fc2ブログ

高千穂峡と高千穂神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は神話の里、高千穂(の中心地、ちょっと離れたエリアは次回に)を巡ります。

DSC06513 - コピー
延岡から90分ぐらいバスに乗車します。到着前から景観がちょっとおかしい。


DSC06519 - コピー
到着前から渓谷が深すぎる。


DSC06522 - コピー
無事に高千穂バスセンターに到着。


DSC06523 - コピー
高千穂というと山深いイメージがありますが、バスセンターは高千穂の市街地にあって、普通にこのへんは街です。


DSC06527 - コピー
地名が神々しい。


DSC06534 - コピー
岩から水がしみ出ている。これも滝と言えば滝なのか。


DSC06537 - コピー
よく、旅行雑誌とかで見る構図だ……。


DSC06541 - コピー
かなり独特の景観。


DSC06545 - コピー
これはわざわざ行く価値あるな。


DSC06550 - コピー
壮大!


DSC06553 - コピー
鬼八(きはち)の力石。高千穂神社の祭神が退治した鬼八という存在が投げた石とのこと。


DSC06554 - コピー
仙人の屏風岩。


DSC06562 - コピー
渓谷でも狭いところ。


DSC06578 - コピー
こちらは原則立ち入れないエリア。


DSC06579 - コピー
ほぼ誰も使わないルートで高千穂神社へ。


DSC06583 - コピー
高千穂神社に入ってきました。こちらは拝殿。メインの祭神は神武天皇の兄、三毛入野命(みけいりのみこと・みけぬのみこと)です。


DSC06584 - コピー
大木が多い。


DSC06595 - コピー
本殿は1778年の建築で重要文化財。この時期の建物で重文になるケースはけっこうレアですが、独特の要素(小さい小屋みたいなのがついてる)、大規模なことなどが重文になってる理由のようです。


DSC06597 - コピー
摂社が木の邪魔にならないように遠慮してるように見える。


DSC06657 - コピー
少し離れてますが、くし觸(ふる)神社へ来ました。「くし」が木+患という漢字で表示しづらいです。


DSC06661 - コピー
こちらが拝殿。


DSC06662 - コピー
本殿は高千穂町の文化財。

こんな感じの高千穂中心部の史跡巡りでした!
次回は高千穂の郊外部分の史跡を巡ります。


行き方
高千穂は熊本空港などからバスでアクセスする方法もあるが、今回は宮崎県側の延岡駅からバスで西へ向かうルートを選択。路線バスで乗車時間は約80分。それだけ乗ればかなり運賃もかかるので、事前にバスの一日乗り放題券を購入しておくと、けっこう割安になる。
高千穂のバスセンターから高千穂神社は徒歩圏内だが、高千穂峡入口まではけっこう下る。往路は下りなので楽だが、道路を戻るとずっと上り坂なのでけっこうきつい。

美々津の街並み(宮崎県日向市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は江戸時代に栄えた港町、宮崎県日向市の美々津を巡ります。

DSC06427 - コピー
美々津駅からスタートします。


DSC06432 - コピー
駅前から出てるコミュニティバスに乗ったら数分で、まさにそのエリアにやってきました。美々津は江戸時代、瀬戸内経由で上方(この場合は大坂や京都)とで物資が行き来した高鍋藩の港町です。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。


DSC06433 - コピー
これに指定されてるところは、だいたい街並みが観光地として文句ないレベルによく残っているので、訪れる時の一つの指標になります。


DSC06434 - コピー
美々津軒は明治の商家、矢野家を修理したもの。


DSC06438 - コピー


DSC06445 - コピー
立磐神社が耳川に面したところにあります。


DSC06450 - コピー
この神社は神武天皇東征の出発地ということになっています。その関係で海軍発祥の地ということにもなってます。最初、こんなところに近代の海軍の部隊とか置かれたのかと思ったら、神話にちなむものでした。



DSC06458 - コピー


DSC06462 - コピー



DSC06464 - コピー
日向市歴史民俗資料館は廻船問屋河内屋として1855年に建てられた建物。市指定文化財。


DSC06466 - コピー


DSC06467 - コピー


DSC06471 - コピー
古い井戸がいくつかあります。


DSC06475 - コピー
これも古い井戸。

DSC06481 - コピー


DSC06483 - コピー


DSC06486 - コピー


DSC06487 - コピー
港町には猫がいがち。


DSC06489 - コピー
給水場所。


こんな感じの美々津巡りでした。
次回からは神々の里、高千穂を巡ります。

行き方
美々津の重伝建地区は美々津駅から2キロほどのため、徒歩で往復するには少し遠い。コミュニティバスが駅と重伝建地区を通るので、時間があえば使用するのもよい。

青島と宮崎県庁周辺の文化財(宮崎県宮崎市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

「若者の黒魔法離れ」コミック9巻、発売中です! よろしくお願いいたします!
DSC09981.jpg
全9巻まとめ買いしてください! よろしくお願いいたします!


今回は宮崎市の人気観光地、青島を巡ります。


DSC06379 - コピー
バス停から数分で、日向灘が広がってます。


DSC06380 - コピー
誰かわからんけど、粋なことをしていた。


DSC06382 - コピー
このあたり、鬼の洗濯板と呼ばれている地形があります。「青島の隆起海床と奇形波蝕痕」という名前で国の天然記念物になっています。また青島も青島亜熱帯性植物群落として国の天然記念物になっています。


DSC06385 - コピー
100メートルほどの橋を渡るとその先が青島です。


DSC06390 - コピー
青島自体がすべて青島神社の境内です。なお、現在の社殿は戦後の火災で焼けたあとの再建です。


DSC06392 - コピー
社殿。


DSC06393 - コピー
奥宮あたりは本当に熱帯という感じの風景。


DSC06400 - コピー
青島のそばに宮交ボタニックガーデン青島という無料の植物園もあります。


DSC06402 - コピー
ヤシの木が多いと、日本の景色っぽく感じなくなる。


DSC06408 - コピー
青島からバスで宮崎市街地のほうにやってきました。
宮崎県庁5号館は旧宮崎農工銀行。1926年の建築で登録有形文化財。


DSC06409 - コピー
奈良家住宅主屋は昭和戦前期の建築で登録有形文化財。


DSC06411 - コピー
奈良家の別棟も1935年頃の建築で登録有形文化財。


DSC06412 - コピー
このあたりに宮崎県庁舎もあります。正門門柱は1932年の建築。ネオゴシック様式の宮崎県庁舎本館は1932年の建築。ともに登録有形文化財。


DSC06414 - コピー
庁舎をアップで。


DSC06417 - コピー
庁舎の敷地にある、おそらくアコウの木。県庁にある木とは思えん……。


DSC06418 - コピー
県庁舎東門門柱は1932年の建築で登録有形文化財。


DSC06421 - コピー
庁舎周辺から数分歩いたところにあるクラーク通り沿いの池田家住宅主屋は昭和戦前期のもので登録有形文化財。正面だけ洋風。


DSC06425 - コピー
夜は冷や汁を食べる。こんな感じの青島と宮崎県庁周辺の史跡でした。
次回は宮崎県の港町美々津を巡ります。

行き方
青島……JR日南線青島駅から徒歩10分ほど。あるいはバスの青島停留所から徒歩5分ほど。
宮崎県庁周辺……青島を通るバスは宮崎県庁周辺も通る。

鵜戸神宮(宮崎県日南市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

まず宣伝から。「若者の黒魔法離れ」コミック9巻、9月7日発売です!

DSC09981.jpg

よろしくお願いいたします!
DSC06316 - コピー
今回は鵜戸神宮を巡ります。


DSC06319 - コピー
まず、鵜戸神宮をバスで目指す。鬼の洗濯岩みたいな場所、青島以外にもあるんだ……。


DSC06322 - コピー
台風の時には絶対通りたくないような道路を進む。


DSC06324 - コピー
鵜戸神宮に到着。あれ、もっと海に面してなかったっけ?


DSC06325 - コピー
石段があるので参道だと思ったのですが、これ、何かおかしいぞと感じてのぼっている。


DSC06327 - コピー
初代別当の墓があるところに出ました。



DSC06332 - コピー
「鵜戸山別当墓地並びに墓」は市の有形文化財。独特の構造の墓だな。


DSC06334 - コピー
こういう墓、様式の名前あるんだろうか。


DSC06336 - コピー
神社を目指します。なお、別当墓地がある時点で気づかれた方も多いと思いますが、江戸時代まで鵜戸神宮は神仏習合でなかば寺院化していました。


DSC06339 - コピー
海に近いところに出ました。


DSC06341 - コピー
門をどんどんくぐって、奥へ。


DSC06344 - コピー
境内から見る光景ではないな。


DSC06348 - コピー
独特の岩。


DSC06352 - コピー
観光の写真でよく見る構図。


DSC06356 - コピー
本殿は1711年の建築で県指定文化財。


DSC06362 - コピー
裏にも回り込めます。


DSC06365 - コピー
独特の光景。


DSC06373 - コピー
こんな感じの鵜戸神宮巡りでした。1832年に奉納された立派な石灯籠。市指定文化財。
次回は青島を巡ります。

行き方
鵜戸神宮は交通機関はバスしかないので、宮崎駅・青島・油津などからバス。

油津の史跡(宮崎県日南市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

まず宣伝から。
「若者の黒魔法離れ」コミック9巻、9月7日に発売します!
DSC09981.jpg
よろしくお願いいたします!


今回は日向灘に面した宮崎県の港町、油津を巡ります。

DSC06240 - コピー
油津駅からスタート。赤い。強烈なカープ推し。



DSC06244 - コピー
商店街の中に鯉神社が。


DSC06247 - コピー
いろいろとインパクトが強い。


DSC06253 - コピー
堀川橋は1903年にできた橋。登録有形文化財。1686年に開削された堀川運河にかかる橋です。


DSC06255 - コピー
神社も南国の空気が強烈です。


DSC06258 - コピー
堀川運河の光景。


DSC06260 - コピー
橋のほうを見る。護岸部分には明治の箇所もあり、登録有形文化財になっています。


DSC06262 - コピー
豪商の別荘として建てられた服部家別荘。明治の建築で登録有形文化財。


DSC06263 - コピー
裏手にある土蔵は明治の建築で登録有形文化財。多分これだと思うのですが、もしかしたら違う建物かもです。


DSC06267 - コピー
油津港。


DSC06268 - コピー
別荘を高台から撮影。


DSC06269 - コピー
怖い。


DSC06270 - コピー
こちらは鯨魂碑。江戸時代、飢えて困窮していた時にクジラがあがり、多くの人が助かったものの、そのクジラが子供を宿していたため、感謝の意味もこめ、親クジラの目玉と子供クジラを丁重に葬ったとのこと。以降、大漁が続いて飢えに苦しむこともなくなったとのこと。


DSC06274 - コピー
油津市街地の登録有形文化財が集中するエリアへ。以下、ことわりがなければ建物は登録有形文化財です。満尾書店は昭和の戦前ぐらいの建築。


DSC06276 - コピー
杉村金物本店主屋は1932年の建築。


DSC06281 - コピー
後ろの赤い倉庫は1920年の建築。


DSC06283 - コピー
油津赤レンガ館は1922年の建築。


DSC06289 - コピー
旧外山医院は昭和戦前期の建築。


DSC06292 - コピー
旧河野宗泰家主屋及び炊事場は幕末の建築を大正期に改修したもの。


DSC06294 - コピー
渡邊家住宅主屋も幕末の建築を戦前に改修したもの。


DSC06298 - コピー
こちら、蔵も3件、登録有形文化財になってます。


DSC06302 - コピー
鈴木旅館も多くの建物が登録有形文化財になってます。左側の西本館は昭和戦前期の建築。右奥は本館。明治の建築。ほかにも奥に登録有形文化財の建物が数件あります。


DSC06309 - コピー
痛々しい見た目ですが……花峯橋は1929年の建築。


DSC06312 - コピー
こんな感じの油津巡りでした。バスの時間に余裕があったので、やたら豪華な食事にしました。豆腐のお店直営のレストランで大半が豆腐系食品。

バスに乗って鵜戸神宮を目指します。というわけで次回は鵜戸神宮を巡ります。

行き方
油津の史跡は油津駅から徒歩で回れる。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: