fc2ブログ

目黒不動尊・大円寺など目黒の史跡(東京都目黒区)

どもども、森田です。


まずは25日発売の『烈風の魔札使と召喚戦争』3巻のご紹介を。
こちらをクリック。
あらすじを見てもらえればお分かりかと思いますが、けっこう超展開でございますので、よろしくお願いします!
あと、コアなところでけっこう評価されてるっぽいガガガ文庫『不戦無敵の影殺師』もよろしくお願いいたします!


IMG_7490 - コピー

今回は目黒近辺の史跡を巡ります。
まず、食事から。東急の不動前の駅前の広島つけ麺の店。いわゆる冷やし中華みたいなやつですね。

IMG_7491 - コピー

続いて、成就院。ここは見た目のとおり、蛸薬師と呼ばれてます。

IMG_7494 - コピー

この寺の前の道をそのまま進んでいくと、目黒の不動尊に着きます。

IMG_7498 - コピー

そして目黒不動尊へ。正式には瀧泉寺(りゅうせんじ)と言います。不動尊というと水があるところに祀られますが、寺の名前からして滝の泉ということで境内は今も水が湧いています。

IMG_7501 - コピー

こんな感じで、水が湧いています。

IMG_7502 - コピー

こちらは前不動堂。江戸時代中期の建築で、戦争で焼け残った建築の一つです。

IMG_7506 - コピー

こちらは勢至堂。こちらも江戸時代中期の建築。

IMG_7510 - コピー

ボスっぽい風格の役行者がいます。

IMG_7515 - コピー

本堂は戦争で焼けて、そのあと作ったものでしょうが、かなりデカいです。

IMG_7523 - コピー

ここから近辺の寺をまわります。
海福寺の四脚門は新宿区の落合の寺から移築したものです。

IMG_7527 - コピー

五百羅漢寺は、名前の通り、五百羅漢が祀られてます。

IMG_7530 - コピー

岩屋弁財天は文字通り岩屋に弁財天が祀られています。

IMG_7534 - コピー

大鳥神社はこのあたりでは一番創建が古いとされている神社です。

IMG_7539 - コピー

明らかにレトロを強調してる店があった。ただ、JR小海線の車両についてらしき、小諸と小淵沢往復を示すプレートとかまで貼ってるし、統一性はなさそう。

IMG_7544 - コピー

ここから目黒駅にあがっていく行人坂をあがっていきます。
行人坂の途中にある大円寺。この寺が行人坂の地名の由来です。ここを大円寺の修験道の行者(行人)が歩いていたからだとか。
なお、1772年の江戸三大火事の一つ、行人坂火事はこの大円寺の僧侶が放火したことからはじまったとされています。そのせいで、大円寺は長らく再建を許されませんでした。

IMG_7545 - コピー

ここには江戸時代の庚申塔が並んでます。

IMG_7551 - コピー

ゆるキャラかというぐらいにかわいい。江戸時代なのに、すごいな。

IMG_7552 - コピー

寺の横の坂(行人坂)。これぐらいのかなり急な坂です。隣の権之助坂より明らかに急。

IMG_7554 - コピー

また坂を下って(今度は権之助坂)、長泉院までてくてく歩いていく。このお寺は現代彫刻美術館が併設されているという寺っぽくない寺です。美術館は無料です。

IMG_7560 - コピー

目黒区民センターの近くに田道庚申塔群が並んで置かれています。いかにも昔からあっただろうって古い道沿いにある。

行き方
今回の行程だと、JR目黒駅からスタートせずに一駅先の東急の不動前からスタートしているので、順序が変則的になっている。
目黒不動尊は目黒駅からだとそれなりの距離、坂を下っていく必要があるので、不動前からのほうが早い。ただ、目黒駅から行く場合は大円寺を通っていくことが可能。坂を下りてしまえば、岩屋弁財天、大鳥神社、五百羅漢寺、海福寺などほとんどの寺社が徒歩圏内に。
長泉院は距離的にはかなり離れているが、このあたり鉄道駅がないのが厄介なところ。
なお、目黒駅が目黒区にないというのは、五人に四人ぐらい知ってるトリビアにすらならない知識になってきているが、今回の史跡はすべて目黒区。


次回は江戸の大寺院の一つ、護国寺をめぐります。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: