fc2ブログ

足袋蔵の多い行田の街並み前編(埼玉県行田市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は足袋生産で知られていた行田の街並みを巡ります。量が多すぎるので前編と後編に分けます。

DSC09318 - コピー
東行田駅からスタートします。なお、JRの駅は市街地から遠すぎて使えません。


DSC09323 - コピー
まず長久寺から。江戸時代初期の建築と想定される山門は市指定文化財。


DSC09329 - コピー
続いて桜町にある久伊豆神社へ。忍城の鬼門に位置する神社だそうです。


DSC09334 - コピー
けっこう派手な社殿。


DSC09340 - コピー
東行田駅前の酒蔵。


DSC09342 - コピー
行田の中心部のほうへ歩いていきます。


DSC09351 - コピー
森家土蔵・古蛙庵(こああん)は日本遺産の構成文化財になってます。以下、日本遺産に入ってるものは(日)とだけ書きます。行田市の足袋蔵の街並みが日本遺産の中に選ばれてます。


DSC09354 - コピー
十万石ふくさや行田本店店舗は登録有形文化財。1883年の建築(日)。


DSC09356 - コピー
小川源右衛門蔵。1927年の建築(日)。


DSC09358 - コピー
笠原家住宅は1931年の建築(日)。


DSC09362 - コピー
Cafe閑居・足袋蔵ギャラリー門・パン工房KURA・クチキ建築設計事務所・土蔵。一番古いところで1916年(日)。


DSC09366 - コピー
孝子蔵は1951年の建築(日)。


DSC09369 - コピー
武蔵野銀行行田支店店舗は1934年の建築で登録有形文化財(日)。


DSC09372 - コピー
牧野本店のあたりは一番古いところで1922年頃(日)。


DSC09373 - コピー
逆側から撮影。


DSC09377 - コピー
時田蔵は古い箇所で明治の後半の部分があるようです(日)。


DSC09379 - コピー
藍染体験工房「牧禎舎」は1940年の建築(日)。


DSC09381 - コピー
旧小川忠次郎商店店舗及び主屋は昭和前半の建築で登録有形文化財(日)。


DSC09383 - コピー
時田足袋蔵は1929年の建築。まさに足袋専用の蔵です(日)。


DSC09386 - コピー
行田のB級グルメ、フライを食べます。ぺらぺらのお好み焼きみたいな食べ物です。


DSC09389 - コピー
さっき見た牧野本店の裏側。
このあたりで一度区切ります。次回も蔵をいろいろ巡ります。

行き方
秩父鉄道、東行田駅・行田市駅から徒歩。JR行田駅は市街地から遠い。ただし、市街地のバスターミナルに行くバスは出ている。
スポンサーサイト



カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: