fc2ブログ

常楽寺・覚正寺・米田天神社(兵庫県加古川市・高砂市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。


今回は宮本武蔵のルーツの場所などを巡ります。

DSC03257 - コピー
まず宝殿駅から約2キロ北上。常楽寺へ。このお寺は戦国時代は神吉(かんき)城というお城だったそうです。たしかにちょっと高台にはなっている。


DSC03258 - コピー
常楽寺の山門は1770年の建築で登録有形文化財。


DSC03260 - コピー
本堂は1692年の建築で登録有形文化財。


DSC03261 - コピー
薬師堂は1862年の建築で登録有形文化財。


DSC03263 - コピー
鐘楼は1754年の建築で登録有形文化財。


DSC03264 - コピー
こちら石造物も多いです。石棺。


DSC03265 - コピー
本堂をもう一枚撮影。


DSC03266 - コピー
こちらは石棺のふた。


DSC03276 - コピー
集落の中で高台になってるのが城の痕跡でしょうか。


DSC03280 - コピー
お寺の近くには、石棺に地蔵菩薩を彫った石造物もあります。那須与一の石仏と言われています。


DSC03285 - コピー
ここから宝殿駅の近くにまで戻ってきました。ここに覚正寺があります。


DSC03287 - コピー
江戸時代後半の町人学者、山片蟠桃のお墓があります。


DSC03293 - コピー
石の宝殿で著名な生石(おうしこ)神社関係の鳥居のこちらの石灯籠は山片蟠桃が奉納したものが現存してます。生家もこのへんにありました。


DSC03299 - コピー
ちゃんと像も設置されてます。


DSC03307 - コピー
続いて、米田天神社へ。こちら、宮本武蔵の甥の伊織がほかの神社に奉納した額にしばしば出てくる米田という地名の場所です。


DSC03311 - コピー
1646年、伊織はこの米田天神社の再建に関わったそうですが、同年にその親戚とおぼしき人が石灯籠を奉納しています。高砂市の文化財。


DSC03315 - コピー
まあ、とにかく何かしら宮本武蔵やその親戚と関係ある場所なのはたしかです。


DSC03323 - コピー
近くのお寺には像も。

次回は生野銀山のふもと、生野の街並みを巡ります。

行き方
常楽寺……宝殿駅から約2キロ。バスもあるが、本数がかなり少ないので利用しづらい。覚正寺……宝殿駅から徒歩圏内。
米田天神社……宝殿駅から徒歩だが覚正寺よりは歩く。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: