fc2ブログ

甲斐本店・喜多方小田付の街並みなど(福島県喜多方市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回も喜多方の続きです。
まず、前回のエリアの北にあったものの、写真枚数的に今回に回した甲斐本店から。


DSC01676 - コピー
まず甲斐本店の表門から。味噌醤油で財を成した家だそうです。こちら、ほぼ全部の建築が登録有形文化財なので、とくに触れてなければそれだと思ってください。こちらは大正の建築。


DSC01679 - コピー
東塀(大通りに面する)及び北塀も大正の建築。


DSC01680 - コピー
門と塀の間にある店蔵は1923年の建築。


DSC01683 - コピー
南塀は大正の建築。


DSC01684 - コピー
塀につながってる味噌蔵及び麹蔵は明治後半の建築。


DSC01685 - コピー
大規模な醤油蔵は1923年の建築。


DSC01686 - コピー
裏門は大正の建築。


DSC01693 - コピー
蔵座敷は1923年の建築。


DSC01696 - コピー
主屋部分は1923年の建築。このほか、稲荷社も登録有形文化財ですが、多分見られる場所にはありません。


DSC01705 - コピー
安定すぎる喜多方ラーメン。ここで食事をして、次のエリアへ向かいます。


DSC01711 - コピー
次は喜多方市小田付(おたづき)という重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)に指定されているエリアへ向かいます。ただ、ややこしいのですが、蔵の街の雰囲気としては前回の仲町エリアのほうが濃いし、多分わかりやすいです。


DSC01713 - コピー
重伝建エリアにある満福寺。
「定期市により会津北方の交易の中心として近世に発展を遂げた在郷町」という説明が公式ではされてます。このあたりは米沢とも距離が割と近く、いろんな方面から人が集まりやすい場所でした。


DSC01725 - コピー
長屋的な建物。


DSC01728 - コピー
重伝建エリアにある出雲神社。灯籠にもレンガを使用。


DSC01733 - コピー
喜多方はレンガ使いがち。三浦英次商店は江戸時代の建築。


DSC01738 - コピー
大通りの重伝建エリアで一番残ってるところを回ります。新金忠の建物は江戸時代から明治にかけてのもの。なお、これの左側の建物は登録有形文化財になっているので、あとで紹介します。


DSC01742 - コピー
こんな感じで蔵がぽつぽつ並んでます。


DSC01744 - コピー
菅井屋薬店は1914年の建築。


DSC01746 - コピー
このあたりは風格ある。左側の蔵は遠藤家。江戸から明治にかけての建築。


DSC01749 - コピー
小原酒造は1877年の建築。


DSC01751 - コピー
大森邸は江戸時代か明治の建築。


DSC01754 - コピー
馬車の駅はおそらく明治の建築。


DSC01756 - コピー
井上合名会社の座敷蔵(左)は大正の建築、店舗蔵(右)は江戸時代後期の建築でどちらも登録有形文化財。


DSC01766 - コピー
裏通りから蔵を見るとこんな感じです。


DSC01770 - コピー
大善(矢部家住宅)綿蔵と一号蔵は明治の建築で登録有形文化財。もう一つ登録有形文化財の蔵があるんですが、位置的に見えず。


DSC01777 - コピー
井上合名会社(先ほど紹介した蔵が二つあったところ)の醸造蔵は1928年の建築で登録有形文化財。


DSC01785 - コピー
蔵屋敷あづまさは元々福島県最大の米穀商の屋敷だったもの。大正の建築。食事もできます。二食目の喜多方ラーメンを食べました。


DSC01794 - コピー
郷土料理の饅頭の天ぷらも食べられます。


DSC01799 - コピー
重伝建エリアから離脱して駅へ。田原屋菓子店の蔵は戦後のものですがやたらデカい。


DSC01802 - コピー
喜多の華酒造場は1919年にできたもの。


DSC01807 - コピー
蔵も大きい。


DSC01809 - コピー
マルサ漆器製造所は幕末のもの。


DSC01811 - コピー
漆器蔵會津野は明治初期の建築。


DSC01816 - コピー
駅前まで戻ってきました。珈琲専門店 煉瓦は明治初期の建築。むちゃくちゃかっこいい建築!

こんな感じの喜多方巡りでした。次回は会津若松の白虎隊に関係するエリアなどを巡ります。

行き方
喜多方は前回と同じくレンタサイクルが便利。
スポンサーサイト



カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: