fc2ブログ

蕨市の史跡(埼玉県蕨市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は日本一狭い市、蕨市を巡ります。

DSC05691 - コピー
まず蕨市立歴史民俗資料館へ。蕨宿の本陣跡に建ってます。


DSC05695 - コピー
この資料館の分館がちょっと離れたところにあります。1887年の建築です。


DSC05701 - コピー
分館の庭。


DSC05703 - コピー
蕨市を巡ります。長泉院。


DSC05709 - コピー
和楽備(わらび)神社にやってきました。この変な形の宝篋印塔は1801年のもの。


DSC05710 - コピー
神社の正面。


DSC05712 - コピー
水盤は寛永寺にあったものとも言われています。市指定文化財。


DSC05717 - コピー
稲荷社本殿は江戸時代中期の建築で市指定文化財。


DSC05721 - コピー
天神社本殿は17世紀初期のもので市指定文化財。


DSC05727 - コピー
神社のすぐ横は蕨城跡。中世は渋川氏が支配していました。


DSC05741 - コピー
続いて、三学院に来ました。梵字馬頭観音塔は1800年の建築で市指定文化財。


DSC05744 - コピー
子育地蔵(1694年のもの)・六地蔵(寛文・元禄期頃のもの)・目疾(めやみ)地蔵(1658年のもの)は市指定文化財。


DSC05746 - コピー
ガチで目に味噌を塗っている……。悪戯ではなくて、味噌を塗ると目の病気が治るとか、かからないとかいう信仰があります。


DSC05750 - コピー
1701年の常夜燈。


DSC05763 - コピー
これは1797年の宝篋印塔。市指定文化財。


DSC05765 - コピー
木食観正塔(もくじきかんしょうとう)は1821年のもので市指定文化財。木食観正(1754~1829)という当時の著名な修行僧が蕨に来た時に建てたものです。


DSC05767 - コピー
阿弥陀一尊画像板碑は1481年のもので市指定文化財。とにかく、石造物が異常に多く、文化財指定されてるものも多いです。


DSC05769 - コピー
街道に戻ってきました。いかにも街道の店という建物があります。


DSC05775 - コピー
宝樹院というお寺には渋川家の墓があります。ただ墓は江戸時代後半のもの。


DSC05782 - コピー
塚越稲荷社にやってきました。


DSC05788 - コピー
猿田彦大神碑は1830年のもので市指定文化財。


DSC05796 - コピー
境内部分。
こんな感じの蕨市巡りでした。日本一小さな市なのになんだかんだで見るものがありますね。次回は桶川をちょっと巡ります。

行き方
蕨市は狭いので駅から徒歩でも歩けなくはない。
スポンサーサイト



カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: