fc2ブログ

柴又帝釈天・南蔵院など柴又・金町の史跡(東京都葛飾区)

好きなテレビ番組はアド街とタモリ倶楽部です、森田です。

もはや寺社めぐりブログでしかないけど、一応、告知を。
11月23日のコミティアに参加します。
ね48b です。
既刊の『救世小説。』『流星小説。』と、新刊として自分と渡辺伊織さんで作った薄い百合のSS本『変身アイテム』を頒布いたします。


今回は葛飾区をめぐりたいと思います。まず、柴又、それから金町の周辺です。

DSC01197 - コピー

まず、柴又といえば帝釈天なので、帝釈天を目指します。正式名称は題経寺と言う日蓮宗の寺です。
この日、花火大会だったため異様な人出で、すでに後悔していた。

DSC01202 - コピー

帝釈天に到着。実はこの直後に閉門時間になってしまい、中に入れたのは2分ぐらいだった。それでも入れただけよかった。

DSC01207 - コピー

鐘楼。雰囲気のあるお寺ですが、関東大震災の折に焼けたらしく、そのあとに伽藍が復興されました。

DSC01214 - コピー

続いてこの近所にある山本亭へ。昭和初期の古建築です。

DSC01218 - コピー

和洋折衷なので、こういう部屋もある。

DSC01219 - コピー

庭の雰囲気がいい。

DSC01225 - コピー

江戸川に出ると、いまだに矢切の渡しが継続しております。もう、この日の運行は終わってましたが。

DSC01229 - コピー

江戸川の花火大会でえらい人が出てきていた。これはあかんと退却。

DSC01885 - コピー

別の日に金町駅のほうにもやってきました。

DSC01887 - コピー

駅の近くの住宅地を歩いていくと、葛西神社が。領主の葛西清重が1184年、香取神宮の分霊を勧請したと言われています。

DSC01890 - コピー

こちらが拝殿。

DSC01891 - コピー

江戸時代の鍾馗の石造物が。

DSC01900 - コピー

続いて徳川家の朱印寺だった金蓮院(こんれんいん)へ。

DSC01907 - コピー

その近くの半田稲荷は尾張徳川家の信仰を集めたようです。

DSC01914 - コピー

境内にある江戸時代の神泉遺構。ここで水垢離などをしたそうです。

DSC01917 - コピー

続いてしばられ地蔵で有名な南蔵院へ。もともと本所吾妻橋にあったものが移転してきました。
しばられ地蔵は名前のとおり、しばると願いがかなうというドSな人向けの祈願スポットです。でも願いがかなったらほどいてね。

DSC01919 - コピー

ちょっと離れてもインパクトがある。

DSC01921 - コピー

もはや体の輪郭がわからないぐらいしばられていた。

DSC01923 - コピー

ちゃんと解いた縄を回収するところも。

DSC01927 - コピー

やたらと安らかな顔をしているが、人間がやってることはけっこうひどい。
しかし、これ最初にやった奴は罰が当たると思わなかったのか。

DSC01931 - コピー

この近所の水元公園の近くの土手に松浦(まつら)の鐘という梵鐘が置いてあります。
もともと、勘定奉行や長崎奉行(1748年-1752年)を歴任した松浦信正が奉納したものです。寺が廃寺になったため、村所有になったりして、今に至ります。

行き方
柴又帝釈天は京成の柴又駅から徒歩数分で参道を歩けば着く。
南蔵院はJR・京成の金町駅から約1キロほど。少し東にある葛西神社などをまわりつつ、散策可能な距離。


次回は滋賀県の膳所あたりを巡る予定です。
スポンサーサイト



カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: