fc2ブログ

賀茂川(鴨川)の源流、雲ケ畑史跡巡り(京都市北区)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とタモリ倶楽部です、森田、森田です。

今回は京都不山形区と地元の人が本当に言ってた雲ケ畑を巡ります。
どういうことかというと、一応は市内なのに激烈に雪が積もるのです……。というわけで真冬に行った時の写真です(2008年の写真です)。


IMG_8044 - コピー
まずはふもとから。岩倉家ゆかりの寺、霊源寺。霊元上皇の勅願所でもありました。音がかぶってるのは多分偶然です。
ここはまだ近くに住宅も多いですが、ここから加茂川(本を見るにこのあたりの漢字表記はこれらしい)の源流に進みます。



IMG_8047 - コピー
人家がなくなった。



IMG_8048 - コピー
バスで行くのはいろいろ難しい。これ、2008年の写真なので今はもっと本数少ないのでは……。



IMG_8051 - コピー
もう賀茂川が完全に山中の川に。



IMG_8056 - コピー
一休さんの知識がガチで役に立つ橋。



IMG_8058 - コピー
とにかく山中に向かってることだけはわかります。



IMG_8060 - コピー
ずっと歩いて雲ケ畑の集落に来ました。屋根に雪が残ってることがポイント。ただ、こんなちょびっとの雪なら、どうということはないなとこの時は思っていました。



IMG_8064 - コピー
なおも川沿いに進みます。このへんの鮎が禁裏に献上されていたそうです。ほかにも端午の節句にしょうぶも献上していました。



IMG_8071 - コピー
文徳天皇の第一子、惟喬(これたか)親王の隠棲地だったという高雲寺。現在は臨済宗寺院です。この親王は本来、天皇になれるはずだったものの藤原氏の圧力でなれなかったため、悲劇の人という扱いを受けています。



IMG_8073 - コピー
延喜式内社の厳島神社。



IMG_8079 - コピー
福蔵院は最長の弟子が創建したと言われています。写真は多分その庭。だいぶ雪が増えてきた。



IMG_8081 - コピー
バス停の終点まで来ました。


IMG_8087 - コピー
雪がやけに増えてきた。



IMG_8088 - コピー
惟喬親王を祭神とする惟喬神社。



IMG_8091 - コピー
惟喬親王が愛育していた鳥がここで死んだという伝説などがあり(いくつかバージョンあるようです)、雌宮などとも呼ばれてます。



IMG_8092 - コピー
加茂川の源流はこのへんです。



IMG_8093 - コピー
だんだん本気で引き返したほうがいいのではと思うような光景になってきました。



IMG_8095 - コピー
そしてついに雲ケ畑の終点、岩屋山志明院(しみょういん)へ来ました。ここのお寺の人が「京都市山形区」と言っていました。インパクト強すぎてずっと頭に残ってます。



IMG_8100 - コピー
仁王門は1831の建築。
積雪量がヤバい。京都の市街地ではまったく積雪してない日でこれです。わかりづらいかもしれませんが、足がずっぽり膝下ぐらいまで埋まるところもありました。

さて、門から先は撮影禁止らしいので、ここまで。
岩屋山というごとく、岩屋(洞窟)もあります。

こんな感じの雲ケ畑巡りでした。

行き方
雲ケ畑へのバスは本数が極めて少ないので、方法として往路か復路だけバスを使うという手がある。ハイキング感覚であれば片道なら問題なく歩ける距離。

スポンサーサイト



カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: