fc2ブログ

椎名町の金剛院・雑司が谷鬼子母神堂周辺(豊島区・文京区)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は雑司が谷周辺を巡ります。

DSC08712 - コピー
まず椎名町駅で下車。ここから散策開始です。


DSC08715 - コピー
金剛院が椎名町駅の駅前にあります。お寺カフェをやってたけど定休日でした。


DSC08716 - コピー
山門は1780年の建築で豊島区の文化財です。


DSC08719 - コピー
場所柄、漫画ともつながりが深いです。


DSC08722 - コピー
お地蔵様、よく見ると漫画的表現が。


DSC08723 - コピー
本堂は1954年の鉄筋コンクリート製。登録有形文化財。


DSC08726 - コピー
庫裏は1934年の建築で登録有形文化財。


DSC08727 - コピー
板碑群も区の文化財です。


DSC08731 - コピー
こちらの地蔵尊は1796年のもの区の文化財。こちらは道標の意味を持ったものです。


DSC08736 - コピー
お寺のすぐそばには長崎神社が。


DSC08741 - コピー
ラーメン食べて再出発。


DSC08743 - コピー
目白聖公会は1929年の建築。


DSC08745 - コピー
この建物もけっこう古そうだけど不明。


DSC08747 - コピー
鬼子母神のほうへ向かいます。


DSC08748 - コピー
砂金家長屋は1932年の建築で登録有形文化財。昭和モダン!


DSC08750 - コピー
長屋から路地に入ったところにある並木ハウスは1953年の建築で登録有形文化財。


DSC08754 - コピー
鬼子母神にやってきました。正式には法明寺ですが、これでは通じないのではないかと思うほどに鬼子母神で通用してます。


DSC08755 - コピー
イチョウは都の天然記念物。


DSC08760 - コピー
鬼子母神堂は重要文化財。なお、この拝殿部分と本殿との間の部分(相の間)は1700年の建築、後ろの本殿部分は1666年の建築です。


DSC08762 - コピー
側面から撮影。


DSC08764 - コピー
拝殿だ本殿だ言ってるので今更言うまでもないですが、お寺でありながら極めて神社的な造りです。こちらが本殿部分。


DSC08766 - コピー
本殿後ろ部分には妙見菩薩が祀られています。


DSC08775 - コピー
続いて、雑司が谷旧宣教師館へ。1907年、アメリカ人宣教師に建てられた建物で都の文化財です。


DSC08784 - コピー
内部。


DSC08792 - コピー
ついでに雑司が谷霊園に来ました。夏目漱石の墓。


DSC08795 - コピー
こちらは泉鏡花の墓。


DSC08798 - コピー
小泉八雲の墓。


DSC08801 - コピー
永井荷風の墓。左の削られてるのが気になる……。


DSC08808 - コピー
豊島区役所まで来たので、せっかくなので展望スペースまで行ってみました。
椎名町から目白、雑司が谷と歩いてみました。次回は妙典周辺を歩きます。

行き方
金剛院……椎名町駅からすぐ。
雑司が谷周辺……目白駅・雑司が谷駅などから徒歩。

武蔵府中熊野神社古墳(東京都府中市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は東京の府中にある珍しい古墳を巡ります。

DSC08674 - コピー
古墳を見に行く途中、異様に大きな豪邸があった。こんな門の家に住んでみたいな……。


DSC08676 - コピー
古墳じゃなくて神社の写真と思われるかもしれませんが、古墳の名称が「武蔵府中熊野神社古墳」ということでこの奥に古墳があります。拝殿は19世紀前半頃の建築で市指定文化財。なお、本殿はもう少し古くて、こちらも市指定文化財ですが、覆屋に入ってるので見えません。東京近辺の文化財レベルの神社本殿は、小型の本殿を覆屋(拝殿と接続してる場合も多数)で保護してるケースが多いのでなかなかお目にかかれません。


DSC08679 - コピー
もう、この時点で妙な形態してますね。無事に古墳に到着しました。


DSC08684 - コピー
独特すぎるフォルム。古墳と言われないと何かわかりません。


DSC08685 - コピー
どことなく中東の古代遺跡にこんなのありそうです。


DSC08687 - コピー
神社の真裏にあたる位置ではお参りできるようになってます。


DSC08693 - コピー
古墳は詳しくないのでガイダンス施設の説明板を載せます。上円下方墳というレアすぎる墳墓です。


DSC08700 - コピー
模式図で見ると、ほぼスイッチですね……。


DSC08702 - コピー
ラーメンを食べて帰りました。変わった古墳なので想像以上に楽しめます。多摩にお住まいの方はぜひ。次回は雑司が谷あたりをざっと巡ります。

行き方
南武線の西府駅から徒歩など。

鴫立庵・旧吉田茂邸・高来神社など大磯の史跡(神奈川県中郡大磯町)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。


DSC08465 - コピー
今回は大磯を巡ります。大磯駅で下車。


DSC08468 - コピー
駅前の旧木下家別邸は1912年の建築で登録有形文化財。


DSC08472 - コピー
こちらは大運寺。


DSC08477 - コピー
続いて、延台寺。虎御石の伝説があります。


DSC08486 - コピー
大磯宿の本陣は駅から坂を下ったあたりです。


DSC08488 - コピー
こちらは地福寺。


DSC08495 - コピー
この先に新島襄終焉の地があります。


DSC08496 - コピー
日本基督教団大磯教会礼拝堂は1937年の建築で登録有形文化財。


DSC08498 - コピー
門柱及び塀も登録有形文化財。


DSC08502 - コピー
「湘南」発祥の地。


DSC08504 - コピー
続いて、鴫立庵(しぎたつあん)へ。17世紀に建てられた庵がもとです。そのまま文人のサロンとなりました。


DSC08512 - コピー
建物部分。


DSC08526 - コピー
どんどん西に向かって進んでいきます。東海道の松並木。


DSC08529 - コピー
このあたり政治家の別荘などがあったのですが、現在工事中でした。


DSC08534 - コピー
庭園部分は見られました。


DSC08538 - コピー
工事中の陸奥宗光別邸の工事前写真。


DSC08539 - コピー
案内板の旧李王家別邸の写真。行けないところばかりなので、案内板などで代用してます……。


DSC08557 - コピー
続いて旧吉田茂邸へ。兜門は1954年のもので登録有形文化財。こちらの別邸、平成21年に火事で焼けてしまいましたが、離れたところにある建物などは焼けずに残っていました。


DSC08564 - コピー
吉田茂邸の庭。


DSC08565 - コピー
七賢堂は1903年の建築。それを吉田茂邸に移築したもの。登録有形文化財。


DSC08576 - コピー
吉田茂邸は焼けたあと、再建されました。


DSC08578 - コピー
サンルームは1963年のもの。登録有形文化財。


DSC08586 - コピー
吉田茂邸は内部を見学できます。こちらは書斎部分。


DSC08606 - コピー
駅側に戻ってきました。旧島崎藤村邸。藤村はここで倒れて亡くなりました。


DSC08633 - コピー
大磯駅の東側にも来ました。高来神社。


DSC08635 - コピー
もともとガチガチに神仏習合だったので、そばに慶覚院があります。


DSC08636 - コピー
こんなふうに神社と寺が並んでます。


DSC08637 - コピー
神社の社殿もお寺っぽいですね。この奥から山にも登れます。
こんな感じの大磯巡りでした。
次回はレアな形状の古墳に行きます。

行き方
大磯駅から徒歩。

梨郷神社(山形県南陽市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

今回は前回の続きをちょっと巡ります。


DSC08417 - コピー
今泉駅で下車しました。

DSC08418 - コピー
こちら、米坂線が現在運休中のため、代行バスが停まっていました。

DSC08425 - コピー
西大塚駅本屋及びプラットホームは1913年の建築で登録有形文化財。


DSC08428 - コピー
梨郷(りんごう)駅で下車。リンゴなのか梨なのかどっちなんだという地名。


DSC08429 - コピー
いかにもな農村。


DSC08433 - コピー
このあたり、正元元(1259)年大日板碑があります(一番左)。県指定文化財。


DSC08435 - コピー
こちら、置賜地方独特の、額の部分が突き出たモヒカンみたいな構造になってます。


DSC08438 - コピー
続いて梨郷神社へ。


DSC08439 - コピー
こちらが社殿。


DSC08449 - コピー
こんな感じのフラワー長井線巡りでした。帰り、赤湯駅近くでラーメンを食べました。冷やしの味噌は人生初でした。
次回は大磯を巡ります。

行き方
梨郷駅から徒歩。

鶴の恩返しの珍蔵寺と長井市の史跡(山形県南陽市・長井市)

好きなテレビ番組はアド街ック天国とブラタモリです、森田、森田です。

DSC08265 - コピー
今回は主に山形県長井市の史跡を巡ります。が、まずは南陽市のおりはた駅で降りました。鶴の恩返し伝説のある土地です。


DSC08269 - コピー
鶴布山珍蔵寺へ来ました。仙鶴と石柱に書いてある。


DSC08272 - コピー
こちらが山門。


DSC08279 - コピー
本堂部分。1807年の建築です。


DSC08284 - コピー
本堂からさらに上がった高台に観音堂があります。これは観音堂前の仁王門。


DSC08287 - コピー
こちらが観音堂。


DSC08298 - コピー
近くに夕鶴の里資料館もありますがどうやら休館中の様子。


DSC08309 - コピー
続いて南長井駅に来ました。小さい駅ですが、このあたりから長井市の市街地がはじまるので、このへんから北上していきます。一部の建物は過去に訪れてますが、街並みとして歩くことは初めて。


DSC08317 - コピー
齋藤家住宅主屋は江戸時代後期のもの、右側の土蔵部分は明治の建築で、どちらも登録有形文化財。


DSC08321 - コピー
旧丸中横仲商店の土蔵は多くが登録有形文化財です。写真のものは1874年の建築か。


DSC08326 - コピー
この建物も趣ある。


DSC08327 - コピー
このお茶屋さんは1901年の建築。


DSC08334 - コピー
山一醤油店店舗は1920年の建築で登録有形文化財。連結されてる奥の蔵なども登録有形文化財になっています。


DSC08345 - コピー
どんどん北上していきます。異様に目立つ旧小池医院。


DSC08351 - コピー
こちらの桑島記念館は1927年の建築。


DSC08358 - コピー
長井市立長井小学校第一校舎は1933年の建築で登録有形文化財。かつて一回来たことがあるはず。


DSC08367 - コピー
この門は米沢藩の青苧御蔵の門だそうです。


DSC08369 - コピー
小桜館は旧西置賜郡役所。1878年の建築で市の文化財。


DSC08374 - コピー
旧丸大扇屋に再訪。幕末以降の建物で、県指定文化財。裏から入ってしまった。


DSC08378 - コピー
正面に回り込んできました。右側の部分は主屋か。1890年の建築。


DSC08380 - コピー
商家部分を撮影。正面の店蔵部分は1848年の建築。


DSC08385 - コピー
ちょっとわかりづらいのですが、長沼合名会社店舗兼主屋は1838年の建築で登録有形文化財。奥の複数の蔵も登録有形文化財になってますが、位置的に見えません。


DSC08387 - コピー
ほぼ真向いの鍋屋本店店舗と右側の主屋部分も、明治の建築で登録有形文化財。


DSC08395 - コピー
ちょっと南に戻りました。丸や芳賀醤油店穀蔵(真正面の建物)は1889年の建築で登録有形文化財。

DSC08396 - コピー
同じ醤油店の火入れ蔵(真正面の横長の土蔵系の建物)は明治の建築で登録有形文化財。


DSC08397 - コピー
長井駅にやってきました。市役所と連結しているのですが、駅がきれいすぎる。ホームに屋根すらない無人駅が普通にある中で、圧倒的な格差!


DSC08401 - コピー
内部もハイテクで、アプリ起動で入店する無人ストアがあります。


DSC08406 - コピー
駅の中がおしゃれすぎる。近所に住んでたらここで毎日仕事します。


DSC08409 - コピー
フラワー長井線の鉄道むすめ。
こんな感じの鶴の恩返しの史跡と、長井市巡りでした。次回もフラワー長井線沿線をもう少し巡ります。

行き方
珍蔵寺周辺……おりはた駅から徒歩。
長井市の文化財……南長井駅~長井駅~あやめ公園駅の南北ラインの東側に点在している。
カウンター
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

森田季節

Author:森田季節

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: