡、知覧城と歩いてきたが、武家屋敷のあたりからバスが出ているのでそのへんのバス停からバスで鹿児島中央のほうに出られる。

知覧の特攻隊関係史跡と知覧城(鹿児島県南九州市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は特攻隊と独特の街並みが残る町、知覧を巡ります。

DSCN5203 - コピー
知覧に来ました。枕崎からバスもあるんですが、本数が少なくて待っていられないのでタクシーで来ました。約5000円とか。


DSCN5206 - コピー
三角兵舎が復元されてます。


DSCN5207 - コピー
さすがに解説が重いわ。


DSCN5212 - コピー
特攻平和観音堂もあります。これ、寺院扱い(宗教法人)になるのか?

DSCN5214 - コピー
旧陸軍知覧飛行場弾薬庫。1941年のもので登録有形文化財。
DSCN5218 - コピー
1941年の給水塔。こちらは南鹿児島市の文化財。


DSCN5220 - コピー
これは防火水槽跡。これも1941年のもの。登録有形文化財。


DSCN5222 - コピー
旧知覧飛行場油脂庫。潤滑油やグリースを入れてるものです。南九州市の史跡。


DSCN5228 - コピー
知覧茶作ってるところの横を歩いて、知覧城に行きます。


DSCN5236 - コピー
知覧城に来ました! シラス台地を利用してできた巨大城郭です! 圧倒的ダンジョン感があるのでぜひ行ってほしい!


DSCN5238 - コピー
中を歩くと、上から攻撃される。


DSCN5243 - コピー
虎口。


DSCN5244 - コピー
一つの廓に入るのも大変。


DSCN5245 - コピー
山の中にいくつも丘があるような構造。


DSCN5246 - コピー
ここの虎口も戦場として入るのは大変。高低差あるし。


DSCN5248 - コピー
上から襲撃される。


DSCN5249 - コピー
さすがに石碑あるところは広い。


DSCN5250 - コピー
虎口のところに土塁が。


DSCN5262 - コピー
ここも入った奴を絶対生きて返さんって意気込みを感じる。

こんな感じの史跡巡りでした。次回は知覧の街並みを巡ります。

行き方
知覧自体は鹿児島中央駅などからバスも出ているが、特攻隊関係の史跡・知覧城・知覧の街並みそれぞれ1キロずつぐらい離れているのでちょっと厄介。なお、知覧城は高低差もあり、しょぼい装備で行くと危険なので注意。
今回は枕崎駅からタクシーで一気に上がった。5000円程度かかるが、30分かからないので案外楽。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: