fc2ブログ

中山法華経寺・葛飾八幡宮・八幡の藪知らず(千葉県市川市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は中山法華経寺周辺を再訪します。日蓮宗の大本山です。


DSC08891 - コピー
京成中山駅前の黒門は江戸時代初期頃の建築で市指定文化財。


DSC08893 - コピー
扁額は掛川城主が1793年に書いたもの。


DSC08897 - コピー
仁王門まで着きました。


DSC08903 - コピー
山内の塔頭が両側にたくさんあります。


DSC08904 - コピー
こんな感じでたくさんあります。荒行に関する塔頭か?


DSC08907 - コピー
中心のところへ向かっていきます。


DSC08913 - コピー
五重塔は1622年の建築で重要文化財。


DSC08915 - コピー
下の部分を拡大。


DSC08917 - コピー
1719年に完成した銅の釈迦如来坐像。


DSC08921 - コピー
塔頭筆頭の浄光院。


DSC08924 - コピー
法華経寺境内を歩きます。こちらは刹堂という建物。


DSC08927 - コピー
四足門は室町時代後期の建築で重要文化財。


DSC08931 - コピー
法華堂は室町時代後期の建築で重要文化財。


DSC08940 - コピー
奥之院は法華経寺本体からちょっと住宅街を上がって高台になったところにあります。ここが日蓮がピンチになった時に逃げ込んだ富木常忍(ときじょうにん)の屋敷跡と言われています。この常忍が日蓮の死後、法華経寺を開いたとされています。


DSC08949 - コピー
墓地にあった幕末の老中、間部詮勝の墓碑。


DSC08950 - コピー
東山魁夷記念館がこのあたりにあります。


DSC08958 - コピー
昭和初期に伊藤忠太が建てた聖教殿。貴重な資料を保存する施設です。


DSC08963 - コピー
祖師堂は1678年の建築で重要文化財なんですが、今は工事中で覆いがかけられていて、細かいことがわかりませんでした……。


DSC08963a - コピー
というわけで、2012年に訪れた時の写真を貼ります。比翼入母屋造という特殊な構造ですがこの前からの写真ではよくわからんな……。


DSC08978 - コピー
続いて電車で八幡のほうに移動して、葛飾八幡宮へ。


DSC08980 - コピー
随神門は市指定文化財。もともと別当寺の仁王門だった建物です。


DSC08991 - コピー
境内にある千年イチョウは1200年の年齢と言われていて、国の天然記念物。


DSC09000 - コピー
続いて、八幡の藪知らずへ。入ると出てこられなくなると言われています。


DSC09004 - コピー
安政年間の碑。
こんな感じの中山法華経寺周辺巡りでした。次回は入間市をじっくり巡ります。

行き方
中山法華経寺周辺……京成中山駅から徒歩が一番便利。
葛飾八幡宮・八幡の藪知らず……京成八幡駅・本八幡駅などから徒歩。
スポンサーサイト



カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: