fc2ブログ

武蔵中城・腰越城(埼玉県比企郡小川町)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は小川町のあたりの中世城郭をめぐります。

DSCN6237 - コピー 
こちらが中城を横から見たもの。写真だとわかりづらいですが、右側が高台になってることがご理解いただけるかと。まわりこんで入ります。かなり近くまで車で来れました。


DSCN6239 - コピー 
すぐそばに大梅寺(だいばいじ)があります。
こんな城のすぐそばにあったら戦火で焼けるのではと思ったら、案の定戦国時代に一回戦火で焼けたと書いてあった。


DSCN6241 - コピー 
こちらが本堂。


DSCN6244 - コピー 
さて、城のほうにのぼっていきます。のぼるというほどの高さではないが。


DSCN6249 - コピー 
水堀跡なのか池が今も下にある。多分、もともと堀が空堀か水堀かはともかくあったと思われます。

DSCN6251 - コピー 
城のメインの曲輪内部から入り口を見た図。すぐ左側に土塁ができてるのがわかるかと。
土塁がずっと続いています。ここは猿尾(ましお)氏って一族の本拠と言われてますが、地元の豪族にしてはやけに豪華な規模な感じもする。


DSCN6252 - コピー 

DSCN6253 - コピー 
今だとこっちの名前のほうで知られてるようです。


DSCN6254 - コピー 
こちらがメインの入り口(虎口)。


DSCN6255 - コピー 
メインの虎口は現在は階段を設置しています。


DSCN6256 - コピー 
メインの曲輪の周囲はずっと切岸のようになっていて、攻めこめません。


DSCN6259 - コピー 
ちょっと離れて様子を撮影。これは攻められない。


DSCN6264 - コピー 
途中、猫がやってきた。


DSCN6265 - コピー 
案内してくれるらしい。


DSCN6266 - コピー 
「ここが虎口にゃ」とばかりに動かなくなった猫兵士。


DSCN6267 - コピー 

DSCN6276 - コピー 
続いて本格的山城の腰越城にも。


DSCN6287 - コピー 
見事な堀切。


DSCN6289 - コピー 
この遊歩道の階段は多分もともと竪堀だったもの。たしかに道にしては急すぎる。


DSCN6300 - コピー 
一の廓の案内板。


DSCN6303 - コピー 
日暮れになんとか間に合いました。


DSCN6307 - コピー 
一の廓からはすぐ下が谷になっていて、こちらからは攻めるのは不可能。これは堅固。


DSCN6320 - コピー 
このあたり、いかにも人の手が入ってることがわかります。左側のへこんでいるところは竪堀のはず。
写真ですぐわかるものがあまりないので、ひとまずこちらはこんな感じで。腰越城については詳しくは『首都圏発 戦国の城の歩き方』(西股総生氏著)などをご覧ください。事前情報ないと複雑でなんのこっちゃわかりません。

行き方
中城
今回車で来たが、東上線・JRの小川町駅から一キロほどの距離なので徒歩でも行ける。
腰越城
今回は車で来たが、小川町駅からバス便もあって近くまでは来れる(ただし山城なので登りはそれなりにある)。近くにある温泉施設で疲れをいやすことも可能。

スポンサーサイト



カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: